ペルセポリス遺跡の全景写真と、遺跡の印象、交通費、入場料など(1999年8月)@シーラーズ/イラン
左側 中央左 中央右 右側
【ペルセポリス遺跡全景/上の写真をクリックすると大きな写真に飛びます】
僕は1999年、アジア横断旅行の途中で、ペルセポリス遺跡へ立ち寄った。
この時期(1999年8月)の実勢両替レートは、「1ドル=8800リアル」程度だった。
同じくドルと円のレートが「1ドル=115円」程度だった。
だから、簡単に考えると、「千リアル=12〜13円」と考えればいいでしょう。
シーラーズのホテルで、ペルセポリスまでの往復でタクシーを頼むと、8万リアル(9ドル/千円)。
僕が道端で止めたタクシーと交渉したら、遺跡まで片道1万5千リアル(2百円)。
タクシーに乗っていた美女が交渉してくれる。
その結果、「タクシーで遺跡へ往復して、遺跡に2時間いて、合計4時間借り切りで4万リアル(5百円)」で話がついた。
一般道をおんぼろタクシーで時速120kmで飛ばした。
小さな町(マルヴダシュト)を通って、遺跡へは約50分で到着。
ペルセポリス遺跡の入場料は2万リアル(250円)。
遺跡の敷地の中にある博物館の入場料が1万5千リアル(2百円)。
ペルセポリス遺跡は、見た人ほとんど全員が、ガッカリするというものすごい評判がある。
僕も遺跡に立ってみて、予想通りにガッカリした。
というのは、広さも案外たいしたことがないから。
広さでいうならば、シリアのパルミラ遺跡の方がずっと大きい。
それは、パルミラは一つの都市国家だったからね。
このペルセポリスは、特別な行事を行う時のための神殿だったので、もともと都市ではなく、スケールも小さいのだろう。
しかも、ほとんど神殿の跡などが残っていない。
いま修復作業が行われていて、建物を新しく作っているわけだが、もともとは何にもなかったのではないか。
遺跡には、修復作業の工事の足場などもあり、また観覧席が作られているから、世界中の遺跡で流行している「音と光のショー」でもやっているのだろう。
実際、レバノンのバールベック神殿に行った時は、神殿のど真ん中に、観客用の足場が組んであった。
しかも観客が残したゴミが、そこら中に散乱していたよ(涙)。
だから、本当の遺跡好きというものは、夜中に音や光をむりやり使ったショーなどは見ないものだ。
もともとほとんど遺跡が残ってないので、修復したところはイヤに新しくて馴染まない。
博物館を遺跡の仲に建てているのも、おかしいよ。
遺跡のあちこちには、夜間照明用のライトが配置されているしね。
写真を撮るにしても、足場やライトが写り込まないように、いろいろ気を使った。


【ペルセポリス遺跡(一番左側の写真)】


【ペルセポリス遺跡(左から二番目)】


【ペルセポリス遺跡左から3番目】


【ペルセポリス遺跡(左から4番目/一番右】

僕はタクシー借り切りでやってきたので、気楽に見学できた。
ただ、日本のガイドブックには、バスとタクシーを乗り継いで遺跡を見にくるルートが紹介してある。
その通りにやってきたらしい、日本人の4人組の若者が遠くに見えた。
彼らは、帰りのタクシーを捜してうろうろしていた。
シラーズの町からペルセポリス遺跡まで、4時間タクシーを借り切って、(僕の場合)5百円だった。
だとしたら、交渉が下手でタクシーに8百円払ったとしても、一人当たり2百円なのだから、タクシーを借り切った方がいいよ。
遺跡で帰りのタクシーを拾ったら、運転手の言い値になるから、かえって高くつくだろうしね。
遺跡の突き当りの丘の上に登って、遺跡の全景を、分割して写真に撮りました。
次には、何とか見つけた遺跡の見所を紹介したいと思います。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD