『世界旅行者は天安門広場の毛主席紀念堂で、毛沢東の保存遺体に造花を捧げる』@天安門広場/北京/中国

【毛主席紀念堂】
1999年7月22日。
この日の夜23時半には、成都行きの夜行寝台「T7次列車」に乗る。

その切符はがっちりと確保してある。
午後11時半に列車に乗るという意味、それは、まるまる1日北京で過ごすということ。

その時間をどう使うか、考えてみる。
燕京号で天津に着いて、北京観光してきた。
いままでに、天安門広場、故宮(紫禁城)、天壇公園、司馬台長城と観光している。
あと行くとしたら、大東亜戦争に興味を持って、膨大な戦争関連本を読んでいる僕はは、「マルコポーロブリッジ」を見に行くべきではないかな。

マルコポーロブリッジ(MARCO POLO BRIDGE)とは、1937年7月7日、日中戦争の開始となった「盧溝橋」のことだ。
正直、いま思えば、ただの北京観光ではなくて、個人で盧溝橋を見た方が意味があったかもしれない。

ただ、そのときは、また故宮へ行きたいと考えていた。
7月20日には、急いで故宮を南から北へ通り過ぎただけ、だったから。

1999年には、あちこちから僕の本を出す話があった。
アジア横断旅行そのものも、世界旅行者といいながら、アジア横断程度してないと話にならないと考えたからなんだ。

どうせ本を出すならば、自分の写真集のようなものにしたい。
だから、自分が世界各地にいる写真というのを撮りたかったんだ。

これはナイショだけどさ、正直言うと、日本人長期旅行者というのは、ほとんどがウソツキなんだよ(笑)。
ウソとハッタリで本を出し、旅の噂話とでっち上げで旅を語ること、それが日本人旅行者の実態だ(涙)。

僕は大人だから、他人がウソを言うのは別にかまわないが、僕は少なくとも正直な話を書きたい。
その証明のためにも、世界旅行者が世界中のあちこちにいる写真が必要だった。

北京といえば故宮なのだから、誰が見ても故宮にいるという写真がほしい。
僕は、20日に故宮を歩いた時、中国人に頼んで写真は撮ってもらっていた。

【故宮の中の世界旅行者の写真:でも、普通の人はここが故宮だとはわからない】
その写真は、背景がただの通りだ(映画ラストエンペラーで、皇帝溥儀が自転車で通った道だということだが、未確認)。
よほど故宮を知っている人でないと、これが故宮の中だとは気が付かないだろう。

それと、故宮の全景写真がない。
故宮の全景写真を撮ろうとすると、故宮の北側にある「景山公園」に登るしかないようだ。

だから僕は、成都への2泊3日の寝台車が出る前の昼間を、故宮の写真を撮ろうと考えたわけだね。
いつものように66番バスで前門へ。

【毛主席紀念堂へ中国人民の皆様の長い列が続く/建物は前門】
京華飯店で会った北京1か月滞在の男性によると「毛主席紀念堂は朝しかやってない」とのこと(要確認)。
とにかく毛主席紀念堂へ行く。

朝だというのに、ものすごい人の列だ。
これでは午後オープンしていたとしても、列に並んでいるうちに終了してしまうだろう。

だから、毛主席紀念堂へは、朝一番に行くことをオススメしておきます。
荷物を預ける列と、入場する列の二つがあって、どちらもメチャ長いんだよ。

京華飯店で会った北京通の旅行者から、「荷物は人民大会堂に預けた方が安い」という話は聞いていた。
でもこの人ごみでは、ちょっとした安さを求めて、あちこちへ移動しようなどという気持ちは全く起きない。

荷物を預ける列に25分並んだ。
カメラがあると、預けるだけで、10元払わさせられた(もちろん写真撮影禁止です)。

また、預けるデイパックに鍵をかけてはいけない。
さらに、並べなおして、毛主席紀念堂へ入るのに、さらに1時間かかった。

毛主席の保存遺体へ捧げる造花を買う(2元)。
パンフレットが1元。

毛沢東の保存された遺体を歩きながら見て、通り過ぎる。
特に感動もなかったね。

毛沢東は、反右派闘争、大躍進政策や文化大革命などで多くの中国人民、知識人を弾圧、殺害した。
現在では、中国の発展を阻害したのは毛沢東自身だ、というのが常識となっている。

毛沢東は、中国共産党の歴史そのものだ。
だから、中国共産党は、毛沢東を否定することが出来ない。

天安門に毛沢東の肖像画が、いまでもかかっている。

【毛沢東の肖像画がかかった天安門】
お土産の、様々な毛沢東グッズは、結構売れているようだ。
ということは、毛沢東が死んだあとは、中国経済に、純粋に貢献しているのかもしれないね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx