『天津から北京へのバスの中で、いろんな旅行者の旅行計画を聞いて、ラサへ行こうと考える』@天津〜北京/中国


【この小さなバスが、1人3千円も取って、燕京号の乗客を北京へ送ります】

燕京号の乗客を詰め込んだマイクロバスは、北京へ向けて、走り出した。
天津と北京の間には、1999年でも、高速道路が一直線に結んでいた。

高速道路の両側は、静かな田園地帯だが、その中を、バスは猛烈なスピードで、ぶっ飛ばしていく。
その僕らのバスをBMWやベンツが、さらにすごいスピードで次々と追い抜いて行く。

さすが中国らしく、交通マナーなどはどこにも存在しない。
スピードを出しすぎたのだろう、事故を起こして、道路から落ちているトラックや高級車が、あちこちに見える。

バスの中は、中国人一人と、日本語ぺらぺらの東欧美女を除くと、すべて日本人の旅行者だ。
他の旅行者の持っている旅行情報を聞き出すには最適な状況ということになる。

僕がいくらしつこく質問しても、もう逃げられない。
逃げようとして、ドアを開けても、車は高速道路の上を、怖いくらいの速度で走っている。

情報を明かすのを嫌がって、ドアから飛び出せば、猛烈にぶっ飛ばしている中国人運転の車の餌食になること確実なんだからね。
早い話、自分で時間を使って、ああでもないこうでもないと旅行計画を考えるよりも、他人が一生懸命考えた計画をパクるほうが、楽だ。

それに、他の旅行者の計画を比較検討するには、多くの旅行者が集まっている状況がいいわけなのだ。
日本人旅行者ならば、それぞれ旅行計画を立てているだろうから、正確な情報が入るはず。 

船で知り合った日本人学生旅行者の拉薩君は、北京からまず西安へ行く。
そこからさらに列車で、蘭州、西寧(イーニン)と進み、青海省のゴルムドという町へ。

ゴルムドからは、5000メーターを超す高原を通って、バスでラサヘと向かう。
前にも書いたかと思うが、このバスは40時間程度かかるとか。

僕は今更、この歳になって、そんな疲れる旅行はしたくない。
若者ならどんなにバスで揺られても、一晩寝れば回復するだろう。

歳をとっている僕なんかになると、バスが着いたときに気がつくと、そこがラサじゃなくて、天国だという場合も十分に考えられるのだから。
チベットも天国も高いところにあるという点で同じようなものだが、多分、天国にはポタラ宮はないだろうし。 

旅の苦労自慢というのは、もう20年前で終わっている。
今は、できるだけ楽に、キモチヨク旅するのがいい。

わいわいと互いの旅行計画を話し合って、思い付きを口にする。
僕が「ラサヘは行きたいけれど、そんな疲れるバスなんかいやだよ。飛行機で簡単にぴょーんと飛べないのかなー」と文句を言う。

すると、成都から飛行機があって、それだと、簡単にラサへ入れる、という情報が出てきた。
あわてて、Lonely Planetの成都のページを開いて、チェックしてみる。

すると、ツアーに参加するという名目で、簡単にラサヘ飛べるらしい。
本に書いてある値段だと、片道の航空券とラサのツアー、ホテルが付いて、2200元程度だとか。

この時期1元を15円と考えるので、3万円ちょっとだ。
僕の知人の放送作家は、少し以前、日本でラサ旅行を手配して、百万円くらいかかったと言ってた。

3万円でラサに飛べるなら(実は、もうすこし高かったが)、これは楽だよ。
問題は、それでは、ラサに行った後で、そこからどうするかという事だが、それはその時に考えればいい。

ようし、決めた!
とにかくラサへ行こう! 

アジア旅行が大好きな亜細亜好代さんは、北京で中央アジア諸国のビザを取れるだけ取る予定。
そのあと、一気にウルムチへ行って、そこから中央アジアへ進むという計画。

中国東北地方へ行って、北朝鮮との国境地域を見るという日本人旅行者もいる。
南へ下って雲南省から、ベトナムやラオスへ国境を越えるという若者も数人いる。

この雲南から東南アジアへというルートは、最近、流行しているようだ。
いやー、さすがに夏休みの燕京号に乗っていた、日本人旅行者はいろいろ考えているねー。

そうそう、美人女子大生の外見純子さんはどこへ行くのだろう?
聞くと、「いろいろ行きたいところがあって、まだ迷ってるんです…」という返事だ。

外見さんは、行くところを決めていない。
僕はラサに行くと、たった今、決めた。

ということは、外見嬢もラサに行けばいいわけだ。
海外旅行では、旅先のその場その場で、信頼できる旅行者を見つけて、一緒に旅をするのがポイントだ。

「外見さん、チベットへ行けばいいんですよ!」と、僕はあっさり、決め付ける。
「女の子が一人でチベットへ行くのは、非常に危険だけれど、僕といっしょに行けば、大丈夫ですよ!」

次に、僕は拉薩君に言った。
「拉薩君と僕たちは、ちょうど西安までルートがいっしょなんだから、三人で西安まで一緒に行こう」

「西安からは、君は一人でゴルムド方面に行けばいい」
「僕と外見さんは二人で成都へいく。中国の列車がどんなのかわからないから、いっしょに旅したほうが安全だからね。これがベストの計画だよ」

誰にとってベストの計画か知らないが(?!)、なかなかいいアイディアだね。

「今日泊まる京華飯店の中に旅行代理店があるはずだ。列車の予約が取りにくいらしいから、まず、ホテルに着いたら、すぐに、西安への切符をいっしょに頼んでしまおう」
と、一気に旅行計画を決めてしまった。

僕は、車の中で、Lonely Planetの北京や西安、成都、ラサの部分をがんがん読み始めた。
やはり、実際に動いている車や列車の中で、行くと決めた旅先の情報を読むと、どうしても必要だから、どんどん読める。

人間、いざとならないと、なかなか本気にはならないものだね。 

隣の東欧美女は、僕が読んでいるLonely Planetを覗き込んで、「私は、ここに書いてある、香港のモンキービジネスという旅行代理店で、シベリア鉄道の切符を買いました」と言う。
彼女は、日本から東欧へ帰るのに、わざわざシベリア鉄道を使うそうだ。

列車の出発を待って、北京に二泊して、その間に北京観光する計画。
僕もいつかシベリア鉄道に乗りたいとは思っている。

でも4人部屋で、一週間も続けて、面白くも何ともない他の旅行者といっしょだとしたら、なんか気疲れするんじゃないかな。
そこで、「あなたとシベリア鉄道で一週間も同じ部屋だったらいいんですけどねー(笑)」と、言う。

正直シベリア鉄道に乗ってもよかったのだが、ビザの関係で、一緒に動くのは無理だと、わかっていた。
彼女は、「私のホテルは、このバスの終点の国際飯店です」と言う。

さらに続けて、「ダブルの部屋を取ってありますけれど、いっしょに泊りますか?」と、僕に聞いてきた。
僕は世界中でさまざまな経験をしてきたので、もう世の中のたいていの出来事には驚かない。

旅先では、日本では考えられない事が起こる。
普通の旅行者の中には、海外ならではの状況に押し流されて、自分を失ってしまう人もいる。

僕はいろんな体験をしているので、さまざまな出来事に、自分を失うことなく、即座に的確に対応できる能力があるはずだ。
ここで慌てず、落ち着いて考えてみよう。

東欧美女と国際飯店の部屋に泊れば、多分部屋代はおごってくれるだろう。
僕としては、一泊分、宿泊費が助かるわけだ(セコイなー)。

しかし、燕京号でいっしょになった、他の旅行者と別れてしまう。
だいいち、有名なバックパッカー宿「京華飯店」に行けないので、日本人旅行者との関係が切れてしまう。

すると、ワイワイと他の日本人旅行者と一緒に西安へ行く予定が、ダメになる。
東欧美女とホテルに泊まるのもいいが、外見嬢と一緒に成都に行く約束も気になる。

京華飯店に行けば、他の日本人旅行者とも知り合えるだろう。
そうなれば、旅行情報もいろいろと入手できるはず。

しかし、東欧美女から北京の高級ホテルに誘われるなんて、人生で何度もあることではない。
そのチャンスを逃すわけには行かない。

むーん。
しかし、もう考えている時間はない。

マイクロバスは、北京市内へ突入し、あっというまに、非常にきれいで近代的な高層ホテルの前に止まった。
東欧美女がダブルの部屋を予約してある、国際飯店に着いてしまったのだ!

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx