『タブリーズの宿で蚊が飛び、ダニかノミに攻撃されて一睡も出来ず』@タブリーズ/イラン

【眠れなかった翌日、タクシーで国境へ向かうが、寝てないので疲れている】
1999年8月29日午後3時過ぎにテヘランから飛行機でタブリーズに到着。
「モルバリッドホテル(Morvarid Hotel)」の20号室(3万7600リアル/451円)にチェックインした。

町の中にある、遺跡や名所を見て歩き、絵葉書を送って、部屋で眠ろうと考える。
翌朝は、トルコとの国境の町マークー(MAKU)へバスで移動する予定で、全く問題はない。

ところがベッドに横になったら問題が起きた。
部屋に蚊が一匹いて、ブーンと、結構大きな音を立てて、飛び回っている。

これだけならば、刺されないようにシーツを頭からかぶって寝ればいい。
ところが、シーツを頭からかぶり、布団にもぐりこんだら次は、体が痒くなってきた。

どうやら何か虫がいて、僕の身体を食べているようだね。
それがなにかわからない。

痒い部分を手でかくが、痒さがあちこちへ移動する。
指で触ると、確かに虫に刺された(食べられた)跡があり、そこが盛り上がっている。
うーん、これはなんだろう?
もちろん、蚊ではない。

蚊は相変わらず、部屋を元気に飛んでいるが…。
これは、噂に聞く「ノミ」なのか、「ダニ」なのか?

それとも、イラン特有のわけのわからない虫なのか?
ひょっとして、ムカデのようなものが、身体を這い回っているのかも(涙)!

そう考えると、気の小さな世界旅行者は、とても静かに寝ていられない。
起き出して、布団をはぐり、電気をつけて、変な虫がいないか、一応チェックする。

なんでも初めての経験というのは、ドキドキするよね。
僕は、海外旅行の時は、シングルルームにして、案外と清潔な部屋に泊まってきている。

いままで、部屋で寝ていて、ノミやダニに身体を食われたことがないんだよ(ゴキブリは出たことがあるが)。
うーん、キモチワルイね。

でも、ノミやダニで人が死ぬことはない。
どうしようもないものならば、我慢して寝た方がいい。

と考えて横になるが、眠れない。
それに、明日起きる時間のことが気になっている。

ホテルのフロントで聞いたところ、マークーまで行くバスは午前7時、8時、9時に出るということだった。
タブリーズからマークーまで4時間と聞いている。

また、マークーという町は、両側から断崖絶壁が迫った興味深い町みたいだ。
だとすれば、マークーで一泊したほうがいい。

マークーで一泊するならば、朝一番のバスでタブリーズを出ることもない。
そんなこともぼんやりと考えながら、ベッドで寝ているが、すぐに考えは中断する。

だってまた急に、別のところが痒くなるのだから。
「こりゃ本物だなー(涙)」と思う。

「ノミというのもこんなにしつこくはないだろうから、きっとダニだ」と結論付ける。
もしノミさんの仕業だったら、ダニさんごめんね♪

結局朝が来てしまった。
頭はボーっとしている。

とにかく荷物をもう一度確認する。
テヘランの「カザールシー」の枕元に、目覚し時計を置き忘れてしまったしなー(涙)。

僕は正直、旅先で、目覚し時計で起きたことが記憶にない。
ものすごく気が小さいので、目覚し時計が鳴る前に起きてしまうんだよ。

または、起きられるかどうか自信がないときは、寝ないで起きてるからね。
でも寝るつもりがなくても、ベッドで休んでいるときに、念のために、枕元に目覚し時計を置いたりする。

目覚し時計があることで、心の支えになっているのも確かだ。
Gショックのアラームだと、音が小さくて、頼りにならないからね。

Gショックのアラームは、起きている時に、何かの予定を知らせるのが、役割だろう。
という風に考えていても仕方ない。

モルバリッドホテルを出て、ホテルの前で、バスターミナルへのタクシーを捕まえようとした。
ところが、4台続けて乗車拒否される。

言葉がわからないのかもしれないし、ルートの決まった乗り合いタクシーに声をかけていたのかもしれない。
こういうときは、ホテルの人に頼めばいい。

僕は、ホテルに戻って、バスターミナルへのタクシーを捕まえるようにとお願いする。
ホテルの人が捕まえたタクシーは、すんなりと乗せてくれた。
そうして、バスターミナルへと向かいました。
次の問題は、マークーへのバスがすんなり見つかるか、ってことだけどね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD