『ペルセポリスへタクシーで往復し、両替して、イラン映画を見て、部屋のエアコンに文句を付ける』@シーラーズ/イラン

【ペルセポリス(1999)】
1999年8月26日。
バスターミナルへ歩いて行く途中で、ふらっと旅行代理店に行った。
そこで、なんとシーラーズからエスファハーンの航空券が千円で入手できた。
これも、アラーの神の導きだと、感謝の祈りを捧げる。
これだけ神に愛されている。
ならば、ペルセポリスの遺跡へ行くのも、何か特別な神の導きがあるはずだ。

僕が泊まっている「サーサーンホテル」では、ペルセポリス遺跡へのタクシーチャーターを手配してくれる。
それが8万リアル(960円)とのことだ。
別にそれで悪くはない。

サーサーンホテルのすぐ横の、このころの日本人宿「アンバリーホテル」だったら、僕も話に乗ったかもしれない。
その意味は、泊まっている日本人に声をかけて、2人か3人でタクシーをシェアできるから。

サーサーンホテルに日本人はいなかった。
こういうホテルでは他に日本人が泊まっていれば必ず、「日本人がいるよ」と声をかけてくれるものだからね。

1999年夏のこのアジア横断旅行までに、僕はすでに世界一周旅行を2回もしていた。
世界のだいたいすべての地域を旅して、旅行国数は確実に百か国を超えている。

だから、アジア横断をしていても、ただ旅をするのではない。
あとに続く旅行者の皆さんのために、他の旅行者の参考になるような旅をしたいわけだ。

すると、「旅先の宿でタクシーを手配してもらう」という行動は、旅の参考にはなるだろうが、特に珍しくはない。
ここでは当然、「通りを流しているタクシーを呼び止めて、自分で交渉してペルセポリスに行く」という芸をしてみたいものだね。

町を流しているタクシーを呼び止めて、英語で話しかけたが、誰も理解しなかった。
しかし、アラーの神の使いが、英語をしゃべる美女を送ってくれて、僕の代わりに交渉してくれた

「シーラーズから、タクシーでペルセポリス遺跡へ往復して、遺跡に2時間いて、合計4時間借り切りで4万リアル(480円)」で話がついた。
ペルセポリスは、それほど感動しなかった(やはりこんなものですか!という感想)。
世界旅行者は、これまで世界中の遺跡を見てきた。
その体験から、ペルセポリス遺跡に人気がない理由は、もともと崩壊した石材自体がないから(!?)と考えたね。
ペルセポリスからとっとと戻ってくる。
4万リアルに1万リアルのチップをつけて、5万リアル(6百円)払い、タクシー運転手と握手をして別れる。
シーラーズのバザールを見たが、昼のせいかガラガラで、すぐに外に出る。
そういえば、シーラーズからエスファハーンへの航空運賃9万1千リアル(1092円)も、現地通貨リアルで支払っている。
エスファハーンへ行けば、見るものは一つ、エマーム広場だ。
ということは、おそらく、エスファハーンへ到着したらすぐに、エスファハーンからテヘランへの航空券を買わなければならない。
イランの旅行はまだまだ、トルコの陸路国境越えまで続く。
だから、とにかく、手持ちのドルをイランリアルに両替しておいた方がいい。
町を歩いていたら、イラン人の若者が5人くらいいて、両替の声をかけてきた。
1ドルが9千リアルということで、70ドル両替して、63万リアルを受け取ればいい。
ただ、両替の中心になっている若者は、最初1万リアル札を50枚(50万リアル)しか渡さない。
僕はもちろん、これでは足りないと要求して、60枚(60万リアル)まで出させた。
これだと、1ドルは8600リアルのレートにしかならない。
結局、両替交渉は不成立で、両替をせずに立ち去った。
でもあとで考えると、相手はイラン人の元気のいい若者5人だったから、僕から金を奪うのは簡単だったろうね。
ただ、旅をしているときの僕は、結構迫力があるので、相手がビビッたのかもしれないが。
今までいろいろぼったくられてきたが、もともと物価が安いので、ボッタクラレたと身に染みて感じてない。
2千リアル(24円)程度のケバブサンドを、11500リアル(138円)と吹っかけられた程度だからね。
映画館のそばまで歩いて行ったら、50ドル札2枚(100ドル)を89万リアルということで、交渉成立。
しかし、コミッション!と言って、88万リアルしか渡そうとしない。
1万リアルの差だが、1万リアルは120円。
これは、僕が88万リアルで妥協した。
というのが、読者も覚えていると思うが、以前にひどいレートで両替したことがあった。
バムでは、バムインのマネージャーに、1ドル当たり7千リアルで両替させられた。
一度そういうひどい体験をしていると、「7千よりはましだから」と考えてしまうんだよ(涙)。
8800リアルを受け入れてしまった。
あとは、時間があったので、映画館へ入ってみる。
知っている人は知っているが、イランの映画は、なかなか評判が高いんだ。
でももちろん、ペルシア語なんてわからないので、アクション物の映画を選ぶ。
筋は全くわからないが、ピストルを撃ち、手榴弾を投げるシーンがある。
ただ、アクションもレベルが低く、観客から笑いが起きていて、しかもコメディでもないというわけのわからない映画だったよ。
全く面白くないので、途中で映画館を退出。
サーサーンホテルに戻って、ベッドに横になると、エアコンの音がガンガン響く。
フロントへ行って文句を言うと、エアコンを止めた。
しかししばらくすると、エアコンを動かしたらしく、騒音が再開。
ベッドから起き出して、またフロントへ文句をつける。
結局、エアコンの排気口?に何かが挟まっていて、音を出していたようで、スタッフが屋根へ行って解決したらしい。
明朝午前6時半のウェイクアップコール、午前7時のタクシーを頼む。
思い返すと、シーラーズはたいした町ではなかった。
ペルセポリスも2時間も見れば、とことん見尽くすことができるし。
でもまあ、「ペルセポリスがガッカリだ」と、確認できたのはいいことだ。
次は、エスファハーンのエマーム広場を見れば、イランの観光はオワリでいいよ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD