敦煌の中国銀行で再会したぴちぴちヤングギャルと、ビールを飲みながら3時間話をして、40元@敦煌/中国


【莫高窟(Mogao Caves)/内部の写真は撮れません】

1999年8月2日、ゴルムドからの昼間の12時間のバスで、敦煌へ着いた。
五輪賓館へ泊まり、翌日(1999/08/03)は、「敦煌故城」(入場料15元)、白馬塔鳴沙山(30元)を観光した。
8月4日の午前中は、莫高窟を見学したが、印象としては、「金がぼったっくられる場所だなー(涙)」というだけ。
今日敦煌を出る旅人2人と昼食を取って、彼らが旅行社に頼んでいた切符をもらいに行く。
ところがここで事件が起きた。
彼らが頼んでいた、今日の列車の切符が取れない、というんだ。
日本の一流会社員なので、帰国できなければ大変なことになる。
彼らは、決断して、龍園駅へタクシーで行ってしまった。
僕は、「中国の旅行社は頼りにならないなー(笑)」というネタができたのでうれしかった。
しかし考えてみれば、僕も同じように、明日の龍園駅からトルファンへの夜行寝台車の切符を、西域賓館の旅行社で手配しているんだ。
ひょっとして僕の切符も手配できてない可能性がある。
その場合は、どうしたらいいだろう。
エリートサラリーマンの2人とは違って、世界旅行者には旅の期限はなく、別に明日の列車に乗れなくてもチットモかまわない。
問題なのは、敦煌の主な観光地は見てしまったという点かな。
敦煌の周囲にはまだ、「玉門関」とか「陽関」などの遺跡があるようだ。
僕は高校で漢文を学んでいたので、漢詩でよく出てきた地名。
ただ、どちらもタクシーチャーターして行かなければならない(お金がたっぷりかかる)。
時間潰しはできるだろうが、予定通り明日の夜行列車で移動するのがいいだろう。
万が一、鉄道で行けなければ、バス移動もいいけどね。
敦煌からトルファンへ行く途中に、「ハミ(哈密)」という町もある。
ここを経由してもトルファンへはいける。
そちらの方が、敦煌周辺の遺跡を見るより、面白いかも。
まあ、旅では時間と金があれば、すべて何とでもなる。
そこで僕は、まず、両替に行った。
敦煌の中国銀行へ行って、手持ちの日本円の現金2万4千円を、1680.24元にする(1元は14.3円換算)。
海外旅行では、とにかく現地通貨さえ持っていれば、どんなことがあっても、びくともするものではないからね(笑)。
その中国銀行の両替窓口で、日本の若い女の子が2人、やはり両替していた。
顔に見覚えはないが、なんとなく知り合いのような気がする。
ショートパンツにTシャツの身体を、嘗め回すようにじっくりと見る。
すると、お尻に見覚えがある。
そうだ、昨日鳴沙山に登ったとき、僕の目の前にあったお尻だ。
お尻を知っているってことは、すでに知り合い(尻合い)だ(ベタな話で申し訳ありません)。
すぐに声をかける。
「昨日一緒に鳴沙山に登った人でしょ?」「今日は、莫高窟へ行ったんだけど、いなかったね」程度だ。
僕はバルセロナでスペイン語学校に通っていたし、スペイン語を使って中南米を旅行していたので、気質はラテン系だ。
「今日、キミたちに会えなくて寂しかったー」とか、「神様がここで会わせてくれたんだね」程度は、特に意識せずとも、自動的に言葉が出て来る。
2人とも若い女の子で、好奇心があるし、なにしろ旅先での知り合いだから、話はカンタンに盛り上がった。
暇なようなので、屋外レストランに誘う。
そこで、ピーナツをつまみに、ビールを飲みだした。
中国のビールは、アルコール度数が3パーセント程度なので、いくら飲んでも、酔っ払わない。
バカ話をしながら、舌を滑らかにするには、ちょうどいい。
聞くと、2人とも、中国へ留学している学生さんだった、
年齢は21歳と、19歳。
名前も出身地も教えてもらって、控えてありますが、僕はそんなことは書きません。
彼女たちの話で面白かったのが、「ラサへ行くトラックでセクハラを受けた」って話かな。
それになんと、「ゴルムドの招待所で僕を見かけた」そうだ。
彼女たちは、ゴルムドからラサまでの闇バスを700元で乗った。
また、北京の留学生の間では、1万円は750元で両替しているとの話(1元=13円)。
これからシルクロードを旅して、トルファンのブドウ祭りを見て、北京の学校へ戻る予定だそうだ。
話は盛り上がるだけ盛り上がって、その他にも「日本人論」「日中関係論」「海外旅行論」「親子の関係はどうあるべきか」を語った。
「日本人論」「日中関係論」は、彼女たちの中国経験から、論じたもの。
「海外旅行論」は僕の専門で、「親子関係」は、彼女たちが親子関係で悩んだことがあるから。
もちろん僕お得意の「セックス論」も、若い女の子がキャッキャ喜ぶ程度に、話しました。
結局ビールの大瓶を6本飲んで(ほとんど僕が飲んだのですが)、3時間過ごして、40元(600円)。
僕は、なんと、全部自分で支払いました。
日本で、肌もあらわな、ぴちぴちヤングギャル2人と、3時間もビールを飲んだら、いくらかかるか、考えるだけでも恐ろしくなる。
でも、海外旅行中は、こんな楽しいことは(もっと楽しいことも)、よくあるんだよ。
それをもっと深く(ディープに)知りたい人は、僕の名著「大人の海外個人旅行」を読んでみたらいいでしょう。

女の子たちとあっさりさわやかに別れて、ホテルへ戻る。
そこへ旅行会社の隋さんがやってきて、僕の龍園からトルファンへの明日の切符が取れなかったと報告した。
それは僕は予期していたので、驚きはしない。
隋さんは、預っていた330元を戻しに来てくれたんだね。
五輪賓館での隋さんとの話が終わると、近くにいた日本人が、僕に話しかけてくる。
彼は、旅の途中で知り合った日本女性と一緒に旅をしているらしく、それを自慢したいようだった。
最初の日に入ったニコニコ食堂へ行くと、その時に会った日本人留学生が、話しかけてきた。
彼は明日ではなくて、明後日にトルファンへ向かうとか。
僕の旅行ノートには、「ふとった教師」と書いてある。
だから、ふとった教師とも話したのでしょう。
全く記憶にないが…。
いやはや、敦煌を出るという段階になって、いろんな人と知り合うね。
しかし、旅ではよくあるんだよ。
「ある町を出ると決めたら、いやに興味深い人と出会う」ものなんだよね。
結局、龍園からトルファンへの軟臥の切符は取れなかった。
バスでハミに行くことも考えられるが、バスはトイレが心配だ。
とにかく明日は、龍園駅へ行って、切符を取ることにトライしてみましょう。
でも、神の導きがあれば、なにも悩むことはない。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx