『写真を取りあって、まず旅行者の中に、知り合いを作る』@燕京号/神戸/日本


【燕京号に乗る直前に、写真を取ってもらった@神戸】

世の中には、ほんの少しのわずかな旅行経験をネタに、なんでもかんでも知っていると勘違いする人がいる。
ほとんど旅行経験がないのに、他人に旅行テクニックを教えたり、行ったこともない国への旅について説教をする人たちもいる。

これを「世界旅行者協会」では「馬鹿」と名付けているが、世間では「勘違い」と称する。
しかし、何事にも経験の少ない、中途半端な旅行愛好者諸君の間では「旅行通」「旅行ベテラン」と呼ばれているようだ。

しかし、本当の本物というものは、自分の経験をもとに、つまらない説教なんかしたりしないものだと、ここではっきりと、説教しておこう

さて、僕には世界百カ国以上を個人旅行した膨大な旅行経験がある。
中国へは10年以上前に、広州へ数日入ったことがあるだけだが、香港へは旅の途中で何回も寄ったことがある。

でも、中国の現在の旅行については、僕にはさっぱりわからない
中国の交通機関は簡単に使えるのか、ホテルはどの程度のものがあるのか、物価はどのくらいなのか、全く知識がない。

まあ、これだけ正直に告白できるから、世界中の人が僕を「世界旅行者」と呼んで尊敬するのだろうね。
わからないことは、もちろん調べればいい。

が、旅行の一番の問題点であり、それだからこそ面白いのは、旅行については「いくら調べてもわからない」ことなんだね。
だから、海外旅行について、ガイドブックや旅行記を読んで、資料を山のように集めて勉強しても、無意味だ。

確かに、現地に行って比較しながら読めば、本や資料の、その半分くらいは正しいとわかる。
しかし、半分は間違っているので、本だけではなにもわからない。

わかるのは、書いてあることは「正しいかもしれないし、正しくないかもしれない」ということだけ。
その上に、現地の状況はどんどん変化していく。

なにも確実なことがない。
旅先のことは、旅に出なければわからない。

そこで、旅行者は、その場その場で旅行情報を集めながら、それに対して、次々に自分なりの判断を下して、それに基づいて、行動してゆく。
またその行動を評価して、さらに別の行動をとることを決断する。

そのなかで、思いがけない場所に行くことになったり、人と知り合ったり、わけのわからない目にあったりする。
そしてそれは、必ずしも楽しいこと、気持ちいいこと、うれしいことだけではない

これこそが旅行の本質なのだ。
だからこそ、ある人が旅行を計画して、その計画の通りに無事に旅行できたとしても、それは本質的には、旅行ではないんだね。

ということは、「旅行情報は、ないほうがいい」ということだよ。

そこで、僕はどれも信頼できないので有名な日本語のガイドブック類は持たない。
ロンリープラネットの英語版ガイドブック(Lonely Planet 'China' 6th edition)を、新宿紀伊国屋書店で買っていった。

この本は、地図が信頼できるのと、旅先でどうしても読んでしまうので、英語の勉強になるからだ。
特に、内容に信頼を置いているからではないんだよね。 

さて、ノストラダムスが予告した人類破滅の7月が本格的に始まった7月16日の朝になる。
この日、僕は朝一番の新幹線で東京から新神戸へ、そこから市営地下鉄、ポートライナーと乗り換えて、港に着いた。

ちょうど燕京号のチェックインが始まったところだった。
すぐにチェックインを済ませると、大きな待合室をぐるりんこと見回してみる。

うーん、里帰りらしい中国人、とくに家族連れが多いね。
それから、大きなバックパックをもった個人旅行者も、ちらほらいるが、それほど目立たない。

待合室が大きいので、わざわざ近寄って話し掛ける理由もない(待合室が狭くて隣同士に座っていれば話し掛けるのが楽だが)。
まあ、二泊三日の船旅だから、焦ることはない。

乗船が始まって、パスポートにイミグレーションで「神戸」の出国スタンプをもらう。
また、いい自慢のネタができた。

パスポートに、船旅を示す神戸とか下関(僕の世界一周旅行の最後は韓国の釜山から下関へのフェリーで帰ってきた)とかのスタンプがないようでは、旅行者としてはまだまだだ。
自慢しまくってやろーっと。 

船に乗り込む直前に、外から燕京号の写真を撮ろうと思い付く。
しかし船の写真を撮っても、僕が写り込んでないと、写真としての意味がないね。

だって、今回、わざわざカメラを持ってきているのは、僕が確かに旅行をしたという証明のためなのだから。
小型の割にずしりと重いチタン合金製、愛用のCONTAX-T2を取り出して、写真を撮ってくれそうな人を探す。

人はどんどん通り過ぎるが、写真を撮るように頼むには、ちょっと不足だ。
というのは、変な人間に頼むと、わざとピンぼけの写真を撮られたり、ねらって方向をずらされたりする。

それに、フォーカスロックのやり方がわからないと、いつも僕が中心に写る、退屈な写真になる。
とすると、カメラを使い慣れた日本人で、しかも信頼できそうな人間…。

しかし、そんなやつは、通らないな…。

諦めかけた時、ジーンズにシャツの、バックパックを背負った、ちょっとボーイッシュな女の子が通りかかった。
この感じは日本人だと思う。

そこで、話し掛けて、僕の写真を、燕京号をバックにして、船尾にある燕京号の名前が写り込むようにして、写真を取ってもらった。
僕も彼女の写真を撮ってあげた。

さて、これでアジア横断旅行の、第一歩が始まったというわけだ。
「燕京号に乗る前の世界旅行者」という写真が撮れた♪

しかし、実は、写真を取ることだけが目的ではない。
一緒の船に乗って中国へ行く、旅行者と知り合ったことが大切なのだ。

しかも、知り合ったのは、若い日本女性。
女の子と知り合えば、その女の子を通して、別の女の子とも知り合える。

女の子のまわりには、男性が集まるものだから、その男性の中から利用できそうな人間を選ぶこともできる。
つまり、写真を撮り合って、日本女性旅行者と知り合ったことで、他の旅行者とのパイプを作ったわけだね。

僕はこれから、超美人の有名女子大生と知り合って、二人きりでいっしょにチベットまで行くことになる。
その第一歩はこれだったんだね。

なぜ、お腹の出た、金もない、怪しげな中年男性が美人女子大生と二人で旅ができるのか、不思議に思う人もいるだろう。
しかし、このお話をじっくり読めば、君にも「ワリカンで美人女子大生との旅」ができるようになる(かもしれない)ので、期待してください。

僕の書くものは、ホントに役に立つなー!
これが、コバンザメ式旅行法の、まず第一歩だったのだ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx