『朝一番で、タフタン(パキスタン)からミールジャーベ(イラン)の国境を超えたが、何にもない』

【クエッタからイラン国境へのバス】
1999年8月22日、日が昇りはじめて、あたりが明るくなってきたころ、バスは道路わきで停車した。
朝のひんやりとした空気にホッとしながら、バスを出る。

クエッタを出たのが、昨日午後4時過ぎ。
いまは、翌日の午前6時。

つまり、ここまで14時間かかった。
見ると、他にも、バスやトラックが何台も停まっている。

イランとの国境はもうすぐのようだ。
ここで停車しているのは、国境へ行く時間調整らしい。

パキスタンとイランの間には、1時間半の時差がある。
パキスタンが午前6時とはいっても、イランはまだ午前4時半だ。

午前4時半にイラン側の入国管理事務所が開いているとは考えられない。
公務員が、早朝から、仕事をしているはずがないからね。

パキスタンとイランの国境は、手前のパキスタン側がタフタン、国境を越えたイラン側がミールジャーヴェという。
ジーンズの左前ポケットに入れてあるパスポートを取り出して、チェックする。

僕がこのアジア横断旅行をした理由は、自分でイラン大使館へ行って、イランビザを取ったからだった。
1999年の「地球の歩き方・イラン」を読めば、個人では取れないとハッキリ書いてある。

その、みんなの憧れのイランビザを自分で取った。

【日本のイラン大使館で、自分で取った伝説のイランビザ】
それが、このアジア横断の旅へ出た、一番の理由だ。
イランのビザを個人で取ったことを自分自身が証明したってわけ。
でも、日本のガイドブックの間違い探しをするだけでは、中途半端だ。
僕がイランビザを個人で取った理由は、神が「イランへ行け」と呼びかけていたんだね。
しかも最初に取ったのがパキスタンビザ、次がイランビザ。
だから、パキスタンからイランへと陸路国境を越える。
これが僕の定めで、僕にとっては重要なんだね。
30分ほどして、バスやトラックが次々に動き出す。

僕たちのバスは、午前7時に国境へ到着。
クエッタからのバスはここでオワリ。

国境を越えたら、次の町ザヒダンへのバスなりがあるだろう。
国境はまだ開いてないようで、人がたくさん集まっていた。
ところで陸路国境を越える時に、日本人が意識しなければならないこと。
それは国境を越えたら時間が変わることがあるってこと。
例えば、パキスタンとイランの間には、1時間半の時差がある。
また、イランとトルコの間にも、中国とパキスタンの間にも時差がある。
時差があってもいいが、国境が開くかどうかというときに、問題になる。
パキスタンでは国が活動していても、イランでは眠っているかもしれない。

だって、パキスタンでは午前7時でも、イランではまだ午前5時半なんだから。
午前5時半から働く公務員なんて、まずいないよね。

国境を越える時は、旅行者同士助け合うのが基本。
日本人旅行者は見当たらないが、白人の旅行者2人組を見つける。

彼らは、ハンガリーからの旅行者だ。
互いの、旅行話で盛り上がる。

彼らはハンガリーから中央アジアを旅してきたという。
僕は日本を出て天津まで船で来て、そのあとはチベット、シルクロード、カラコルムハイウェーを通って、パキスタンに入った。

彼らは僕と同じく、カラコルムハイウェーを通って、クンジュラブ峠を通って、パキスタンに入った。
しかし、彼らは、カシュガルからギルギットまで自転車でサイクリングした(驚)。

カシュガルで自転車を35ドルで買って、クンジュラブ峠を自転車で越えて、ギルギットでその自転車を40ドルで売り飛ばした。
まあ、この自由な感覚が、ヨーロッパ人なんだよなー。

日本人のバックパッカーが、カシュガルで自転車を買って、クンジュラブ峠越えをするなんて聞いたことがない。
自転車でクンジュラブ峠越えをする日本人ならば、絶対にいい自転車を日本から持ってくる。

ハンガリー人の若者たちは、このままイスタンブールまで行って、そこからハンガリーへ戻る予定。
イランへのビザは、パキスタンのイスラマバードで申請から受領まで2週間かかったと文句を言っていた(料金30ドル)。

中央アジア旅行だと、宿は2〜3ドル、食事も安く、ブラックマーケットレートが公定レートの3倍もあるという話。
僕は1997年にツアーで「ウズベキスタン、カザフスタン、タジキスタン」を旅していた。

でも僕はツアーなので、本当の両替レートも、現地の安宿の料金もわからなかった。
こういう時に、個人旅行者とツアー旅行者との違いが出てきてしまう。

やはり、個人旅行をした方が、旅については自信と権威を持って語れるわけだね。
ハンガリー人と僕の3人で話をしながら、国境が開くのを待つ。

すると両替商が話しかけてきた。
パキスタンルピーと米ドルを、イランリアルに両替する。

国境まで来れば、パキスタンルピーは不要だ。
残っていたのが96ルピー。

相手の言うままに1ルピー140リアルのレートで、12000リアルに両替しする。
クエッタで両替した時のレートは「1ルピーが150リアル/1米ドルが8000リアル」だった。

それで行けば、96ルピーは、14400リアルになるはず。
でも別に、ここでレートにこだわるつもりはない。

96ルピーを両替したレートが10リアル違っていたとしても、その差は15円だ。
しかも、パキスタンルピーをイランで両替しようとしても、可能かどうかという問題もある。

小額の外国通貨というものは、全く使えないこともある。
そういう意味では、パキスタンからイランへの国境で、パキスタンルピーをイランリアルに両替する旅行者の立場は弱い。

それに対して、米ドルをイランリアルに両替するレートは良かった。
パキスタン側の国境では、1米ドルは8800リアル。

なんとクエッタの8000リアルよりも10パーセントもいいレートだ。
ハンガリー人の若者の話では、イラン国内に入れば、1ドルは9千リアルを超すという。
だからハンガリー人は、ここでは両替しないと考えている。
僕はとても慎重なので、また20ドル程度両替したと思う。

なにしろ、イラン国内の物価がさっぱりわからないからね。
パキスタン時間で午前8時半になり、パキスタンからイランへの国境が開いた。
つまり、イランの国境は、イラン時間で午前7時に開いたわけだ。
早速人が動き出すかと思ったら、国境へ進んだのは、ハンガリー人の若者2人と僕の3人だけだ。

僕たちは、まずパキスタンのタフタンの出国審査を受けるが、出国審査は簡単に済んだ。
続いて、パキスタンの向かい側の建物に入る。

これがイランのミールジャーベ(MIRJAVE)の入国審査だ。
パスポートを見せると、VISAをコンピューターでチェックする。

続いて、税関検査だ。
バックパックもデイパックも完全にひっくり返すような、隅々までの検査。

何も問題にならないと思っていたら、クエッタで買ったニューズウィークの広告ページにあった水着女性の写真を発見された。
そして、あっさりと手で引きちぎられたよ。

水着広告を切られたニューズウィークは戻してくれたけどね。
ハンガリー人の2人と僕の3人があっさりとイラン入国をして、外へ出る。

しかしそこには、何にもなかった(涙)。
国境を越えれば、そこに必ずいるものは、両替商とマイクロバス。

それが共に見えない。
国境からは舗装された道路が、次の町ザヘダン(ZAHEDAN)へと通じている。

問題は、バスがないってことだ。
交通手段がないなんて、ありえないけどね…。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD