『クエッタで「HOTEL BLOOM STAR」に泊まって、イラン行きの情報を集める』

【クエッタからイラン国境へのバス】
1999年8月20日午前11時ごろ、ABBASEEN EXPRESSをクエッタ(QUETTA)の駅で降りる。
ペシャワール(PESHAWAR)から、なんと同じ列車に43時間も乗り続けていた。

なぜ、ここで、43時間の列車旅をまた書くかというとだね。
ただ単純に、「自慢したいから」なんだよ(笑)。

駅を出て、まず今夜の宿を決める。
カーリマバードの雑貨屋で買った「Lonely Planet Pakistan」を取り出し、クエッタの市内地図を見る。

クエッタ鉄道駅を出て、ジンナロード(JINNAH ROAD)へ入れば、そこにバックパッカー向けの宿がありそうだ。
ガイドブックによると、安宿としては、「MUSLIM HOTEL」「HOTEL DELUXE」というのがある。

中級クラスでは、最初に「HOTEL BLOOM STAR」が載っている。
こういう場合、「Lonely Planet」では、中級クラスのトップに紹介してあるホテルに決めれば、まず間違いない。

だから僕は、「ブルームスター」に行くと、心で決めていた。
ほんのちょっと場所を間違えて、ちょっと迷ったが、ブルームスターへ。

こじんまりした、清潔な、感じのいいホテルだった。
僕は部屋を見て、シングルの106号室に決める(270ルピー)。

この値段は、「Lonely Planet」でもシングルは265ルピーと書いてあるので、ボラれてはいない。
前にも書いたが、この時期のパキスタンルピーは2.4円なので、約650円。

なにしろ2晩も、わけのわからないアバシーンエクスプレスのシートで寝た。
今日ぐらいは、清潔なベッドでゆっくりしたいものだ。

部屋には、トイレもホットシャワーもある。
ホットシャワーも、名目だけではなくて、ここでは本当にお湯がドカッと出る。

そこで、さっそく、Tシャツとジーンズを洗いました。
このホテルでは、日本人の学生さんと会った。

彼はSくん。
僕と同じようにクンジュラブ峠を越えて、フンザへ入ったそうだ。

彼は、一日早くここに来て、今日の夕方イランへ向かう。
彼からイラン行きのバスの情報と、両替レートを聞く。

クエッタからイラン国境までのバスは、通りにたくさんある旅行会社で予約できる。
その値段は、250ルピーから300ルピー程度(600円から720円)。

またSくんによると、イランリアルのレートは、1ドルが5千リアルだという。
ただ僕は、人の言うことを全く信じない世界旅行者なので、参考にしただけだ。

Sくんは、どうやら「アジア横断」という日本の出版社が出したガイドブックを信じているようだ。
僕は現地で買った「Lonely Planet」を使っている。

正直これだけで、知的レベルが大きく違うことがわかるだろう。
実はSくんは、早稲田の学生だったんだけどね(笑)。
ちなみに僕は早稲田や慶応の学生程度に対しては、最初から完全に上から目線の態度をとれる。
というのは、僕は京都大学工学部卒業で、しかも、僕はもともと東大理一合格確実と言われていて、その年、東大紛争で東大入試がなかった(1969年)わけなのね。
つまり、知的には十分東大合格の能力がありながら、京大に入ってしまったという哀しいストーリーがあるわけなんだ。
もちろん海外旅行のためには語学が必要だ。
僕は英語の資格としては、ケンブリッジ英検特級(CPE)を取っている。
日本ではほとんどの人は知らないが、欧米諸国では非常に権威がある、日本人はまず受からないという試験だ。
僕はこの試験を受けるために、1987年の秋学期のケンブリッジ英検受験特別クラスに入った。
ロンドンのグリーンパークに面した、インターナショナルハウスという有名校で、ヨーロッパ諸国の優秀なクラスメートと連日議論をしていたものだ。
この経験については、ちゃんと書かなければならないだろうが…。
期待しないで待っていてください。
ついでに書いておくが、僕は英検一級、英語の通訳ガイド資格、フランス語検定2級を持っている。
そしてスペイン語は、バルセロナでスペイン語学校に通ったり、グアテマラのアンティグアで個人レッスンを受けたりして、自由自在に話すことができる。
私大の文系学部や東大の落ちこぼれ旅行者程度とは、完全にレベルが違うということを確認しておいてほしいね。
だから僕が日本で一番頭のいい旅行者だといっても、十分成立するわけだ。

僕はホテルから町へ出て、まず、床屋へ行って、ちょっと伸びていた髪を短くした。
床屋の料金は25ルピーで、チップを5ルピー足して、30ルピー(72円)払う。

通りを歩くと、確かに、イランへのバスを扱う旅行代理店がたくさんあった。
バスはクエッタからイラン国境のタフタン(TAFTAN)まで、14時間かかるという。

とすれば、夕方出て、朝に到着するのがいい。
旅行代理店に入って聞いたが、どこも、「切符を前もって買う必要はない。出発前に来れば大丈夫だ」という話。

ということは、明日の夕方のバスに乗って、イランへ向かうとしても、明日の昼に切符を買えばいいだけ。
その前に、イランリアルをクエッタで入手しておくのも大事かな。

イランの両替事情がさっぱりわからないしね。
両替レートも、Sくんの言うことが、どうもおかしいし。
はっきり言うと、信じられない(笑)。

それも、明日考えることにしよう。
と結論付けて、今夜はブルームスター106号室でゆっくりと寝ることにしました。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD