『タブリーズで、宿を決めて、名所を歩き、寝ようとしたら、目覚し時計を忘れていた』@タブリーズ/イラン

【ゴレスターン広場の角から、南東のホテルを見る@タブリーズ(1999)】

1999年8月29日午後3時過ぎ、テヘランからのIR345便は、タブリーズに到着。
キモチのいい高原にある空港からタクシーに乗る。

このタクシーは、別にボッタクルこともなく、運転手も愛想のいい中年男性だった。
ただ気になったのが、僕にドイツ語で話しかけてきたこと。

運転手さんは、ドイツにいたことがあるのかもしれないが、これはびっくりした。
僕の莫大な世界旅行の体験から、「ドイツ語ネタ」の記憶を検索してみる。

そうそう、1988年にトルコのカッパドキアを旅したとき、観光案内所の女の子に「私はドイツ語しか話せません。英語はできません」と言われたことがあったね。
ドイツとトルコは戦争も一緒に闘った仲だし、ドイツにはトルコ人労働者も多いので、このときは、なるほどと思ったものだが。

イランの地方都市で、タクシー運転手から、ドイツ語で話しかけられるというのは、ちょっとびっくり。
僕はフランス語ならば、適当にわかるんだけど。

ルーマニアのクラヨーヴァの鉄道駅の手荷物預かり所のおばさんと、フランス語で意思を通じさせたことがあったっけ。
まあ「世の中はいろいろ(世界旅行主義)」ってことかな。

タブリーズの宿は「Lonely Planet」を見て、ゴレスタン広場の角付近に決めていた。
この付近に、適当な値段の宿が集まっていたからだ。

まず、角にあるシーナホテル(Sina Hotel)へ行ったが、満室と断られた。
バックパッカーを泊めたくない雰囲気だったね。

僕もホテルに入っていったときに、「ちょっとキレイ過ぎるかな」という感じはした。
が、なにしろ今朝、両替をしたばかりでお金はたっぷりある(てへへへ)。

また、一気にトルコへの国境を超えるとしたら、イランリアルを使い切れないという感じなんだ。
結局、隣にあった、「モルバリッドホテル(Morvarid Hotel)」で部屋を見つけた。

最初にもらったシングルの部屋が地階にあった(2万6800リアル/322円)ので、ちょっと遠慮をさせてもらう。
別の部屋を見せてもらって、ダブルの2階の20号室(3万7600リアル/451円)に決めた。

タクシーで来る時に、ざっとタブリーズを見た感じでも、世界中を旅してきた世界旅行者の目から見て、たいしたところではない。
一泊すればそれで十分。

翌朝には、国境の町マークー(MAKU)へ移動するつもり。
ホテルのフロントで聞くと、バスターミナルから朝7時、8時、9時にマークー行きのバスがあるとか。

また、バスターミナルまで、タクシーで2千リアル(24円)だという。
それならば、明日の移動は全く問題がないはずだ。

これが実は、そんなに簡単ではなかったんだけどね(涙)。
ガイドブックを見ると、タブリーズから国境の町マークーへは、バスでもたった4時間くらいで着ける。

だから、無理にタブリーズに泊まる意味もない。
ただ、タブリーズにも見るものはあるらしい。

僕はガイドブックを手にして、さっそくタブリーズ見学に出かける。
明朝タブリーズを出るので、時間がないからね。

「Lonely Planet」によると、タブリーズには「アルゲタブリーズ(Arge Tabriz)」という廃墟があるとのこと。
エマームホメイニ広場を東へ歩く。

【アルゲタブリーズ(1999)】
すると右側に、すぐにアルゲタブリーズが出現した。
柵があって、中には入れないので、ただ通りから見るだけだ。

通りをさらに東へ歩くと、「マスジェデキャブード(Masjed-e Kabud)」に出る。
これはブルーモスクとも呼ばれているようだが、特徴は建物の中心で床を叩くと全体に響くこと。

これはまだ修復中だったが、音が響くことは自分で試すことが出来た。
そのあと、まず郵便局へ行く。

というのは、イランをあまりに早く移動しすぎて、絵葉書を送れてないから。
もちろん自分を含めて、世界旅行者協会のみなさんに送った。

まあ、海外から思いがけなく送られてくる絵葉書、これほど感動的なものはない。
そこには、なんの裏の理由もないからね。

絵葉書にあるのは、ただ「友達をびっくりさせたい(笑)♪」という純粋なキモチだけだ。
伝える内容は、「君を忘れてないよ」ってことだからね。
スーパーマーケットみたいなところへ行って、おいしくない食事を取る。
そのあとアイスクリーム(千リアル/12円)を2つ食べて、ジュースと炭酸飲料を飲んだ。

ホテルモルヴァリッドへ戻って、荷物のチェックをしたら、オイオイ、目覚し時計がないよ。
テヘランのカザールシーに置き忘れてきたらしい(涙)。

でもまあ、今日も歩き回って、健康的に疲れた。
あとはぐっすりと寝て、翌朝にトルコ国境の町マークーへ行けばいいだけ。

イランの通貨リアルもたっぷりあるのだから、問題はない。
気になることがあるとすれば、目覚し時計がないので、明朝、ちゃんと起きて、マークー行きのバスに乗れるかってことくらいだ。

そこで僕は、腕時計(Gショック)のアラームを設定して、あっさりと寝ました。
でもなかなか、眠れなかったんだよ。

その深い深い理由は、次回をお楽しみにね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD