『天安門へ上り、北京の地下鉄に乗る。京華飯店へ戻って、旅仲間と話をする』

【天安門を故宮側から見る】
世界旅行者は、1999年7月20日に午門から故宮に入り神武門へと、南から北へ通った。
しかし、7月22日には、神武門から故宮に入り、午門へと北から南へ抜けた。

故宮については、一応見たといえるだろう。
世界旅行者の故宮についての印象を述べると、「ただひたすら馬鹿に広くて、歩くと疲れる」です(笑)。

特に僕が行った時のような夏の暑い日だと、体力勝負になる。
高年齢者の多いツアーなんかだと、ガイドに着いて歩くだけでも、病院に担ぎこまれる人が出てくるのでは?

体力に自信のない人は、北京の夏は避けた方がいいと思います。
かといって、冬で雪が降ってるときに行くと、心臓に悪いしね。

正直な話をすると、海外旅行というものは、歳を取ってやるものではない。
歳を取ったら、国内旅行の方がいい。

歳を取って海外旅行に出て、海外がいいと思っても、人生やり直せないからね。
人生の終わりごろは、できるだけ新しいことはせずに、国内に留まって、新しい情報を入れないようにしたほうがいい。

故宮を2回通り過ぎ、故宮の全景を見るために景山公園へも登った。
するとあと残っているのは、やはり、天安門へ上ることかな。

天安門へ上るには、外国人料金が15元(中国人が5元)だった。
天安門へ上る前に手荷物を預けると、これが2元。

1999年の中華人民共和国には、外国人観光客からガッポリとお金を搾取するシステムが出来てました(涙)。
天安門へ上っても、もちろんたいした景色は見えない。

【天安門広場全景/天安門に登って、天安門広場を見る/でも空気が濁ってるねー(1999)】
ここでも、欧米人旅行者がいれば、気軽に写真を撮ってもらえたはず。
しかし、ただ上るだけで15元も取られるようなところに、欧米人のバックパッカーは来ないものだ。

僕はこのとき、精神的にも体力的にも、かなり疲れていた。
天安門の全景を写真に撮っただけで、あっさりと降りてしまいました。

次にやることは何か?
それは、北京地下鉄に乗ること。

だって僕は、世界中の都市で、公共交通機関に乗ってきたからね。
地下鉄は、ヨーロッパ最古のイスタンブールの地下鉄から乗ってる。

もちろん定番の、パリのMETROにも、ロンドンのTUBEにも、ニューヨークのSUBWAYにも乗ってきた。
最近は、バンコクにも、デリーにも、広東にも地下鉄が出来たので、乗りました。

とにかく、北京の地下鉄へ突入!
2008年の北京オリンピックでは、地下鉄はかなり近代的なシステムになっていたみたいです。

ところが、1999年7月の北京地下鉄では、切符を売るのは人のいる窓口で、切符の回収も人間がやってたよ。
僕は「前門」駅から「和平門」駅まで(片道2元)、この間を往復しただけ。

僕は近代的なシステムになる前の北京地下鉄の状況を体験している。
それが、世界旅行者先生のすごいところなんだよなー(笑)。

前門のマクドナルドで、「Coke Large」が4.5元(60円ちょっと)。
バスの66番でホテルへ戻ろうとしたら、マイクロバスの66番がやってきて、それで2元(30円)取られた。

普通は5角なので、すごいボッタクリ。
でも歩き疲れていたので、言われるままに支払った。

僕は泊まっている京華飯店の403号室を、列車に乗る22日も取っってあった。
午後11時半に北京西駅発の「T7次列車」に乗るのだから、それまで部屋を使いたかった。

荷物を整理して、出発の準備を整えて、ホテルのレストランへ行った。
今日は、黒いTシャツを着た日本人旅行者と話をした。

中国の東北地方(旧満州国)へ旅をするのだそうだ。
彼は北京駅で自分で切符を買っていた。

それが硬座だというのだから、そりゃ大変でしょう(笑)。
彼はまだ年も若かったので、それはそれでいい経験になるさ。

僕の大学時代は、京都から博多まで帰るのに、急行列車で、一晩座って移動するのが常識だったしね。
彼と旅の話をしていると、顔見知りになっていた「北京1か月滞在男」がやってきて、一緒に飲む。

近くにいたドイツ人のカップルと、オランダ女とも話が始まる。
食事もせずにビールをどんどん飲んで、話が盛り上がった。

でも、僕は今日、北京西駅から成都への列車に乗らなければならない。
適当なところで話を切り上げて、みんなで飲んだビール代を全部僕が払う

といっても、青島ビールの大瓶が5元(75円)だ。
10本飲んで750円で、たいした金ではない。

50元(750円)払って、欧米人3人、日本人2人の旅行者から感謝されるなんて、いい金の使い方だ。
「僕は今夜成都に行く、またどこかで会おう!」というステキなセリフを残した。

さて次に、世界旅行者が京華飯店で作った伝説について語ろう。
それがなにか、次回のお楽しみ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx