香港カップルと別れ、フランス人のチェリッシュくんと、ラワルピンディの宿を捜してまわる。@ラワルピンディ/パキスタン

【シャー・ファイサル・モスク@イスラマバード】
1999年8月15日午後3時18分にギルギットを出てラワルピンディへ向かったバスは、途中の崖崩れで、道路の補修を待ったりした。
しかし、崖崩れが日常茶飯事なので、誰もあわてたりしない。
崖崩れの部分を過ぎれば、ミールストップも十分に時間を取り、特に急ぐこともなかった。
ラワルピンディのバス会社「SARGIN」のオフィスに着いたのが、8月16日の朝7時半ごろだから、かかった時間は16時間。
オフィスの前には、乗客目当てのタクシーが集まっていた。
ここで、香港カップルとは、別れることになる。
彼らはイスラマバードのインド大使館へ行って、ビザを取ってインドへ行くとか。
香港カップルとは、カシュガルの空港で出会って以後、協力して、旅をしてきた。
カシュガル、タシュクルガン、カリマバード、ギルギットとずっと一緒に移動し、ホテルも同じところに泊まってた。
情報を交換し合って、互いに助け合った。
でも、別れはあっさりしている。
手を上げて、軽く合図しただけ。
長々と別れの挨拶をしたり、連絡先の交換なんてしない。
旅人同士は、互いの思い出の中に生きているんだから。
香港カップルは、バス会社のオフィスから北へ、イスラマバードの官庁街へ向かった。
僕は、ラワルピンディで宿を取るつもりだ。
ラワルピンディの町は、ごちゃごちゃしているらしい。
イスラマバードは都市計画によって作られた町で、スッキリしているとか。
「ごちゃごちゃ」と「すっきり整然」を比べれば、ごちゃごちゃな方に向かうのが、個人旅行者というもの。
ギルギットのバス会社で知り合ったフランス人のチェリッシュくんと結構仲良くなっていた。
2人でタクシーに相乗りして、一緒にラワルピンディへ行く。
僕は、カリマバードの雑貨屋で買ったばかりの「Lonely Planet Pakistan」を持っているので、宿探しはカンタンだ。
ごちゃごちゃしているらしい「サダルバザール(SADDAR BAZAAR)」で宿を捜すことにして、タクシーに乗ったまま、移動する。
チェリッシュくんは、明日のフライトでフランスへ戻るそうだ。
「旅の最後なので、エアコンの効いた、ちゃんとしたホテルに泊まりたい」との希望。
「Lonely Planet」の「PLACES TO STAY- MIDDLE」で「SADDAR BAZAAR」をチェックする。
トップに書いてあるのが「ニューカムランホテル」だ。
「Lonely Planet」では、最初に書いてあるホテルが、オススメと決まっている。
日本のガイドブックみたいに、パンフレットをかき集めたり、想像と空想でガイドブックを作ったりしてない。
「Lonely Planet」の場合は、ちゃんと自分で見て、記事を書いているからね。
まず行ったのが、「ゴールデングリルホテル(GOLDEN GRILL HOTEL)」。
これは、中級ホテルの2番目に紹介してあって、ニューカムランホテルより100ルピー(250円)ほど高かったから。
しかし行ってみると、ゴールデングリルホテルはうらぶれていて、泊まる気が起きない。
そこで、「Lonely Planet」オススメのニューカムランホテルへ行ってみた。
ニューカムランホテルは、豪華ではないが、きちんとしているのが、全体的にわかる。
ただ、チェリッシュくんは、もう少し豪華な、エアコンつきのホテルが希望らしい。
そこで、エアコン表示の「マルハバホテル(MARHABA HOTEL)」へ行ったが、全体的にダメ。
やはり、「Lonely Planet」で推薦してあるニューカムランホテルがいいと、決めた。
僕は、20号室を取る(チェリッシュくんは隣の21号室)。
シングル1泊300ルピー(750円)。
部屋にトイレもシャワー(水シャワー)もある。
バスタオルがないので文句を言ったら、ちゃんと持ってきた。
ホテルのレストランで、チェリッシュくんと話をする。
彼は、明日、フランスへのフライトがある。
今日しかないので、ガイドブックに載っていた、「シャーファイサルモスク(SHAH FAISAL MOSQUE)」へ、2人で行くことにする。
ただ、時間が早すぎる。
昼ごろに、待ち合わせをして、それからモスクを見に行くことに決める。
というのが、僕は、ラワルピンディから、次はペシャワールへと行くつもり。
その行き方を確認しておかなければならない。
鉄道で行けるようだから、明日の切符を買っておいてもいい。
ある場所に着いたら、まず考えることは、そこからの脱出手段だからね。
そして、もしも、今日、ペシャワールへ行く列車があって、すぐに乗れるなら、僕は行ってしまうかも知れない。
だから、チェリッシュくんとニューカムランホテルでの待ち合わせ時間を決めたときにこう言った。
「待ち合わせ時間から15分待って、僕が来なかったら、一人で行動してくれ」ってね。
もちろん、僕は、いつもそういうつもりで旅をしている。
旅先の約束は守らなくていい。
それが、「世界旅行主義」だ。
【写真】シャー・ファイサル・モスクの前に立つ世界旅行者
【旅行哲学】欧米人の中にも、知的で繊細な人はいる。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD