《これは簡単、シリアビザ1999》

 

昼前にレバノンビザを無事に入手した。
さすが中東のパリと呼ばれたベイルートを首都に持つレバノンで、ビザの表記はフランス語になっている。

「N. de voyages(旅行回数)」のところに、「PLUSIEURS(数回)」とスタンプが押されているのを見つける。
これはシングルでも、ダブルでもなくマルチプルエントリービザだと確認する。 

シリア大使館は、六本木駅からちょっと歩いた、防衛庁の建物の裏側、檜町公園の北にある。
さて、シリアのビザを取るのに必要なものは、申請書2枚と写真2枚だけだ。

だから、大使館内のビザ申請の部屋のソファに座って、さっさと記入して、そのまま提出することもできる。
他の申請書とすこし変わった点といえば、「Religion(宗教)」を記入すること。

これは、仏教徒(BUDDHIST)か神道信者(SHINTOIST)と、適当に記入しておけばいいが、意気がって、無神論者(ATHEIST)などと書かないように。
日本人は、少なくともアニミズムは信じているのだからね。

冗談でもユダヤ教徒(JEW)などと書いてはいけない。
問題が起きるはずだ。
シリアでも、レバノンと同様に、イスラエルの入国スタンプがあると、ビザの申請は却下される。

翌日、申請書を提出したが、その時に、口頭でダブルエントリービザにして欲しいと言うと、シングルなら2800円、ダブルはなくて、マルチビザになるが料金は倍の5600円。

レバノンのマルチビザを取っているのだから、マルチビザを入手する。

というのは、レバノンのビザがマルチなので、ひょっとして、シリアとの国境を行ったり来たりするかもしれない。
片方だけマルチビザがあって、一方がシングルでは使いづらいのだ。
まあ、そんな旅行はしないと思うが、旅先ではなにが起きるかわからない。

それに、マルチビザとシングルビザを比べれば、マルチが偉い
旅先で他の旅行者に見せびらかすネタになる。 

シリアのビザは午前中に申請して、2日後、つまり翌々日の午後に受け取ることができる。
申請書の記入も非常に簡単なので、ビザを取る練習に自分で取ってみるのに最適だ。 

これで、パキスタン、イラン、中国、レバノン、シリアのビザは取り終えた。
いくらなんでも、これ以上のビザは必要ない。

あるとすれば、そう、リビアとマリくらいだね(おいおい)。

Syrian visa is the easiest to get

 

シリアビザ】(1999/06/25)

申請書2枚、写真2枚だけ、で取れた。

午前に申請して、2日後(翌々日)の午後にもらえる。

イスラエルの入国スタンプがあると駄目。

シングルエントリーで2800円。マルチエントリーで5600円。

ビザの有効期間はシングルエントリーで3ヶ月、マルチで6ヶ月。

滞在期間は入国後15日だが、シリア国内で無料で延長できる。

申請時間午前9時半から11時半。
受領時間午後1時から2時半。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD