スストでカリマバード行きの人数を集めて、香港カップルと一緒にヒルトップホテルに落ち着く。@カリマバード/パキスタン

【ヒルトップホテルの庭で、フンザウォーターを手にする世界旅行者】
1999年8月12日、タシュクルガンからクンジュラブ峠を越えて、パキスタンに入り、スストで入国スタンプをもらう。
両替を済ませて、パキスタンルピーを手に入れた。
僕らをカシュガルから乗せてきたバスは、ここが終点だという。
つまり、多くの日本人旅行者は、スストに放り出されたわけだ。
もちろん、駐車場にはマイクロバスが待機しているので、交渉すればいいだけ。
ただ、日本人は、交渉下手なんだよね。
スストは特に景色がいいわけでもなく、わざわざ宿泊するようなところでもない。
乗り物の関係で、どうしても他の手段がなければ、ここに宿泊することもできるようだが…。
僕が通ったときは、まだまだ明るいし、旅行者も多いので、スストに泊まる選択はない。
スストにいたって、時間の無駄だ。
宿泊するなら、スストからちょっと南の、パスーという村も、人気があるようだ。
それからもちろん、フンザのカリマバードへ行ってもいい。
僕は正直、パスーという名前を、このとき初めて聞いた。
後で調べたら、パスーには氷河が近くまで迫っていて、氷河を歩くトレッキングが、欧米人中心に人気だという。
僕はこのサイトの僕の旅行記で、何度も書いている。
人間は山が好きな人と、海が好きな人に分かれる、と。
僕はどちらかというと、山が嫌いなタイプだ。
南国のビーチで、ビールを飲みながら、水着の美女をちらちら横目で見て、本でも読んでいれば、それが最高に幸せだと感じる。
だから、山歩きも嫌いだし、わざわざ氷河の上をトレッキングする人たちなんて、異常な性癖を持っている(変態)としか思えない。
しかし、日本人の一部は、パスーへ行きたがっているようだ。
でも僕は知っている。
日本人でパスーに泊まりたい旅行者は、ただ、「パスーに泊まった」ことを自慢したいだけだ。
日本人旅行者は、自分自身の行きたいところへ旅をしてるわけではない。
ただ、他の人が旅をしているところへ行って、仲間意識を持ちたいだけなんだ。
その仲間の中で持ち上げられたい場合には、ちょっとマニアックなところへ行く。
そうすると、「旅のベテラン」「「旅行通」と持ち上げられるんだね(笑)。
僕は昔から、人間観察が大好きだった。
「人間観察」とは、ある人間のf行動の理由を見つけること、そのこころの奥底まで分析することだ。
例えば、海外旅行が好きな人がいたら、なぜ海外旅行がすきなのか、その人を追求するってことね。
それをやった結果、最初の世界一周旅行でも、それまで日本で持っていた僕の考え方が、実証されただけだった。
日本人にまともな旅行者はいない。
僕はそれを証明するために、世界一周旅行を2回もして、この「アジア横断旅行」も、やってるんだからね。
パスーに行きたい旅行者は、パスーがちょっと変わった、マニアックな場所だから行きたいだけだ。
すると、「中国から、クンジュラブ峠を越えて、フンザまでは誰でも行くけれど、その手前のパスーという村で、泊まった」という冒険談(自慢話)ができる。
実は冒険でもなんでもないわけだが、日本という国は甘っちょろいので、それでも「旅行通」になれるのかな(笑)。
まあとにかく、日本人なんてものは、とことんたいしたことはないんだよ。
というわけで、スストの駐車場で、ガヤガヤ情報交換をしていた。
日本人旅行者の中で、だんだんまとまってきた話が、2つ。
カリマバードへ直行することと、パスーへ行くこと。
僕自身は、どっちでもいい。
パスーへ行って今晩泊まったとしても、僕はどうせ氷河なんか歩かない。
明日また、カリマバードへ行く。
だったら、中途半端なことをせず、今日、カリマバードへ出た方がスッキリする。
パスーへ行って、氷河トレッキングもせずに、一泊しただけでカリマバードへ行く、なんてものすごくカッコ悪いからね。
パスーへ行った日本人旅行者諸君のほとんどは、多分、パスーの宿で一泊しただけだと思うよ(笑)。
誰が考えても、日本人で、本気でパスーの氷河トレッキングをするやつなんかいないよ。
日本人は、氷河トレッキングをする場所へ行けば、雰囲気でやることもあるだろうが、金を使ってまで、わざわざ氷河トレッキングはしないもの。
僕はどっちでもよかったが、僕には、「香港カップル」という、決断力、行動力、とにかく馬力のある同行者がいた。
香港カップルは、服装や持ち物からみても、もともと金があるタイプ。
しかも、中国人なので、強引に即決する。
僕があちこちの話を聞いて、様子を見ていた間に、香港カップルは一気にマイクロバスをチャーターしてしまった。
彼らは、ドライバーの言い値の1200ルピー(3千円)を値切って、1000ルピー(2500円)にした。
正直、香港カップルにとっては、2人だけで1000ルピー(2500円)で、カリマバードへ行ってもよかったはず。
香港は物価が高いので、2500円程度は、無視してもいい金額だ。
ついでにお情けで、カシュガルから一緒に旅をしていた日本人旅行者の僕を乗せれば、それでよかった(多分)。
ところが、僕は、カリマバードへ行く日本人旅行者を連れてってあげたい、というおせっかいなおじさんだ。
日本の若者たちに、「カリマバード行きのマイクロバスをチャーターしたけど、乗る人いる?」と、声をかける。
その結果、日本人旅行者は、2つのグループに分かれた。
カリマバードへ行く組と、パスーへ行く組。
人数が多い方が、安くなるので、迷っている人もいた。
僕はその気持ちがよくわかる。
安い運賃で行けるところへ行きたい。
しかし、よく考えてみれば、パスーへ行く組は、どうやら1人50ルピー(125円)だ。
日本では、どんな貧乏な学生でも、百円以下で悩むことはない。
ただ、海外個人旅行では、金銭感覚が変わってきている。
海外に出て、バタバタしていると、自分がいくらで悩んでいるのか、わからなくなる。
十円単位の値切りの交渉で、真剣に怒ったりするからね(笑)。
とにかく、一人当たり、3百円、4百円で、カリマバードへいけるわけだ。
僕たちのマイクロバス(千ルピー/2500円)の乗客を、7人集めた。
7人だと割り切れないので、料金は僕が決める。
香港カップルが、2人で300ルピー(1人150ルピー/375円)。
日本人旅行者4人で500ルピー(1人125ルピー/312.5円)。
そして、僕が残りの200ルピー(400円)を払うことにした。
海外でたかが十円単位のことで、ケチって見苦しいのはイヤだからね。
でも、ここで逆に、僕が全部おごったとしたら、それはそれでヤリスギ。
日本人旅行者諸君の、「自分で旅をした」という高揚感を台無しにしてしまうんだ。
海外個人旅行では、昔は、日本人の個人旅行者が、海外で出会った大金持ちの家に、「数週間、数か月、タダで泊めてもらった」という話は、よくあった。
僕もいろいろ、日本や海外で、本当だと確実な話を聞いて知っているし、僕も泊まるように誘われたこともある。
でも、それが本当の意味で、楽しい旅の経験だったかは、大きな疑問が残る。
人の世話になることで、自分の自由な旅が、ダメになってしまうのだから(涙)。
わかりやすく言うと、大金持ちの家に養子に入るようなことだね。
金はあるだろうが、一生自由はないから、奴隷のようなものだ。
香港カップルと僕と、日本人旅行者は、マイクロバスに乗り込んで、一気にカリマバードへ。
途中で、他の日本人グループが行ったパスーという村も通過したが、殺風景で、わざわざ行くようなところではないと思った。
日が暮れかける、午後6時半ごろ、マイクロバスがカリマバードの町へ入る。
日本人旅行者諸君は、同じガイドブックを持っているらしく、カリマバードの同じホテルに泊まるようだ。
彼らをそのホテルでおろす。
僕は、いつも持っている旅行用の「みどくつ名刺」を渡す。
すると、中の1人が、「あの有名なみどりのくつしたさんですか-っ!」と答えた。
僕は正直、僕の名前がどれほど売れているのか、わからないんだが。
東京のスポーツセンターでも、「みどくつさんですか。サインをいただきたいです」と、声をかけられたことは、何度かある。
旅先だと、思いがけないところで、[みどりのくつしたさんでしょ?」と、声をかけられることがたくさんあるけどね。
ところで、僕は「Lonely Planet」に紹介してある「HILLTOP HOTEL」に泊まると、決めていた。
香港カップルのディビッドとカルメンと一緒に、ヒルトップホテルに行く。
ヒルトップホテルに着いたころは、すっかり日が暮れていた。
シングルが300ルピー(750円)、ツインが500ルピー(1250円)。
僕は1号室に入ったが、蛇口から出る水が、緑色。
お湯も出ない。
まあこれは、2週間もクンジュラブ峠が、通行できなかった結果なんだろうけどね。
山がそんなに好きでもない僕にとっては、長居出来るところでもないようだ。
ディビッドとカルメンの2人と僕で、カリマバードの通りに、食事に出る。
通りのチキン屋で、おいしくもなく、まずくもない、どうでもいい食事を取る。
パキスタンは禁酒国なので、公式には、お酒が飲めない。
食堂のスタッフが、「フンザウォーターを飲みますか?」と聞いてくる。
フンザウォーターとは、地酒らしい。
特に飲みたいわけではなかったが、海外旅行では、珍しいものは試すもの。
注文したら、瓶に入った密造酒風のものを持ってきた。
これで、1000ルピー(2500円)。
それを買って、ちょっと飲んでみたら、かなり強い酒で、おいしくなかった。
香港カップルもちょっと試したが、口をつけただけで、遠慮した。
僕の感覚では、身体に悪そうだった。
ヒルトップホテルのマネージャーに、その「フンザウォーター」を見せたら、僕は「騙されている」そうだ。
値段も1000ルピーはボッタクリで、せいぜい200ルピー程度のもの。
本当のフンザウォーターは、全く違うらしい。
まっ、いいさ。
とにかく、「フンザウォーター」に騙されても、話のネタは作った。
今日は、クンジュラブ峠を越えて、パキスタンへ入った。
それだけで、神が僕に与えたミッションは、果たしたことになる。
これからアジア横断旅行で気になるのは、パキスタンからイランへの陸路通過だろうか。
しかし、神に愛されている僕ならば、問題なく通れるはずだ。
何も考えることはない。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD