鳴沙山(Mingshashan)へ@敦煌/甘粛省/中国

【駐車場から鳴沙山へ歩くと、両側にはお土産屋の列が】
敦煌1日ツアーの午後の部は、敦煌故城、白馬塔、鳴沙山(Mingshashan/Singing Sand Mountains)の3つだった。
鳴沙山へ行く前に、確か休息があったと思う。

というのは、鳴沙山へ行った時は、かなり目立つ日本人のピチピチヤングギャルが2人参加していたから。
その前の敦煌故城へ行った時はいなかったはず。

いればもちろん記憶にあるはずだし…。
だって、彼女たちはタンクトップにショートパンツだったからね♪

午後6時、僕たちを乗せたマイクロバスは鳴沙山へと到着。
駐車場で乗客は解放される。

このあとは、勝手に見て歩くらしい。
午後9時半に駐車場へ集合するように指示されるだけ。
午後9時半だと、暗くなるんじゃないかと考えるだろうが、何度も書いている通り、中国は北京時間で動いている。
だから、敦煌だと、夏は午後9時半でも観光できるんだ。

鳴沙山の説明も全くない。
まあ、1日ツアーで送り迎えしてくれて30元なのだから仕方ない。

鳴沙山の入り口手前には、ながーい土産物屋の列があった。
京都に長くいた僕の記憶では、どこか懐かしい気がする。

なんとなく、土産物屋の風景は日本的だったね。
ただ、夏の休暇の時期だというのに、土産物屋はほとんど客がいなくてガラガラだったのが、気になった。

鳴沙山の入場料は、もちろんツアー代金(30元)とは別に、さらに30元。
30元というと安いようだが、一元は15円見当なので、450円だ。

これはもちろん外国人料金だが、結構高いと思うよ。
だって、ドミ(共同部屋)だったら、一泊できるからね。

でも、お土産屋の列を通って、鳴沙山へ到着。
ここは結局、砂漠が町に迫ってる興味深い場所ってことなんだろう。

正面には高い砂丘がある。
これが多分、鳴沙山。

足元は細かな砂だし、歩いていくのは大変だ。
高年齢の観光客はとてもとても、砂丘まで移動できないだろう。

【鳴沙山に入ると、そこには観光客向けのラクダの大群が】
しかし、何につけても金儲けを考えるのが中国人。
入り口を過ぎたところに、ラクダの大集団が待っていた。

僕たちのグループは、基本バックパッカーだから、もちろん歩いてゆく。
ただ、別の日本人ツアーがドドッとやってきたらしく、ラクダの列が僕たちを追い抜いていった。

ちなみにツアーがラクダに乗るときは、ラクダをつないで、一列になって進む。
これでは趣がないが、大量の観光客を一度に処理するにはいい考えだ。

考えてみると、ラクダに乗るというのは、なかなか興味深い経験だろう。
人の一生の中で頻繁にあることではない。

ラクダで有名なところでは、エジプトのギザのピラミッドかな。
しかし、ギザのピラミッドでは、うっかりラクダに乗ると、ボッタクラレルことになっている。

そういう意味では、鳴沙山でラクダに乗るのは、旅行好きとしてはいいだろうね。
ちなみに、ゾウに乗るのは、タイのアユタヤが簡単でいいと思います。

【鳴沙山へ歩く途中に貯水池があった】
僕たちは貯水池のようなものの横を通って、ズンズンズンと鳴沙山の砂丘に近づいていきました。
高い砂丘だ。

その上に登っている人もいる。
でも、僕はもう歳なので、登る気持ちは全くない。

【旅行哲学】人生は一度だけ、だったら鳴沙山の砂丘に登るべきではないか。でも疲れるし。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx