ポタラ宮の前で、外見純子さんに撮ってもらった写真を「大人の海外個人旅行」のオビに使った話

【ポタラ宮の前で、外見純子嬢に写真を撮ってもらいました】
『日本で初めての中高年向け旅行書』として大評判の、「大人の海外個人旅行」のオビに、僕がポタラ宮の前に立っている写真がある。


【「大人の海外個人旅行」のオビに注目してね】

定価は「720円+税」の756円。
この本は売り切れて、増刷してません。

入手方法は、アマゾンの「マーケットプレイス(古本市場)」で可能です。
今日(2008/03/29)現在、定価より高い、\1,308〜\1,549で購入できるようです。

あとはまだ僕の手元に新本が数冊あります。
ファンの方で、おごってくれればプレゼントしてもいいですよ(笑)。

サイン入りが欲しい人は、1万円くらいで相談に乗ります。
これは、伝説の本ですから、見つけたらすぐに購入した方がいいです。

ポタラ宮の前を歩いている時、偶然、外見純子嬢と会った。
彼女は航空会社へ行って、ラサから脱出の航空券を手配したところだった。

よく覚えてないけれど、確か、重慶に飛んだんじゃなかったかな。
ポタラ宮をバックにした僕の写真を撮ってもらった。

それを「大人の海外個人旅行」のオビに使ったんだ。

僕の「アジア横断旅行(1999)」を読んでいる人は、彼女のことをよく知っているはず。
神戸から天津への燕京号で知り合って、一緒のホテル「京華飯店」に泊まり、一緒の列車で成都へ到着した。

ワリカンで一緒のタクシーに乗って、交通飯店へ泊まる。
一緒にラサツアーへ申し込みをして、一緒に飛んできた。

ただ、そのあと、僕は「キレーホテル」に移動した。
ポタラ宮のツアーに参加したら、また一緒になったけどね。

これだけ一緒だったら、そこに恋愛感情が生まれても不思議ではない。
ただ、僕はごく普通に、旅の先輩として、彼女にアドバイスするという立場でいた。

誰か友達を作って一緒に行動するのが、海外個人旅行の基本だからね。
2人だと、互いに荷物を見張ったりできるし、タクシーをワリカンにすることもできる。

旅先では、信頼できる人を見つけて、一緒に行動するのがいい。
これは、旅の基本だ。

純子さんと会ったのは、ポタラ宮前が最後だった。
彼女は、僕と一緒に一番安いツアーに申し込んでいた。

つまり、ゴルムドへのバスの切符がくっついている。
だからそれを放棄して、航空券を買ったわけだね。

ほとんどの人は、ゴルムドへの切符は捨てる。
というのは、ラサツアーというのは、チベットへ入るための方便なんだから。

旅行社もゴルムドへのバスの切符は最初から収入として計算しているわけだ。
そこで僕のように、「ゴルムドへの切符をくれー!」などと言うやつには、言を左右して、誤魔化して、諦めさせるんだよなー。

汚いぞ!中国の旅行社。
でも、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)としては、うれしかったりもする。

ぼったくられた逸話が出来て、思い切り書ける材料をもらったわけだからね。
旅行の話なんていうものは、聞き書きでは迫力がないんだよ。

だから、日本にざらにある、よくある旅行初心者の旅の体験を、聞き書きでまとめた旅行本というものは、全く面白くない。
やはり自分の体験を本人が書かなきゃダメなんだよ。

ところで、僕の旅行記は完成していないものが多い。
書くことが多すぎて、途中で放り出して、あちこちに手を出してしまうんだ。

このアジア横断旅行の話も、燕京号で外見純子さんと会って、天津港へ着いたところで、しばらく放ってあった。

そのころ、外見純子さん本人からメールが来たよ。
「お久しぶりでーす。外見純子です。旅行記読んでますよ♪」とのこと。

そこで「元気なら、エッチしませんか?旅行中はできなかったので心残りなんですよ」と返事をしたっけ。
でも、あっさりと断られてしまいました(涙)。

旅先でもそれほど親しくはなかったし、ディープな話もしなかったから、もともと無理な話だけどね。
でも、一応色っぽい声をかけてもらって、彼女もうれしかったとは思う。

正直な話をすると、旅で出会った人と日本で再会しても、話すことはないんだ。
旅先ならば、共通の話題、共通の心配事、があるから、誰とでも話は合うんだけどね。

【旅行哲学】旅で出会った人と日本で再会しても、話は合わないもの。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx