莫高窟の特別窟ほど恐ろしく金を取られるところはない@敦煌/中国


【莫高窟(Mogao Caves)/内部の写真は撮れません】

1999年8月3日、飛天賓館で、「敦煌旅遊乗車1日遊票」を購入した(30元)。
その切符の午後の部分を使って、「敦煌故城」(入場料15元)、白馬塔鳴沙山(30元)を観光した。
8月4日の今日は、切符の午前の部分を使って、莫高窟へ行く。
日本人にとっては、敦煌といえば莫高窟。
時間がない場合は、莫高窟だけを見る人も多いだろう。
今日の莫高窟が、敦煌の白眉だ。
泊まっている「五輪賓館」に今日の宿代80元を払う。
バックパッカーの原則として、宿代は泊まることが確実になった日に、一日分ずつ払う。
数日泊まる予定でも、最初は一日だけしか払ってはいけない。
最初に金をまとめて払ってしまうと、部屋が悪かったときに、文句を聞いてもらえないからだ。
それに、旅先ではどんな出会いがあるかわからない。
ものすごく気が合う、女性の旅行者と出会ったら、女性の部屋に泊まってもいい。
僕が天津から北京へ移動したとき、マイクロバスで知り合った、チェコ美人から国際飯店に泊まらないかと誘われた
その時は決断できなかったが、長い旅をしていると、いろいろなことがあるものだ。
宿代を払ってなければ、一緒の部屋に泊まる立派な理由があることになる。
バックパッカーは節約が基本なので、「一緒に泊まろうよ」と言っても、ちっとも変ではない。
僕は朝に今日の宿泊費を払ってしまった。
もし気の合う美女と出会ったときは、一日分の部屋代なんか、捨てたっていい(笑)。
莫高窟へ行くマイクロバスは、昨日と同じ飛天賓館前から出発だ。
昨日一緒に敦煌夜市で飲んだ2人もバスに乗っているが、一緒に鳴沙山に登った日本女性2人はいない。
日本人観光客は、僕たちのグループ3人だけだった。
バスは午前8時半に出発して、午前9時に莫高窟へ到着。
入場料が50元だが、僕たち3人は、日本人のツアー客と一緒に回るように言われた。
日本人ツアー客には、日本語ガイドが付くので、通訳料が一人20元。
莫高窟の内部は写真に撮れないので、カメラなどの荷物は預けると、預り賃が2元。
窟の内部を見るのに、懐中電灯を借りると別に料金がかかったが、僕は自分のマグライトを持っているので不要。

【莫高窟に入る前に有名人の肖像画が並んでいる/莫高窟内部の写真は撮れません】
莫高窟とは敦煌郊外の断崖の壁面にたくさんの穴ポコ(部屋)があって、その中に壁画や仏像などがあるというだけ。
観光客は、その窟の中に入っていって、ほとんど破壊されたものを見て歩くだけ。
普通の観光客が見ても、「ふーん」「へー」としか思わない。
僕たちのようなただの観光客にとっては、ただ、「莫高窟へ行った」というだけが問題だ。
莫高窟の入場料を払うと、適当にあちこち見学できる(入り口でカメラなどは預けるので莫高窟の内部写真は撮れないよ)。
ところが、お金に厳しい中国人は「もっと儲かる方法はないか」と考えたらしい。
頭のいい人が、「特別窟」というものを作って、それを見るのに特別料金を取り出したようだ。
日本人団体の日本語ガイドさんのあとを付いて、ぞろぞろと歩く。
すると、「次は57番特別窟でーす。この間NHKで放送されましたよ!」と期待を持たせられて狭い部屋に入る。
ただ、人が多くて、ま、日本のデパート主催の展覧会みたいな雰囲気だ。
なにがどこにあって、どれが貴重なものかさっぱりわからない。
僕ら3人がボーっと眺めていると、「この中に特別窟料金を払ってない人が3人います!」と注意されて、追い出されてしまった。
何しろこの特別窟の見学料金が一つで60元(9百円)から200元(3千円)もする。
見学時間はホンの数分だから、完全なボッタクリだ!
とはいっても、わざわざ敦煌までやってきた高年齢の参加者は、せっかくだからと、言われるままに次々に特別窟を見て、何万円も使う人も多いようだ。
(最近では特別窟6個で850元(1万3千円)!というモノも出ているとか。セット割引かな…)


【莫高窟の外側からの写真/フェンスの外からなら写真が取れる】

気分を悪くして、日本人ツアーから離れて、適当にうろうろしたら、無料で見学できる巨大大仏を発見したので、満足だ。
正直な話、窟の内部を見たところで、金を損するだけだ。
それに、通訳とはいっても、「次は、何番窟でーす」と言うだけなので、何の役にも立たない。
案内人のあとに着いて、引きずり回されるだけだ。
僕たちは、特別窟から追い出されたのを幸いに、とっとと莫高窟から出ました。
外に出て、上品な中国美人のいる土産物屋を冷やかしたりして時間を潰したよ。
まあ、入場料だけで莫高窟をいくつか見られる。
一般人は特別窟なんかに手を出さない方がいいだろうね。
莫高窟を見終えたので、これで敦煌観光は終わり。
ツアーバスで敦煌の町へ戻り、3人で昼食を取る。
羊肉鍋(7元)を食べて、ビール(3元)を飲む。
暇潰しで、昼食のあと、2人が旅行社へ切符を取りにいくのに付き合う。
すると、今夜の切符が取れてないとのこと。
これがわかったのが、午後2時だ。
切符が取れていれば、ゆっくり出来たのだが、2人はタクシーで龍園駅へ行くと決断した。
一人は中国語が話せるし、龍園からトルファン、ウルムチへは列車の本数もあるらしい。
敦煌の玄関口龍園で降りる人も多いだろう。
まあ、2人なら何とかするだろう。
僕は2人が、タクシーに乗って敦煌を出るのを見送った。
そこでふとゾーッとした。
2人は、旅行社に頼んだ、今日の切符が取れなかった。
僕は旅行社に明日の切符を頼んでいる。
ひょっとしたら、僕の切符も危ないかもしれない。
としたら、旅行者がいま、やることは一つしかない。
僕はとにかく、ある事をしに、敦煌の町を歩き出しました。
【旅行哲学】普通の旅行者が莫高窟の特別窟を見ても豚に真珠である。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx