『ラサへ行く旅行計画を持つ、拉薩行造(らさ・いくぞう)君と出会う』@燕京号/瀬戸内海/日本


【燕京号の上甲板の上に立つ世界旅行者】

燕京号は瀬戸内海の静かな海を、かなりの高速で走っているらしく、船首で起きた白い波が長く後ろに続いている。
それを、僕は上甲板で見ている。

天気は穏やか、快晴で、日差しもあり、気温も高いはずだ。
が、船の速度のせいで風が強く、すこし肌寒く感じられる。

大きく背伸びをすると、身体中に力がみなぎり、自分が「旅行モード」に入ったのを知る。
旅行モードに入ったせいだろうか、買ったばかりのヌード雑誌をぱらぱらとめくるように、これまでの船旅の記憶が次々に頭に浮かんでくる。

昼間の船旅といえば、まずドーバー〜カレー間の英仏海峡フェリーを思い出すね。
また、ジブラルタル海峡を渡ってアフリカ、タンジェへの船にも乗ったっけ。

ウルグアイからブエノスアイレスへラプラタ川を越えたのも、大きな船だった。
ギリシアのロードス島からピレウスへも船を使った。

中南米旅行の始めでは、カリフォルニア半島のラパスからマサトランへも船に乗った。
ストックホルムからヘルシンキへのシリアラインから眺めた、小さな島々とその上に建つきれいな家々、たくさんのヨットの白い帆の想い出。

それぞれとてもきれいだったが、瀬戸内海の島々の間を走るのは、これは、その中でも一二を争うすばらしい景色だ。
日本人にはあまり知られていないようだが、実は、日本の瀬戸内海(the Inland Sea)の美しさは、世界中でも有名なんだよ。

僕が燕京号に乗ったのは、実は、この船が瀬戸内海を昼間に航行するからだったんだ。
瀬戸内海を東から西に航海するのだから、本州と四国を結ぶ瀬戸内海の三つのルートの橋を全部海から見られる。

僕は京都大学工学部の交通土木を卒業しているので、橋については興味があるんだ。
僕は船が橋の下を通る度に、船室から飛び出して、じっくりと眺めた。

印象としては、本四架橋は、膨大な税金の無駄遣いだね。
それと、日本の土木技術者(civil engineer)たちの自己満足だ。

時代遅れの、間違ったインフラの象徴である、これらの巨大な橋の連なりは、日本が衰退していく、その墓標のようなものだね。
例えば、橋が、工事区域ごとに違ったスタイルで建設されている。

これは、橋の美しさよりも、工事区域ごとに、利権を割り振ったからだと思うよ。
それと、いろんなスタイルの橋を作ることで、土木技術者の経験を積ませたかったのだと、すぐに理解できる。

船の中で、僕が誘って、いっしょに京華飯店にいくことになった男性が一人で座って、ウオークマンを聞いているのを見つけた。
自分の中国の旅行計画を決めていないので、他の旅行者の話をヒントにしなければならない。

話し掛けると、彼は学生で、「名前は拉薩行造(らさ・いくぞう)といいます」と自己紹介する。
僕は、ピーンとひらめいて、「ひょっとして、君はラサに行くんじゃないの?」と聞いた。

彼は、驚きの表情を浮かべ、「なぜ僕がラサヘ行くとわかったんですか?不思議だなー」と、自分がラサへいくことを告白した。
(読者も不思議に思う人が多いだろうが、ヒントは彼の名前にあるんだが、よく考えてね。ちょっと難しいかもしれないけど…)。

ここで、「拉薩行造なんて日本人がいるわけない」と思った人、キミは正しい。
ただ、この文章は、誰が読んでもわかりやすいように書いているので、そこはご理解ください。

彼は、北京から西安へと進み、ゴルムドという町からバスでチベットのラサ(中国語では「拉薩」と書く)へ入る。
そのあとまた陸路でネパールの国境を越えて、カトマンズへ進むのだそうだ。

ふーむ、そういえば、さっき話をした亜細亜好代さんは、カトマンズからラサヘ入ったような事を言っていたぞ。
どうやら、このルートは、最近、日本人旅行者の間では流行のルートなんだね…。

僕はもちろん、20年も前に、カトマンズへ行ったことがあるが、ラサヘはまだ足を伸ばしてない。
友人の美人テレビ構成作家がラサヘ行ったときは、特別な手配をして、かなり高額な支払いをしたとの話を覚えている。

学生や女の子が、どんどんラサに行ってるということは、現在は、ラサへの旅行は簡単なのだろうか?
簡単なら、ラサヘ行っちゃおうかな?

しかし、拉薩君の話では、ゴルムドからラサヘの道は、標高五千メートルを超える青蔵高原を通り、バスで40時間以上もかかるのだそうだ。
あーれー、そんなに長くバスに乗るのかー。

ただの40時間じゃないよ、中国のバスはぼろぼろ、道はがたがた、に決まっているんだから…。
だったら、ラサに行くのは、止ーめたっと! 

旅行の基本は、第一に、無理をしないこと。
学生のように、身体も精神も若々しいなら、40時間のバスも話のネタとしていいだろう。

でも、僕は団塊の世代の、おじさんなんだよ。
身体のあちこちにガタがきているのを、自分でよく自覚している。

旅に出て、燕京号で最初に会った二人が、ラサのことを話題にしている。

女の子は、アジア大好きで、ラサヘ行ったことがある。
男の子は、これから、ラサヘ行く予定で、名前までベタに「拉薩行造」というのだ。

これは、僕に対して「ラサヘ行け」ということだ。
僕がラサヘ行く運命だとしたら、きっとどこかに、ラサヘ楽していける方法があるはずだ。 

ラサが楽なら、ラサへ行く、きついなら、ラサへは行かない。
今は「ラサへ行くこともアリ」と、それだけ思っていよう。

だって、世界旅行者の旅は自分で決めるものではないのだから。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx