『京華飯店403号室を1人で占拠して、北京1か月滞在男と話して、司馬台長城ツアーに申し込んで、あとはみんなで酒を飲む』

【京華飯店403号室(注1)
1999年7月20日。
この日は朝から、バスで前門へ行き、故宮の北の神武門から、あちこち寄って、南へ歩き続けた。

結局、神武門から京華飯店まで、ずーっと歩いて戻ってきた。
その体験から言うと、北京は平地だからとても歩きやすい。

道路は碁盤の目になっているので、迷うこともない。
中心部には、天安門広場、故宮、天壇公園と世界遺産の見所もある。

北京は歩いて見るのを、オススメしておきます。
僕自身は、一度やったので、二度とする気はないけどね。

自分の部屋403号室へ戻ると、一緒に泊まっていた拉薩君が、移動していた。
ロビーで会った亜細亜さんに聞くと、「拉薩君はH−3、外見嬢はH−20のドミ」に移ったらしい。

1999年の夏では、京華飯店のドミは、4人部屋が1ベッド35元、20人部屋が25元だった。
外見嬢と会って、今日、北京を歩き倒した自慢話をする。

ホテルのロビーで、司馬台長城ツアー(1人60元)があったのを見つける。
外見嬢といっしょに、すぐに申し込んだ。

京華飯店の近くに超市(スーパーマーケット)があると聞いて、行ってみる。
パン(1.8元)を3つとミネラルウォーター(2元)、長城ワイン(33元)を買って、部屋へ戻る。

暗くなりかけたころ、ちょっと早めに、ホテルのレストランへ行く。
今日は早すぎたらしく、「チームみどくつ」も、「燕京号グループ」も見当たらない。

本を持ってきてないので、誰か話し相手になりそうな人間を捜す。
1人でつまらなそうに食事をしている、30歳くらいの日本人旅行者を発見した。

こういう時に、「彼はどういう人間なんだろう?」と思ってしまうのが、世界旅行者だ。
すぐに話しかける。

「こんにちわー。ここ、いいですか?(と、同じテーブルに座る)」
そして、「僕は来たばかりなんですけどねー。何か変わった話ないですか?」と、下手に出る。

旅先で旅行者同士が出会えば、そこには必ず、旅行者のランク付けが始まる。
つまり、どちらが上か(旅行経験があるか)ってことだ。

世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)が負けるはずがない。
僕は世界百カ国以上を個人旅行している。

世界百カ国以上を個人旅行しているようなレベルの個人旅行者は、それがどんなに大変か知っている。
ものすごい金と時間、つまり、人生を旅に消費してしまったのだから(涙)。

だから、無条件に尊敬するわけだ。
人生を賭けて旅をした人間は、とにかく尊敬には値するよ(笑)。

本当に百カ国以上を旅行していて、それを超えた百何十カ国で争うことはない。
百何十カ国自体が無駄で無意味だとわかっているので、そんなところでは勝負をかけないんだよ。

海外個人旅行の常識について、誤解している人がたくさんいると思う。
もう一度繰り返しておくね。

百何十カ国を旅行している人は、百何十カ国旅行しても仕方がないと知っている。
だから、そんなところで勝負はしない。

普通のまともな旅行者は、20カ国程度で自分の好きな国を決めるもの。
そして、その好きな国へ通う/住み着くものなんだよ。

または、海外旅行に飽きて、海外旅行自体を止めてしまうか、だね。
百カ国以上旅行するということ自体が、非常に不自然、つまり異常なことなんだ。

百カ国以上も本当に旅行したら、それ自体が異常なんだから、異常者同士が争っても意味はないよ。
ただ、十数か国旅しただけの中途半端な旅行者ほど、自分の旅行経験をたいしたものだと勘違いして、思い上がっていたりする。

勘違いを潰すのは簡単だが、その前に、自慢したいだけ自慢させておいたほうが、潰した時に面白い。
絶対の自信がある世界旅行者は、いくらでも下から出られるわけだ。

【両替の貼り紙@FRIENDSHIP BAR(注2)
僕が話しかけた日本人男性は、特に言うような旅行経験はないようだった。
彼はこの夏、北京の京華飯店にずーっと滞在して、のんびり過ごしている。

京華飯店のレンタル自転車で、北京中を走り回っているそうだ。
特に「胡堂(フートン)」が好きで、あちこち見て回っているとか。

これはこれで、意味のある旅かもしれないね。
それならもちろん、いろんな情報を持っているだろうから。

僕のお得意の「なんでもかんでも、ひたすらおだてるテクニック」を使って、彼からいろいろと聞き出す。
「毛沢東紀念館の公開は午前だけで、人民大会堂に荷物を預けていけばいい」とのこと。

ただこれは、僕が1999年に聞いた話なので、確認してません。
念のために現在の「地球の歩き方」を見たら、午後も見れる日もあるようです。

そこは自分で確認してください。
つまり、現地で会った旅行者の情報もまた、どんどん変化するし、信用できないってことだけどね。

現地で仕入れたトレトレの情報だ。
僕は22日に、彼のアドバイスどおりに毛沢東紀念館へいった。

そして、毛沢東の遺体を見ました。
ちなみに、「世界三大保存遺体」は「モスクワのレーニン廟」「ハノイのホーチミン廟」「北京の毛沢東紀念館の毛沢東」です。

北京1か月滞在男と話をしていると、拉薩君がやってきた。
そういえば、彼は翌日21日の朝7時に、洛陽へ旅立つ。

僕の切符が本当に明日手に入るのか、気になって、拉薩君と一緒にホテルの旅行社へ行ってみた。
明日間違いなく、僕と外見嬢の切符がもらえることを確認する。

拉薩君が午前7時発の洛陽行き列車に乗ることを告げて、北京西駅への行き方を聞く。
すると、「バスだと1時間かかるので、タクシーを使うほうがいい」との話。

ただ、「ホテル前のタクシーは遠回りをする」らしい。
「タクシーは通りでつかまえることを勧める」との、スカッとした返事だ。

このスッキリした信頼できそうな雰囲気から考えると、僕(と外見嬢)の切符は間違いなく、明日午後7時に入手できるだろう。
明日は司馬台長城へ行けば、完璧に北京観光は成立する。

明日の司馬台長城を盛り上げるためには、日本人が多いほうがいい。
いろんな日本人に声をかけて、一緒に行こうと誘った。

やるべきことはすべてやり終わった。
このほかに今日やることはない。

あとは、ホテルのレストランで、飲みまくるだけだ。
ワイワイと飲んでいると、また数人日本人旅行者が参加してきた。

おいしい中華料理をつまみに、ビールをガンガン飲む。
北京に滞在している男性の話では、彼のドミが20人部屋で、そのうち7人は日本人だとのこと。

でもそんなに日本人がいるのに、全く目立たないのが哀しい。
白人旅行者の迫力に、日本人は縮こまっているんじゃないかなー。

京華飯店には、少なくとも百人くらいの日本人がいるのではないか。
どうせならば、僕のところに、百人くればいいのに(笑)♪

盛り上がったあと、僕だけの部屋403号室へ戻った。
今日は、403号室を1人で使える。

部屋に戻って、日本から持ってきた本を出して、ゆっくりと読みました。
1人ならば、部屋に裸でいてもかまわない。

身体が疲れたので、ぐっすりと寝ました。
明日は、司馬台長城に行きましょう♪

注1:
京華飯店403号室の写真。

僕はツィンの部屋に泊まる時は、一つのベッドに寝て、もう一つのベッドを物置にする。
チェックアウト前には、バックパックの中身を広げて、次々にバックパックに入れます。

注2:
ホテルのレストランでは、
チンタオ(青海)ビール 大瓶1本 5元
燕京ビール       大瓶1本 3元
燕京生ビール    ジョッキ1杯 3元
でした。
また、ドルキャッシュだと100ドルを830元に替えてくれます。
この日の公定レートは、826元程度でした。
ビール大瓶1本程度助かりますね(笑)♪

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx