『イラン国境へのバスの切符を買い、イランリアルへの両替を済ませる』@クエッタ/パキスタン

【クエッタからイラン国境へのバス】
1999年8月21日、クエッタの「ホテルブルームスター」で、スッキリと起きる。
というのは、このところ、全くお酒を飲んでないしね(笑)。

ペシャワールからクエッタまで43時間も列車「アバシーンエクスプレス」に乗っていた。
だから、清潔なベッドでゆっくりと寝たのは久しぶりだ。

寝台車に乗る前も、ペシャワールの「ローズホテル」で灼熱の夜を過ごして、ほとんど寝てなかったしね(涙)。
そうして今日は、まず間違いなく夜行バスでイラン国境へ向かう。

パキスタンの夜行バスなんて、とてもとてもまともに寝られるとは考えられない。
それもあって、前夜は早めにベッドに入っていたわけだ。

今日やることは、まずとにかくイランへのバスの切符を買うこと。
また、イランリアルをある程度入手しておいた方がいい。

問題は、イランリアルの現在のレートがあやふやだ。
「ホテルブルームスター」のマネージャーにレートを聞いてみる。

まじめそうなマネージャーは、ホテルでは両替しないが、と前置きする。
「1パキスタンルピー=160リアル」「1ドル=8000リアル」程度だそうだ。

昨日聞いた早稲田のSくんは、「1パキスタンルピー=140リアル、1米ドル=5000リアル」で両替してきたという。
これだと、完全にボッタクられているね(笑)。

僕は早稲田のSくんと話をした時に、「こいつはあんまり頭がよくないな」と見切っていた。
しかし、ホテルのマネージャーの話も、もちろん信じられない。

こういう時はだよ、イランからパキスタンにやってきた旅行者に聞けばハッキリする。
そこで僕が考えたのは、近くにある安宿「ムスリムホテル」へ行くこと。

ムスリムホテルは、この時期は貧乏バックパッカーが集まっていた。
ムスリムホテルの一階のレストランへ行けば、誰かイランからパキスタンへやってきたばかりの人間がいるはず。

チャーイを飲んで、ムスリムホテル一階のレストランで粘った。
確かに、バックパッカーらしい日本人旅行者を2人見つける。

ただ、僕の目から見ると、人間的に信用できないのがミエミエだった。
日本人のバックパッカーにもいろいろある。

一つは、ちゃんとした会社に勤めたり、安定した仕事を持ちながら、胸の旅への情熱が抑えきれず、どうしても長期旅行に出たくなる人。
旅のために、決断して仕事を辞めて旅に出た、20代後半から30歳代の旅行者。

これは、社会経験もあり、決断力もあり、自分なりの世界観を持っているので、話をしても面白い。
またもちろん、大学生時代に長期の海外旅行をする人たちもいる。

これはよくある話で、大学生の海外長期旅行者というのは、大学生の休暇時期には、たくさん海外に出ている。
ただ旅行経験も社会経験も少ないわけで、それほど話は面白くないけどね(涙)。

もう一つは、どういう職歴か、どういう学歴か、どういう世界観を持っているのか、僕にもさっぱりわけのわからない旅行者。
これは、中南米でも出会ったが、僕には理解できないタイプだ。

知的レベルは低いし、話すことは、自分が泊まった日本人宿の噂話だけ。
英語は全くしゃべれないので、日本人同士でつるんで一緒にいる。

東南アジアにも中南米にも存在するが、僕とは、全く雰囲気も話も合わない。
それは、相手も敏感に感じるようだ。

旅の途中で、何かの拍子に顔を合わせることがある。
その時でも、互いにすぐに「これは自分のタイプではない」とわかる。

そうして、互いに無視してしまう。
このムスリムホテルで見かけた日本人旅行者2人が、まるっきり僕の苦手なタイプの2人だった。

情報を得るためだから話しかけてもいいが、彼らが言うことが信じられない。
だいたいのことは、わかっているので、彼らに話しかけるのは止めた。

というのは、海外個人旅行というのは、自分が気持ちよくなるためにやること。
何も嫌なタイプの人間と、無理矢理付き合う意味はないからね。

そこで、とにかくバスの切符を買うことにした。
昨日当った旅行会社の中で、信用できそうな店に入る。

バスの切符を買うと、午後4時発。
3時30分にバスターミナルへ、そのためには、旅行会社に午後3時に来ること。

話では、クーラー付きのバスで、シート番号は26番。
料金は250ルピー。

バスの切符を確保して、クエッタの町を歩いて、川のそばの繁華街へ出る。
「ロンドンブック」という本屋で、Newsweek(Aug.23,99)を買うと55ルピー。

"The Most Influential Asians of the 20th century"という特集が面白そうだったので、TIME(60ルピー)も購入。
アメリカの雑誌に合計115ルピー使ったわけだが、その理由は、これから行くイランでは、当然、アメリカの雑誌は入手できないだろうと考えたから。

アフガニスタン雑貨の店の前を通ると、イランリアルの両替を持ちかけられる。
話を聞くと、ここのレートは「1ルピーが150リアル/1米ドルが8000リアル」だとか。

イランとの国境か、イラン国内では、もちろんドルは両替できると考える。
ただ、国境地域で細かい金が必要かもしれない。

レートが悪いのではないかなとは思ったが、一応、ホテルマネージャーの話と合っている。
しかも、昨日話した早稲田のSくんよりも、レートがいい。

それで、手持ちの中から、500ルピー(75000リアル)と20米ドル(16万リアル)を両替する。
合計23万5千リアルを手にした。

その全部を5千リアル札でくれたので、ちょうど47枚になった。
かなりかさばるものだ。

イランの物価はわからないが、おそらくこれで2日は、大丈夫だろう。
あとは、現地の物価や両替レートを知って、現地で両替すればいい。

ホテルへ戻って、ちょっとベッドに横になる。
神経が張り詰めていて、眠るのは無理だ。

チェックアウトは正午だったが、ホテルと交渉して午後3時まで部屋を使うことにする。
そのレイトチェックアウトの追加が、100ルピー(240円)。

トイレに何度も行って、体調を確認する。
僕がこのアジア横断旅行に出たのが、日本のガイドブックに「イランのビザは個人では取れない」とあったからだ。

僕は、日本のガイドブックの間違い探しが趣味だった。
それで、特に行くつもりもなかったが、個人でイラン大使館へ行って、ビザを取ってしまったんだよ(笑)。

逆に言うと、イランへ陸路入国すること。
これが僕のアジア横断のテーマだった。

そのテーマは今日の午後のバスに乗れば、実現されるだろう。
それが、どんなにひどいバスで、どんなに危険な旅であろうとも(涙)。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD