ノルブリンカ(NORBULINGKA)を見て、チベット人街をうろつき、絵はがきに宛先を19枚書く@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)

【これは、ポタラ宮】
成都からラサについた日(1999/07/25)は、ホテルをキレーホテルに決めて、だいたいは高山病で寝ていた。
翌日は、名目だけのツアーで、午前中にポタラ宮へ行っただけで、ツアーは解散。
ポタラ宮は、ラサのチベット人街からも歩いていける距離なので、ツアーに参加する意味もなかった。
僕はその日の午後に、バスターミナルへ歩いて、ゴルムドへの寝台バスのことを調べた。
27日の午前中に「デプン寺」へ行ったときは、ラサ市街からちょっと遠かったので、ツアーに参加した意味があったかも。
とはいっても、自分でバスに乗って行けますが。
最初はデプン寺とセラ寺へ行く約束だったが、「デプン寺を見たらセラ寺も一緒!」と、切り上げられてしまった。
僕はそのあと、個人でバスに乗って、セラ寺へ一人で行ったけれど、一人の方が落ち着いていて、感動が深かったです。
このツアー自体が、ラサツアーを成立させるための口実として、設定されているだけ。
気の利いた人は、個人でラサ観光をするもの。
ところが日本人は、義理堅く、最後までツアーに参加するんだよ(ツアー参加者は最後は日本人だけになってました)。
入場料は、ツアーでも自分でいちいち払わなければならないので、バスの運賃くらいしか助からないんだが。
確かに他の日本人がいるので、話し相手は見つかるけどね。
それに、日本人同士だと、なにかと安心です。
実は、この日は、一度は完全に治ったと思った、高山病みたいな症状が少し出た。
一緒のツアーに参加している美術教師さんが、心配して、ミネラルウォーターをくれた。
僕もセコイ日本人なので、最後までツアーに参加してました。
僕は世界旅行者として、「ラサツアーってどういうものなのか」を知りたかったんだ。
海外個人旅行では、すべて自分で体験してないと、ダメなんだよ。
ラサツアーのことを語りたいなら、ラサツアーに自分で参加してないとね。
安ライターがいくら聞き書きと想像とウソにまみれたことを書いてもダメ。
海外個人旅行では、自分で体験したことだけに価値があるんだからね。
3日目は、午前中にデプン寺を見て、昼の食事のための休みがあって、午後は「ノルブリンカ」へ行く。
この意味は、「ツアーには昼食が含まれていない」「参加者は、どんどんツアーを離れてくれて結構です」という意味ね。
ほとんどの読者は「ノルブリンカ」なんて言葉、聞くのは、初めてだろう。
僕も、行ったんだけれど名前を覚えてなくて、いま調べて、確認して、書いている。
これは、「ダライラマの夏の離宮(Summer Palace)」らしい。
気持ちのいい公園になってました。
入場料が25元。
建物の中を見たような気がするが、たいしたものでもないので、忘れてしまった。
このあと、ツアー定番のお土産屋さんに寄って、バスでチベット人街にあるホテルまで戻って、ツアー終了。
一応名目通りに、ツアーは存在したわけだが、ガイドもいなかったし、説明も聞かなかった。
ツアーが終わって、チベット人街を歩いていると、急に雹が降ってきてビックリ。
先日5千円を350元に替えてあげた男と、またばったりと会った。
彼は、ラサからカトマンドゥへツアーで抜けるということなので、興味を持って、聞いてみた。
彼のツアーは、1150元(約1万7千円)、7日間かけて、カトマンドゥへ行く。
カトマンドゥからは、バンコクへ飛んで、そこから上海へ飛び、大阪へ戻ると言う。
なんかごちゃごちゃした面倒くさいルートだと思ったが、それは言わなかった。
本当は今朝7時に出発予定だったが、参加者の一人が病気で倒れ、その友人も不参加になった。
それで、ツアーが出発できなかったとか。
車はトヨタのランドクルーザーで、客は6人乗れるらしい。
ただ、2人が不参加になったら、客を集めるのが大変だろうね。
ネパールとの国境でビザは取れる(14元)。
ラサからカトマンドゥの定番コースは、シガツェで一泊するのだそうだ。
この情報は、彼から聞いたことを僕の旅行ノートにメモしてあるものを、そのまま書き写しているだけ。
1999年7月27日の話なので、最新情報は、ご自分で調べてください。
高山病から完全に回復しているわけではないので、ミネラルウォーターを5本買った。
1本は、隣の部屋の美術教師の部屋の前に置いた(昼間のツアーで、水をくれたので)。
TASHIUレストランで、夕食を取る。
このレストランは、おいしいと聞いていたが、かなりまずかった。
レストランで、絵はがきの宛先だけ19枚書きました。
絵はがきの本文は、郵便局で投函する前に書いた方がいい。
一応ツアーで、ポタラ宮、デプン寺、ノルブリンカへ行った。
ツアーは、終わってしまった。
しかしジョカン寺(大昭寺)へは入ってない。
それと、ゴルムドへのバスの実態を、もっと調べてみたい。
いやはや、やることを無理に捜せば、結構あるものだ。
別にどうでもいいことなんだけどね。
でも、明日やることがあるというのは、わるいことではありません。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx