『ススト(SOST)からフンザバレー(Hunza Valley)へ』(フンザの風景写真)@パキスタン

【ヒルトップホテルの庭にて】
1999年8月12日。

タシュクルガンを午前10時半に出発。
町の外れにイミグレーションがあり、出国スタンプを押してもらう。
午後1時(13時)に、イミグレーションを出発。

フンジュラブ峠到着が午後4時。
ここでちょっとした休息があって、写真を取ったりする。

次に、パキスタン側で、パスポートチェック。
しかし、実際の入国審査はススト(SOST)である。

この国境では、パキスタンのトランジットビザ(一週間有効)を無料で発行していた。
一緒のバスに乗っていた日本人の若者2人も、ここでトランジットビザを取った。

スストは、イミグレーション以外、特に何もないところだ。
でも、一応、小さな店があり、なんと銀行まである。

ここで中国元や米ドルを、パキスタンルピーへと両替する。
銀行もあるが、店でもレートは一緒だった。

中国の百元が620ルピー、1ドルは紙幣によって51〜53ルピー。
つまり、1999年夏のレートは、1ルピーが2.4〜2.5円という感じ。

さて、カシュガルからのバスは、スストでオワリ。
スストの駐車場には、マイクロバスが数台並んでいた。

【フンザの風景】
僕たちはここからこのマイクロバスと交渉して、目的地へ向かうことになるようだ。
スストからの目的地は、2つある。

一つは、フンザの中心カーリマバード(KARIMABAD)へ。
もう一つのグループはもっと近いパスー(PASSU)へ向かう。

マイクロバス一台がカーリマバードまで千ルピーという。
何しろ他に交通手段がないので、向こうの言い値だ。

とはいっても、僕はこれは高すぎると感じた。
というのが、交渉をしたのが、香港カップルの男性ディビッドだったから。

ディビッドは、かなりの金持ちらしくて、強引で、宿の値段の交渉には使える男だった。
ただ、定価のないようなマイクロバスの交渉は、吹っかけられてもわからないだろうと思った。

でもとにかくここでは、公共交通機関がないようだ。
つまり、相手の言い値だよ。

夏のシーズンで、日本人旅行者がたくさんいて、ワリカンに出来るのがよかったのかな。
僕たちは、香港からのカップルと、僕を含めた日本人5人、合計7人でワリカンにできたからね。

パスーへの組は、1人50ルピーで交渉が成立したようだ。
だんだん暗くなる時間なので、すぐに出発。

途中で、パスーを通り過ぎたが、何にもない小さな村だった。
欧米人ならばパスーにしばらく滞在して、そこを起点として、トレッキングなどを楽しむのだろう。

日本人旅行者には、そこまで本格的な人間はいない。
どうせパスーに一泊するだけならば、あんまり意味がないと思う。

そう思ったのも一瞬だけで、パスーのことは忘れ去る。
バスは走り続け、カーリマバードへ上って行く。

僕はガイドブックで目星をつけておいた、「ヒルトップホテル(HILLTOP HOTEL)」へ。
香港人カップルも、このホテルに泊まる。

ヒルトップホテルの料金は、シングル300ルピー、ダブルで500ルピー。
日本人の若者たちは、別のもっとやすいところへ一緒に行ったようだった。

【フンザ風景】
ヒルトップホテルは結構有名なホテルなのだが、水が茶緑色で、お湯が出ない。
香港カップルと一緒に、カーリマバードの道端の食堂へ入って、チキンを食べた。

翌朝(1999年8月13日)、パキスタン時間の午前4時に目が覚める。
パキスタン時間午前4時は、中国(北京)時間で午前7時だ。

ベッドでAgatha Christieの「Halloween Party」を読んで時間をつぶす。
明るくなって、動き出す。

ヒルトップホテルの庭からフンザの景色を写真に取った。
ホテルを出て、カーリマバードの通りをうろつく。

本屋(雑貨屋の片隅に本が置いてあるという意味)で、「Lonely Planet Pakistan(July,1998)」を見つけて、さっそく購入する。
値段は1064ルピーを、1060ルピーに負けてくれた。

【フンザ風景】
絵葉書を4枚買う(1枚10ルピー)。
食堂でチャーイ(5ルピー)を2杯、チャパティ(5ルピー)の朝食を取る。

郵便局へ行って、自分へ絵葉書を送る。
このとき、料金は12ルピーだったが、お釣りがなくて13ルピー払った。

とすると、もうすることがない。
フンザの景色も、山に興味がない僕にはそれほどの魅力は感じられない。

「BALTIT FORT」でも見ようかと、歩いていく。
すると、砦の前で、香港カップルのディビッドとカルメンに会う。

そして、僕たちは入場料を聞く。
するとそれが…。