『ローズホテル413号室の夜はもメチャクチャ暑かった。なぜ、部屋代を安くしてくれたのか?』@ペシャワール/パキスタン

【Drinking beer @GULLIBAR/Pearl Continental Hotel/Peshawar/Pakistan】
1999年8月17日。
ラワルピンディのニューカムランホテル20号室(300ルピー)を午前7時にチェックアウト。

タクシーに乗って、コミッティチョークへ(40ルピー)。
出発寸前のコースター(中型バス、エアコン付き)に押し込まれて、ペシャワールへ向かう。

コースターの料金は55ルピー。
午前7時48分に出発して、午前11時前にペシャワールの大きなバスターミナルへ到着した。

最初、バスターミナルの場所がわからなかったが、人の多そうな方へ、適当に歩く。
すると、ペシャワールの砦(FORT)にぶつかる。

これで自分の位置が確認できて、「Lonely Planet Pakistan」の地図で見つけた「ローズホテル」へと到着。
ローズホテルにはエアコン付きと、エアコン無しファンのみの部屋がある。

昼ごろの気温はそれほどのことはなかったので、夜は当然気温が下がるだろうと、ファンのみの部屋にした。
これが413号室で250ルピー(約600円)。

ペシャワールからアフガン国境へのツアーが出ているという噂があったが、どうやら存在しないようだ。
それならば、ペシャワールにいる意味がない。

まあ、ペシャワールを歩きさえすれば、それでいいことにしましょう。
次の目的地は、ラホールかクエッタか、ちょっとモヘンジョダロ遺跡へ寄りたい気持ちもある。

ペシャワールカントンメント(Peshawar Cantonment)駅へ歩いた。
とにかく新しい町へ着いたら、そこからの脱出手段を確保することが大切だからね。

ちょっと悩んだが、翌日(8月18日)午後16時15発の「ABBASEEN EXPRESS」の切符を買う。
そのあとで、「パールコンチネンタルホテル」へ行って、ビールを飲んだ

ペシャワールでは、いろんな細かい出来事があった。
列車の指定席の買い方なんかもウンチクが語れるが、それはまた別の機会にしよう。

これは、「ローズホテル灼熱の夜」という話だ。
つまり、ローズホテル413号室が暑かったという話。

日本の夜でも、暑くてたまらなくて、寝汗をびっしょりかくことはあるだろう。
ところが、海外では案外と、暑くてたまらない夜というのはない。

夜が寝苦しいのは、僕の体験によると、日本が一番だ。
海外では、昼間は暑くても、夜は急に冷えるもの。

アフリカの砂漠なんかでは、夜は肌寒くて、掛布団がないと眠れない。
僕の膨大な海外体験からしても、日本の夏の気候が世界で一番寝苦しいと、保証しておきます。

ところが、海外でも日本の夏の夜以上に暑い場合が存在する。
それが、ビルの鉄筋コンクリートが昼間に熱を吸収して、夜に熱を放射する場合だね。

このローズホテルは鉄筋コンクリート作りで、その条件にぴったりと当てはまっていた。
しかも、パキスタンのような昼間暑い場所の建物は、部屋の窓を小さく作ってある。

だから、風は全く入らない。
僕の部屋は、413号室とはいっても、イギリス風の数え方をするので、実質的には6階にあった。

このホテルには7階がないので、つまり僕の部屋の天井は、そのままビルの屋根になっている。
ローズホテルのコンクリートは、昼間に思う存分一生懸命に熱を吸収していた。

夜になって、その天井から壁から、昼間吸収した熱を狭い部屋へ放出しだしたわけだ。
クーラーがあればもちろん、なんとかなる。

実際、ローズホテルに泊まった人と話をしたら、クーラーがある部屋に泊まったので全く問題なかったとか。
しかし僕の部屋は、天井のファンしかない。

日本では、天井備え付けのシーリングファンというのは、あまりポピュラーではない。
日本の場合は、もともと扇風機があっても、軽く風呂上りなどに身体を冷やすのが目的だ。

夜寝るときに扇風機をかけるときは、身体に当らないようにする。
首振り状態にして、部屋の空気を動かすくらいだろう。

ホテルの部屋がとにかく暑くてたまらないので、シーリングファンを回す。
ところがこの天井の扇風機の勢いが強すぎる。

強弱の調節が壊れているらしく、扇風機を回すと、風が強すぎて寝てられない。
もし寝たとしても、汗をかいた身体からどんどん熱を奪い、朝になるころは、僕はこの世から旅立っている。

これは困った(^ω^;)(;^ω^)。
暑すぎて寝られないが、シーリングファンを回せば死ぬ。

そこで僕が考えたのが、床を冷やすことだね。
413号室の床にはカーペットが敷いてあった。

その上に、僕はバスルームから水を持ってきて、水を撒いた。
床に水を撒いても、もちろん床も暑いので、部屋の湿度が上昇するだけだ。

つまり、最初はただ暑いだけだったのに、部屋に水を撒いたために、湿度も上がってしまった。
早い話、サウナに入っているような状態だ。

いま考えれば、すぐにホテルのフロントへ行って、クーラー付きの部屋に移ればよかったんだよ。
でも人間、この部屋で寝なければならないと考えてしまうと、その思い込みから逃げられないもの。

僕はベッドに横になったが、とても寝れるものではなかった。
生ぬるいシャワーを浴びれば少しは身体が冷えるので、シャワーとベッドを行ったり来たりした。

朝の来ない夜は絶対にないわけで、そのうちに朝がやってきた。
明け方になると、少しは気温が下がってうとうとしたのかな。

このホテルをチェックアウトする時に、フロントのパキスタン人が驚いた顔で僕を見た。
おそらく、死んでると思ったのではないかな。

250ルピーだった部屋代を、200ルピーにまけてくれたからね。
一度決めた部屋代を、チェックアウトのときに、こちらから何もいわないのに、値引きするなんて、ゼッタイに変だ。

もともとペシャワールから西の部族地帯というのは、旅人を襲ったりして生きてきた人たちが住む場所だ。
パキスタンとアフガニスタンの国境地帯は、政府の権力が及ばない地域。
僕がアジア横断旅行したのは1999年だったが、
ひょっとして、413号室は、旅人を暑さで半死半生にして、持ち物を奪い取るための特別の部屋だったのかもしれない。

ローズホテルはまだ存在すると思うので、誰か行ってみて、体験したらいいでしょう。
実際、以前、ローズホテルに泊まったという美女から連絡をもらったこともあるんだしね。

でも、皆さんが行く時は、とにかく、クーラーつきの部屋に泊まった方がいいです。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD