パルミラホテル@バールベック

【パルミラホテルの寝室】

【パルミラホテルのバスルーム】
1999年9月5日、シリアのダマスカスからレバノンのバールベックへと移動する。
この時期だと、バールベックにはひとつしか、まともなホテルはなかった。
それが、「パルミラホテル」。
他の宿泊施設は、本当の安宿しかなかった。
バールベック遺跡から道路を挟んで反対側にあるのが「パルミラホテル」だ。
このホテルは、1874年に作られて以来、多くの有名人が宿泊してきた。

だって他にまともなホテルがないんだから(笑)。
昔の有名人というものは、タクシーで急いでベイルートから日帰りで往復したりしない。

という意味は、バールベック神殿を見た人は、このホテルに泊まったってこと。
確かにそれらしく、落ち着いたホテルだった。

こういう由緒あるホテルにとまるために払う38ドル(5千円弱)は価値がある。
アメリカの安いモーテルに泊まる5千円、日本のラブホテルに払う5千円(多分それ以上)とは、大きく価値が違うね。

バールベック遺跡に来て、パルミラホテルに泊まらないわけにはいかない。
なぜって、アメリカのモーテルも、日本のラブホテルも、記憶に残らない。

でも、バールベック遺跡のすぐ隣にあるパルミラホテルの一夜は、一生の宝物になるのだから。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD