【旅行哲学】『旅がすばらしいのは、解決するものはその場で解決するってことだ』@クエッタ/パキスタン
1999年8月20日。

ABBASEEN EXPRESSがクエッタ(QUETTA)の駅に到着したのは、僕が列車の中で予測していた通り、3時間遅れの8月20日の午前11時ごろになった。
列車がペシャワール(PESHAWAR)を出発したのが、8月18日の午後4時15分だった。

僕はこの列車に約43時間、つまり2日弱乗り続けだったわけだ。
「43時間、列車で2泊」ということ自体は、インドや中国の長距離列車に乗った経験があれば、特に珍しくはない。

ただ、中国やインドとは違って、パキスタンの長距離寝台列車はかなりいい加減だったとはいえるだろう。
特に、僕は一等寝台に乗ったつもりだった。

一等寝台ならば、ベッドも寝具がちゃんとあって、冷暖房完備で、静かに本を読めると期待するだろう。
でも、この列車では、全く一等寝台車の雰囲気はなかったからね(涙)。

でもまあ、旅ではすべての経験は過ぎ去っていく。
過ぎ去った経験は、とんでもないものであるほど、時間がたてば、いい思い出となる。

この文章を書いているのが2009年で、列車に乗ったのは1999年だった。
僕がこの夜行寝台列車の経験を落ち着いて思い出し、旅行体験を冷静に記述できるようになるまで、10年かかった。

10年かかってやっと癒されるほど、心の傷は深かったということかな。
しかし、旅人は出会うトラブルすべてを、それがひどい話であればあるほど、笑い話、旅ネタにしてしまう。

僕もその日、クエッタの鉄道駅を出たとたん、いい旅ネタが出来たと喜んだ。
「ようし、アバシーンエクスプレスの話を誰かに話してやろう!」ってね(笑)。

さて、こういうパキスタン辺境の町、クエッタに1人で降り立ったからといって、バックパッカーは特に心配はしていない。
旅人は、目の前の課題を、次々と処理していけばいいだけなんだ。

日常生活では、どうしてもいますぐに処理しなければならない問題というものはない。
日常生活では、放っておいて、一週間後、一ヵ月後、一年後に片付けても問題はない。

また、無視して放っておいて、忘れてしまっても、それなりに何とかなるものだ。
ほとんどの人は、目の前にある課題から目をそむけて、生活しているんじゃないかな。

その「片付けなければならないのに、片付けていない後ろめたさ」というものが、誰の日常にもあって、それが、人を疲れさせている。

なんでわかるかというと、僕自身がそうだからね(笑)。
僕の第三作「大人の海外個人旅行」には、ちゃんと格言まで書いてあるんだ。
Don't do today what you can do tomorrow.
旅先では、その時々にやるべきことは決まっている。
旅人は、ただやるべきことを片付けていく。

だって、片付けてしまわなければ旅は続けられないから。

もしやり残したことがあったら、それは、なされないまま残る。
しかし、なされないで残されたものは、もともとする必要はなかったんだ。

ある日になされなかったことはその日に意味を失い、旅人を追いかけてくることはない。
旅人にとっての課題は、なされるにしろ、なされないにしろ、その場で完結してしまうんだよ。

これが、日常生活と旅の基本的な違いなんだ。
日常生活には日常の積み重ねがあるが、旅先はその場その場で終わってしまうってこと。
この1999年8月20日に、クエッタの駅に降りた僕がするべきことはハッキリしていた。
まず、今日の宿を見つけること。

次にイラン国境へのバスの情報を入手し、バスの予約をしてしまうこと。
あとは、誰か旅行者と出会って、イランやイラン国境の情報が手に入ればなおいいが。

宿を見つけなければ寝ることが出来ず、イランへのバスが見つからなければ、クエッタから脱出できない。
という意味は、やるべきことははっきりと決まっている。

宿を見つけ、イランへのバスを見つけさえすればいい。
これ以外は考える必要はない。
海外旅行では、やるべきことは決まっている。
だから、海外個人旅行はキモチイイんだよ(笑)。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD