遺跡のしょぼさに怒ったイタリア人の若者は、優しいウイグル人から、入場料を取り戻す@アスターナ古墳群/トルファン1日ツアー/中国

【アスターナ古墳群のミイラ】
敦煌の鉄道駅・龍園から夜行列車に乗り込んで、翌朝、トルファンへ到着。
その日に、緑洲賓館(オアシスホテル)のCITS(中国国際旅行社)で、トルファン一日ツアーに申し込む。
翌日の8月7日朝、ツアーが出発。
このツアーには、日本人は僕と、大学生の女の子が3人いた。
他は全部、白人だ。
まず、蘇公塔ベゼクリク千仏洞高昌故城と見て、次はアスターナ古墳群。
日本人が古墳といって期待するのは、お墓があって、そのうえに土を盛ったりしてあるものを、予想するだろう。
ところが、アスターナ古墳群では、盛り上がってなくて、地面は平らだった。
一見すると、ただの平らな荒地。
工事の始まる前の、工事現場という印象。
一応順路があって、古墳の中に入れる。
ただ、外から見たら、「なんだこりゃ…」と感じるものだ。
この入場料が、20元(300円)。
直前に見た高昌故城は、巨大な都市遺跡だった。
世界史を学んでいれば、高昌国は知っているし、滅びた国を思って、感動する。
その高昌故城の入場料が、同じ20元(300円)。
これは誰だって、入場料の設定がおかしいと思う。
僕の印象では、せいぜい5元が適当だ。
しかし、入場料を払ってしまったのだから、料金分を取り戻そうと、気力を奮い起こして、見て歩いた。
僕の旅行ノートには、「地下墓3個(ミイラ2体、鳥の絵、死者の絵)」とメモしてある。
ただ、記憶に残っているのは、ミイラを見たってことだけだ。
他の壁画は、特に保存状態がいいわけでもなく、全く覚えていない。
トルファンのミイラを見るのに、300円かかったわけだ。
うーん。
僕も、「えっ、これだけなの…」と、思ったが、日本人は何事も諦めるのが習慣になっているおとなしい民族だ。
僕は、「デパートで、『西域の謎のミイラ展』とか大げさな名前をつけて、いろんな資料をくっつければ、入場料が千円するかも」と、正当化する。
欧米人もみんな、これはハズレだと感じているのが、表情からわかる。
みんな、サッと見て歩いて、バスのところに戻ってきた。
こんなところはとっとと出て別の場所へ移動したい、という共通認識が、無言の中に漂う。
ところが同じツアーに参加していたイタリア人の痩せた若者は、違っていた。
彼は、大声で文句を言い出した。
「こんなところで20元はボッタクリだ!」と、訛りのある英語でウィグル人ガイドに食ってかかる。
それは誰でも感じたことなのだが、遺跡を見た後で、入場料を返せは無理だろう。
悪い記憶は、なかったものと消してしまうのが賢い。
しかし、イタリア人は、諦めない。
大声で文句を言い続ける。
雰囲気的に、人格がなんとなく危ない感じがする。
なるべく関わりあいたくないのは、ウィグル人も日本人も他の欧米人も同じだ。
下手に口出しをしたら、こちらが危ないかも。
他の参加者は彼の怒りが収まるのを静かに待っていた。
天気もよくて、遺跡の周囲に立つポプラが風に揺れて、きれいだったなー。
辺りも静かで、イタリア人の声だけが、場違いに大きく響く。
結局このイタリア人は、入場料の20元を取り戻してしまったよ。
遺跡の切符を売ってたのが、おとなしそうなウィグル人だったからかな。
僕は「この根性は素晴らしい、見習わないといけないなー」と思った。
他の白人は「Waste of Time!」と言葉を吐き捨てていた。
「ひどいものを見た」というのが旅の話では一番ウケるので、古墳を見るのはわるいことではない。
でも、20元は高すぎる、
いまはもっと安くなってるかもしれません。
遺跡の入場料を上げすぎて、客が来なくて、下げたという話はよくあるんだよ。
【旅行哲学】ひどいものを見せられたという話が一番ウケる、それが海外個人旅行。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD