敦煌夜市で、大いに飲んで食って、一人32元。@敦煌/甘粛省/中国

【敦煌夜市のテーブルセッティング】
鳴沙山と月牙泉を見て、帰りのマイクロバスが出発するのが、午後9時30分と言われていた。。
何事にも慎重な(旅先ではどんな、とんでもないことでもおきると考えている)僕は9時15分には、バスがある駐車場へ戻った。
しかし誰も戻ってこない。
僕のメモには「ちょうどこのころ、暗くなり出した」と書いてある。
ネットで検索すると、午後9時ごろが日没時間になっている。
僕がバスに戻った午後9時15分だと、まだ残照が少し残っていたのでしょう。
この時は心細かったね。
というのが、僕たちが乗ってきたバスがどれだかわからなかったから。
旅先ではよく似たバスが並んでて、自分の乗るバスがどれだか、区別できないことがあるんだよ。
有名なのでは、アメリカのグレイハウンドバス。
同じ色のバスが駐車場にずらりと並ぶので、自分のバスが区別できない
もちろん、バスには(ナンバープレート以外に)番号が付いているので、それを控えておけば、大丈夫なんだけどね。
バスが区別できないまま、置き去りにされた日本人旅行者は多い。
鳴沙山の駐車場では、そんなにバスが多くなかったし、ツアー仲間が戻ってきたら、なんとなく乗り込んだけどね♪
だから、慎重な人は、とにかく乗るバスの番号を控えるのを習慣にするのがいいだろう。
僕も北米、南米を旅していたときは、バスの番号を控えていた。
いまは、アジア横断だから、そこまで意識してはいなかった。
それから、駐車場で待ってたときに、暗くなってしまったので、とにかく懐中電灯は常に持っていた方が安全です。
さて、敦煌の町に戻って、飛天賓館前でツアーは解散。
僕とエリートサラリーマン2人は、明日の午前中に、敦煌観光の真の目的「莫高窟」に行く予定。
彼らは、莫高窟を見た後に、そのまま夜行寝台列車でトルファンへ行く計画。
それとも、ウルムチまでの移動だったかもしれない。
彼らはそれぞれ別の、日本の一流大企業に勤めているので、帰国の日付は厳守だ。
ウルムチへ移動して、北京へ飛んで、日本に戻る計画だったかもしれない。
とにかく、僕たちは今日知り合って、明日にはお別れだ。
彼らの提案で、一緒に「敦煌夜市(Night Market)」へ行って、食事をすることになった。
行ったのは、午後10時ごろだったが、もともと(何度も言うが北京時間なので)日暮れが午後9時。
だから、敦煌の夜10時というのは、まだ夜市が始まったばかりで、客も集まっていなかった。
ここで食事をするつもりだが、テーブルセッティングが変わっていた。
写真でわかるように、テーブルが一つあって、椅子が6つある。
お店の人がテーブルに着いていて、その6人にサービスするシステムだ。
僕は、「客が食い逃げしないように見張ってるんだろうなー」と思ったが、それが正しいかどうか、わかりません。
同じような形式のテーブルがずらりと並んでいた。
ビールなどは、お店のお姉さんが注いでくれて、食べ物も持ってきてくれる。
彼ら2人とは、今日の昼過ぎに、敦煌故城で、コスプレをして仲良くなった。
あとは白馬塔で値切ったり、いっしょに鳴沙山に登り月牙泉を見た
その上、観光地にツッコミを入れていた。
というのが、僕も2人も、関西の大学を出ているので、観光地も素直に感心したりはしない。
何でもかんでも欠点を見つけては、ツッコンでいたんだ。
つまり、楽しめたってことね。

【日本の一流企業に勤めている2人なので、顔写真は出さない方がいいでしょう】
その流れで、夜市に来たので、食べ物にもこの接客システムにも、ツッコミを入れてました。
中国語を話す人がいるので、初めてのシステムの飲み屋でも緊張することもなく、好きなものが注文できて、お気楽に楽しめました。
旅先では、知り合った人と夕食をともにして、ワーッと盛り上がるのがいい。
彼らとは、明日の午前中の一緒で、莫高窟へ行くことになっている。
彼らは、莫高窟を見た後、鉄道でトルファンかウルムチへ向かう予定。
その切符は、明日旅行会社でもらえる手配は済ませている。
僕は、明日莫高窟を見て、明後日に夜行寝台列車でトルファンへ行く。
だから、今日が彼らとの、最後の夜になるわけだ。
僕の旅行ノートを見ると、豚の頭、幅広麺のヤキソバ、イスラム串焼きなどを食べたようだね。
もちろんビールをたくさん飲んだわけで、それでもワリカンにして一人頭32元(480円)だった。
相手が学生さんだったら、僕がドーンと(3人で千元、つまり1500円)おごってもよかった。
しかし、彼らは日本の大企業の社員なのだから、ワリカンにするのがいいでしょう。
敦煌の外人向けレストランと違って、ここの食事はおいしかった。
旅先で知り合った人と、夕食を取り、ビールを飲むのは、楽しいね♪
明日は、敦煌へ来た第一の目的、莫高窟へ行く。
トルファン行きの切符も手配してあるし、何の心配もない。
でもね、「何の心配もない」と思うのが大間違いだった。
とんでもないことが起きて、バタバタするっことになる。

でも旅のトラブルなんて、たいしたことではない。
人生のトラブルが、ずっと深刻だ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx