シーラーズの街角でタクシーを止めて、ペルセポリスへ往復する@シーラーズ/イラン

【世界旅行者@ペルセポリスの遺跡(1999)】
シーラーズの町へ着いたら、やることは決まっている。
それは、ペルセポリスへ行く事。
イランは、だだっ広い割りに、他にはほとんど見るものがないんだからさ(涙)。
モスクなどというものは、イスラム諸国へ行けば、どこでもうんざりするほど見られるから、わざわざイランへ行く必要がない。
だから、どんなツアーにも含まれていて、誰でも行こうと考えるのが、ペルセポリスの遺跡だよね。
ところがこの遺跡ほどガッカリする物はないらしい。
僕が北朝鮮へ行ったときのツアーで一緒だった若者が、個人でイランへ行った。
彼がイラン旅行のレポートをe-mailで送ってくれた。
それには「わざわざやってきて、ガッカリしました」とだけ書いてあった。
彼はイランで病気になったとメールで送ってきたから、きっとその病気は「ペルセポリス失望症候群」だったのだろう。
世界旅行者は、すでに中東の遺跡として、パルミラ(シリア)やペトラ(ヨルダン)を見てしまっている。
そうなると、ペルセポリスを見ないわけには行かない。
何でも「地球の歩き方」では「中東の3P」として、パルミラ、ペトラ、ペルセポリスを紹介してるんだから。
「中東の3P」なんて、聞いた事がない。
もちろんこれは、旅行経験のないライターさんが、頭ででっち上げた話に決まっているわけだが。
しかし、アジア横断をするのに、わざわざペルセポリスを避けるのもおかしな話だ。
誰でもみんな「失望した!」ってことはさ、どんな失望なのか、知らないといけない。
いいものも悪いものも、どうでもいいものも、いろいろと見て、そこまで知って、はじめて世界旅行者になれるんだから。。
シーラーズからペルセポリス遺跡へ行くのはチョー簡単。
シーラーズのホテルに泊まれば、もちろんホテルが、ちゃんとタクシーをチャーターしてくれる。
でもそれでは、誰でもできる事にならないかな。
誰でも出きる事を、誰でもがするようにやっては、世界旅行者としてはつまらない。
そこで、町の通りを走っているタクシーを自分で捕まえて、自分で行くことにする。
しかし、考えてなかった事が一つあって、それはタクシーの運ちゃんが、英語を理解しないということ。
2、3台止めて話しかけても、料金の交渉どころか、どこへ行くのかさえ、伝えられない。
「こりゃ、こまったぜ!」と、道路脇で立ちすくむ。
そういう時、世界旅行者は神に祈る。
「神様、僕がペルセポリスへ行く運命ならば、ここで一つ、なにか助けてくれませんかね」ってね。
すると、「よっしゃ!」という声が響く。
するするっとタクシーが僕の前に止まる。
頭の先からつま先まで全身を真っ黒の衣裳で隠した年のころなら28,9という美女が、タクシーから降りる。
70歳くらいの人のよさそうな運転手さんが乗っている。
「この運転手さんは、案外とハーバード大学か何かに留学経験がある元大学教授で、革命で職を追われたんじゃないかな。
すると英語がぺらぺらなんだよなー」と、英語で「ペルセポリスへ行ってくれないか」と話しかける。
しかし、残念ながら、英語が全く通じない。
「おかしーなー、神様は常に、世界旅行者を守るはずなんだが…」と、ちょっと考え込む。
タクシーから降りてきた美女が、「ペルセポリスへ行きたいんですか?」と英語で話しかけてきた。
彼女が運転手と僕の通訳をしてくれて、あっという間に、話が決まってしまった。
料金も、ホテルに頼むより、ずずっと安い。
「さすが神様だなー♪やることが早いや!」
「ついでに、この美女も付いてて、遺跡を案内してくれて、今晩はエッチもあったりして」と、期待して美女を見つめる。
と、美女は「そこまでは面倒見きれまへん!」との言葉を残して、さっさと行ってしまった。
つまり、彼女が僕を守る「旅行神」の化身だったわけだね。
彼女の後姿に「南無阿弥陀仏」と、手を合わせる。
で、ペルセポリスは予想通り、だだっ広いだけで、ちっともポイントのない遺跡だった。
それでもあちこちうろついて、面白そうなレリーフの壁を見つける。
自分を入れた写真でも取りたい。
個人旅行の問題点は、自分の写真を取りにくいってことなんだよねー。
困ってボーっと立ってたら、ちょうどそこに野球帽をかぶったベルギー人のおじさんが出現。
僕から声を掛けて、互いの写真を撮りあった。
ザムザムコーラを飲みながら、互いの旅の話をする。
彼は、ベルギーからのツアーでやってきたのだとか。
僕はアジア横断の個人旅行をしている、と話す。
ベルギー人の男性は、「私ももっと若かったら、そういう大冒険をしたかったけどね…」との返事だ。
「良い旅を!(ボンボワヤージ)」と声をかけて、わかれる。
すると、空から声が響いた。
「世界旅行者よ、ペルセポリスはたいして見るところがなくて、悪かったな。イランは広いだけだから、エスファハンヘは飛行機で行きなさい。切符は取れるようにしておくから」との言葉だ。
そうして、ベルギー人のおじさんは煙と共に消えた。
このベルギー人もまた、旅行神だったんだね。
旅行神の消えた後に「南無妙法蓮華経」と、手を合わせた。
というわけで、遺跡の前で待たせておいたタクシーですんなりと帰りましたとさ。
もちろん運ちゃんには、決めた料金4万リアルのほかに、チップ1万リアルを足してあげる。
また、走り去るタクシーに「二礼二拍一礼」で、正式にかしわ手を打ちました。
だって、このタクシーの運転手さんも、旅行神に違いないからね。
【写真】ペルセポリス遺跡のレリーフ壁の前の世界旅行者
【旅行哲学】「ペルセポリスはわざわざ見るものではない」と言うためには、一度見なければならない。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD