敦煌故城で兵士のコスプレをする@敦煌/甘粛省/中国

【敦煌古城にて兵士のコスプレをする】
1999年8月3日、敦煌に着いて、シングル1泊80元のオリンピックホテルに泊まっている。
この時期(1999年)、敦煌でのすべてのバックパック旅行の中心は、バックパッカーが固まっている飛天賓館にあった。

飛天賓館(Feitian Hotel)のフロントに行って、「敦煌旅遊乗車1日遊票」30元を買う。
これで、敦煌の名所旧跡を見てまわることができるようだ(それぞれの名所の入場料は別払い)。

1日で見て回らなくても、午後と午前を別々にわけることも出来る。
午後2時に飛天賓館の前からマイクロバスが出る。

それならば、とにかく半日観光に行きましょう。
オリンピックホテルに今日の分の宿泊費80元を払う。

昼食を「Friendship Restaurant」で取ったが、ここのホイコーロー(回鍋肉)の豚肉が異常に硬い。
肉が食えず、キャベツだけをおなかに入れる。

2時まで時間を潰して、ホテル前に停車しているマイクロバスに乗る。
バスは満員だ。

【敦煌故城内の「地論天談」の額】
この敦煌ツアー午後の部は、まず最初に敦煌故城へ行った(入場料15元)。
「敦煌故城」とはいっても、歴史的には何の意味もない。

これは日中合作の大作映画「敦煌」のために作られた映画のセットだという。
それを、観光のために使っているのは、さすが中国。

金になるものは、絶対に捨てたりせず、骨までしゃぶりつくすわけだ。
なおこの映画セットは、いまでも、中国映画の撮影に使われているらしい。
敦煌故城に到着した時、ガイドさんが中国語で何か言った。
多分、敦煌故城での滞在時間、つまりバスの出発時間を知らせたのだと思う。
自慢ではないが、僕は中国語が全く理解できない。
こういうときには、まわりにいる人に聞けばいい。

僕は「何時に戻ってくればいいのかなー?」と、大きな日本語で言った。
すると、それに日本語で答えてくれる人がいた。

日本人の若者が、2人でこのツアーに参加しているようだ。
しかし一人は、中国人だった。
中国人とはいっても、日本語ぺらぺら。
2人は、関西の同じ有名大学の出身で、卒業後は別の、日本の一流企業に勤めている。
これは、いい人たちと知り合えた。

僕はこの2人に混じって、敦煌観光をすることに決めた。
こういう風に、旅先のその場その場で、一緒に動く人を見つけること。

これが海外個人旅行を楽しむコツなんだ。
ずーっと一人旅で、誰とも会話がないのでは、やはりさびしい。

だからといって、旅の始まりから帰国まで、誰かと一緒に過ごしたら、気を使いすぎて、自分の旅ではなくなってしまう。
ケンカもするし、友達関係も崩壊するのが普通だ。
まあ、恋人同士や夫婦の旅というものはあるけどね。
でもそういう旅では、旅そのものよりも、男女の関係が中心になる。
だから、カップルの旅行では、旅の本当の楽しみは味わえない。
微妙な関係の恋人や夫婦が2人で旅に出て、それがきっかけで別れるのもよくある。
精神的に自立した大人になれば、夫婦での海外旅行はしなくなるものだ。
結婚相手がいても、一人旅をするようになる。
カップルで旅してたら、僕のように、優秀な2人の若者の間に入り込むことなんて不可能だからね。
とはいっても、僕はこの2人とべったり一緒にいたわけではなく、城の中を歩くのは別々だった。

城の中は、たいして見るものもない。
だって、もともとが映画のセットなんだから(笑)。
ただ、さすが映画のセットだけあって、昔の兵士のコスプレができるようになっていた。
もちろん僕は、そんなものに全く興味がない。

だから、1人でうろついていたら、コスプレをする気持ちも起こらなかっただろう。
ところが、衣装を貸し出すところの前で、ちょうど2人と出会ってしまった。

2人はやる気だ。
だから僕は、「写真でも取りましょうか?」と声をかけて、2人にいろんなポーズをさせて、写真を取る。
2人の写真を取っているうちに、「どうせなら、僕もやってみようかしらん」と思った。
これが、「自分とはタイプの違う人の影響を受ける」という旅先の出会いの面白さだ。

あわてて兵士のよろい(とても軽く出来てます)を身に着けて、写真を取ってもらいました。
でも全身をばっちりと決めたわけでもなく、ジーンズにTシャツが見える。
こんな写真、別にアルバムに収めていても仕方ない。
自分で見てもつまらないし、僕の海外旅行のアルバムなんて、誰も見てくれない(見せるような人もいない)。
でもインターネットで公開するには、適当で、いいんじゃないでしょうか(笑)。
こういうことをしていた時期もあったのだという証拠になるしね。
それに、今もやってるかどうかわからないし。
海外旅行では、状況はすぐに変化するので、兵士のコスプレも、やれるときにやっておいた方がいいかも。

【写真】敦煌故城で兵士のコスプレをする

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx