『人生の目的を考えるのはやめよう!』


【燕京号は天津港に近づいていく】

海を見ようと、船のデッキに上る。
昨夜寝ているうちに関門海峡を出て東シナ海に入っているはずだから、もう、日本を完全に離れた。

当然、船の近くに陸地はないはず、と思っていたが、なにか低い丘のようなものが、けむったように、船の側面に、途切れ途切れに見える。
こんなところに、島があるとは思えないが、ふと、自分が本当に東シナ海にいるのかどうか、不確かな、不思議な気持ちになる。

歩いていると、甲板にたくさんのトンボが落ちて、死んでいるのを見つけた。
昨夜、どこかの陸地から、飛んできて、船にたどり着いて、命を終えたのだろう。

このトンボは、何を目指していたのだろう。

海の向こうに、どこか見知らぬ陸地があると思って飛んできたのだろうか。
それとも、ただ風に乗って流されているうちに、船に着いたのだけなのか。

船まで来ずに、海に落ちたトンボもたくさんいたのだろう。
船まで来なかったトンボは幸せだったのか、幸せでなかったのか。 

僕は船に乗って、中国大陸に向かっている。
でも、ほんとうにそうなのだろうか?

この船は、どこかにたどりつくことがあるのだろうか。

自分が自分であるということさえも、ふいに、不確かに思える。
自分とはなんだろう、そして、生きているとは、どういうことなのだろう。

僕は旅を始めたが、旅とは、そもそも、どういうことなのだろうか。
ひとはなぜ、旅に出るのだろう。

日常からの逃避か。
もしそうだとしても、そもそも、日常とはどういうものだろう。

そもそも、人が生きているとは、どういうことなのだろう。
そして、人生に目的は、あるのだろうか?

……… 

あーっ、頭が痛くなってきた。

考えるのはやめようっ!

 

僕は、同じことを考えていると、すぐに飽きてしまう。
飽きちゃった。

別のことを考えよう。

そうだ、セックスのことを考えよう! 

セックスは、なぜキモチイイのだろう。

答えは簡単。
キモチよくないと、誰もセックスをせず、子孫が残せず、人類が滅びてしまうからだ。

人生を考えると難しいが、セックスを考えると、簡単に答えが出る。
物事を考えるコツは、答えが簡単なものを選ぶことなんだ。 

だから、人生の目的などという、大げさなことを考えてもしかたがない。
旅ではその日一日のことを考えればいい。

旅先での一日のことは、その日が過ぎればすべて解決していく。
そしてまた、次の一日のことを考えればいい。

人生を考えても、頭が痛くなるだけで、何の役にも立たない。
考えているうちに、どうせ死んでしまうんだから(「旅行哲学」より)。  

こういうことを考えて無駄に時間をつぶしているうちに、船は進み、三日目の昼、燕京号は無事に天津の港へと入った。
(おいおい、突然天津かよ。だって、この調子で書いていったら、ラサに着くまで一年かかっちゃうもの)。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx