旅行社からゴルムドへのバス切符をもらうのを諦めて、セラ寺で灯明にバターを入れて回り、心が落ち着く@ラサ/チベット
1999年7月29日木曜日。
今日は、ラサを出て、ゴルムドへのバスに乗る(はずの)日だ。
僕が成都でラサツアーに申し込んだとき、ラサからゴルムドへのバスが含まれていた。
ラサからの脱出手段として、一番安かったからね。
最初は、ツアー成立のための方便として考えていて、使うつもりはなかった。
僕の考えは、基本的には、ラサから西安へ飛んで、シルクロードをたどるということ。
ただ、ラサまで来て考えれば、いまさら西安から旅をするというのも、なんだかなーという感じ。
ラサからゴルムドへの5千メーターを越える峠をオンボロバスで越えるというのは、ちょっと自慢になる。
自慢になることは、やってしまいたくなるよね。
海外個人旅行は、人に語って初めて成仏する(完結する)もので、語るためには普通ではつまらない。
すると、使うつもりのなかったラサからゴルムドへのバスの切符をもらわなければならない。
成都で聞いたときは、「バスの切符はラサで渡す」とのこと。
実際、かなりの人が、ラサからゴルムドへの切符を使わずに放棄するのだし、ラサからゴルムドの切符が成都でもらえないのはナットクした。
このときに、正直、ラサからゴルムドのバスの切符はもらえないなという予感がした。
旅行社は「バスの切符分だけ儲かった」つもりでいて、僕は「バスの切符は使わない」つもりでいたわけだ。
そのままだったら、旅行社も僕も幸せだったんだけどね。
しかし、ゴルムドへ行くのならば、使うつもりのなかったバスの切符を使った方がいい。
そこで、ポタラ宮を見たツアー2日目に、旅行社へいって、バスの切符を要求した
旅行社は、今日、7月29日に、切符を渡すばかりか、バスターミナルまで車で送ってくれるという。
中国の旅行社が、そんなに親切だとはゼッタイに思えない。
ゼッタイにウソだと思ったが、騙されてみなければ、ウソかどうかわからない。
だから僕は、騙されることを予期して、旅行社の話に乗った。
旅行好きの皆さん、海外旅行では、トラブルの話が一番オイシイ。
「旅行社に頼んだら、ちゃんと間違いなくやってくれました」なんて話、誰も聞きたくない。
だから、日本の安ライターは、旅先のトラブルを頭ででっち上げて、面白おかしく書いたりする。
ウソを書いて、旅行本を面白くして、金儲けをしている人はいる。
でもウソは、何時かはバレる。
僕くらいになると、読んだ瞬間に、これはウソだとすぐにわかる。
嘘で金儲けをしたということは、神様が知っている。
もっと怖いのは、自分自身がよーく知っていて(笑)、おそらく死ぬまで後悔するってことね。
海外旅行本は、自分が実際に体験したことでないと、書けないんだよ。
嘘だらけの本を読んで、自分にも書けると思っても(誰でも思うわけだが)、それではダメなんだ。
トラブルを自分で実際に体験しないと、本当には書けない。
日本のメディアは、嘘だらけで成立していると、最近バレバレになってきた。
そうすると、最後に生き残るのは、いままで一つもウソを書いたことがない、世界旅行者先生さまだけなんだよ。
少なくとも、死ぬまで後悔することはない(笑)。
僕としては、やるだけのことはやって、旅行会社に裏切られたという形に持っていきたい。
だから、約束の日に約束の場所でおとなしく待った。
が、誰も現れず、きれいに騙されてしまった。
騙されるだろうと思っていたので、騙されたと言えるかどうかは問題だが。
さて、こういう場合、次はどうしたらいいのでしょう。
僕は騙されたという体験を得たことをよしとして、諦めることにした。
世間知らずの、若い旅行者だったら、さらに旅行社に文句を言って、切符をもらえるように交渉するかもしれない。
でも僕はそれはしなかった。
これ以上文句を言うと、やりすぎだという予感がした。
旅行会社の担当者は、まずゼッタイに、約束を守らないし、金も手放さないだろう。
それ以上文句を言うと、自分の命が危ない。
海外個人旅行中に行方不明になる日本人は多い。
旅先で殺されて、死体を山に放置されたり、谷に投げ込まれたら、完全犯罪はカンタンに成立する。
誰も死体を調べたりしない。
以前、インドで、高額なツアーを組まされて、文句を言いに戻って、殺されてしまった日本人旅行者がいた。
その場合は、事件は明らかになってしまったが、その他に、隠されたままの事件はたくさんあるだろう。
僕の最初の本「間違いだらけの海外個人旅行」にはそれを指摘して、「騙されたら、あっさり諦めろ」という文章を書いている。
自分の著作で「諦めろ」と書いているのに、諦めないで殺されたら、大笑いのネタにしかならない。
旅行社からバス切符をもらうことは、あっさり諦めた。
バスターミナルへ行って、自分で明日朝の切符を買おうとすると、明日の出発前に買えとのこと。
いろいろ考えても仕方ないので、明日朝バスターミナルへ来ることにする。
ゴルムドへ行けなければこだわることはない、どこへ飛んでもいいのだし。
そこで、ツアーの予定には入っていながら、「面倒なのでここでおしまい!」と、切り上げられてしまった「セラ寺」へいくことにする。
セラ寺へはジョカン寺前の広場の端から、北行きの5路のバスが出ている(2元)。
バスに乗るとけっこう広い道を山の方へだらだらと上っていった。
道はまっすぐでちょっと右へ回ったと思ったら、それがセラ寺前の広場だった。
開いていた店で、灯明用のバター(6元)とバターをすくうスプーン(1元)を購入して、さらにお寺を上っていった(入場料25元)。
セラ寺の僧院は階段状に上へ上へと連なっている。
その僧院に次々に入っていって、灯明へバターを継ぎ足してまわりました。
いままで見た、「ポタラ宮」「デプン寺」ジョカン寺」などは、とにかく人が多かった。
この「セラ寺」は、人が少なくて、ゆっくりゆったりと、祈りをささげられました。
ちなみに、セラ寺とは、「チベット旅行記」を書いた河口慧海が学んでいたところだそう。
僕がここへ行ったのは、その導きかもしれないな、なんて思いました。
夜は、Paul Davisの「ABOUT TIME」という本を読みながら寝た。
【旅行哲学】騙されて、それをそれとして受け入れるのも、旅のテクニック。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx