「緊急の支払いに現地通貨がなくて困っている旅行者を助ける」@ラサ/チベット

【ポタラ宮】
ラサの市内観光の一日目、昼過ぎにはポタラ宮見学が終わった。
そのあと、バスターミナルへ歩いて、ゴルムドへのバスを調べた。
ちゃんとした旅行代理店に任せて、手配が滞りなくされているなら、僕がわざわざラサのバスターミナルへ歩いて、いろいろ調べることもないだろう。
でもね、それでは旅としては、ちっとも面白くないんだよ、
本格的な個人旅行では、「自分で現地へ行って、自分で調べる」のが基本。
インターネットで最新情報を調べられると考える「情報弱者」もいるが、両替レートも、ホテル代も、各種料金も、常に変化する。
また、自分で歩いて、自分で人に聞いて調べることが、正直、楽しいんだよ。
調べているうちに、いろんな出来事が起きるし、変わった経験をした旅行者とも知り合えるわけだからね。
「Lonely Planet」のラサ地図を見ながら、バスターミナルまで歩く。
バスターミナルで、ゴルムドへの寝台バスの料金などを調べた
ラサの地図を買う(10元)。
2番バスに乗って、宿のあるチベット人街へ戻る。
一度道を歩いているので、バスに乗ってもどこを走っているのかイメージできて、不安がない。
新しい町を動くときは、とにかく最初に、自分の足で歩いておくこと。
僕はバンコクのホアランポーン鉄道駅からバックパッカー天国カオサン通りまで歩いたことが、何度もある。
これは、さすがに1時間程度かかったが、普通の人でも30分程度(2KM)なら、歩いた方がいい。
バスのルート悩んだり、地下鉄(MRT)やスカイトレインの乗り継ぎで頭を悩ませる暇があったら、歩いた方が早いよ。
東京でも、観光客なら、麻布十番から新橋程度の移動ならば、途中で芝公園、東京タワー、増上寺を見て歩いた方が気持ちいい。
町中が遺跡の宝庫と言われるローマだったら、テルミニ駅からバチカン市国は歩いた方が楽しいよ。
地下鉄駅がどこにでもすぐにみつかるパリは、歩いて回るのが基本だね。
他にも世界中の町を歩いた話がたくさんあります。
それは「世界旅行者みどりのくつしたの部屋」をじっくり読んでください。
郵便局を見つけて、絵はがき(10枚セットで15元)を4セット買った(合計60元)。
絵はがきが40枚あるわけだが、僕にはそんなに友だちはいないので、切手は20枚買った(4.2元×20=84元)。
中国銀行で、1万円の現金を元に両替すると、699.55元になる。
両替では、一般的に、現金の場合は手数料を取らない(トラベラーズチェックは手数料を取るが、もともとの両替レートが現金よりいい)。
「TASHI2」レストランで、焼き飯を食べたが、火の入れが甘くて、マズイ(8元/120円)。
ラサビールが6元、合計14元。
ホテルに戻って、今日(7月26日)と明日(27日)の宿泊代を払った(130元×2=260元)。
表通りの屋台で、焼いたジャガイモを食べた。
ラサで顔見知りになっていた若者が声をかけてきた。
彼はラサからネパールのカトマンドゥへのツアーに参加する。
このツアーは、自分たちで人数を集めて、費用を頭割りするのが普通だ。
だから、料金はツアーによって、参加人数やルートによって変化する。
参加者がドタキャンした(これはよくあることらしい)ので、彼のツアーの一人当たりの料金が変化した(料金が上がった)。
今日中にお金を払わなければならないが、彼の手持ちの元が足りない。
すでに銀行の窓口は閉まっているので、日本人に声をかけて、両替を頼んでいるようだ。
彼は、「現金5千円を300元でいいですから」と言う。
僕が今日、銀行で両替したときは、1万円キャッシュで、699.55元だった。
だから、1万円を600元のレートで両替して欲しいと頼むのは、本気で困っているようだ。
僕は、「5千円を350元(銀行よりいいレート)に替えてあげるよ」と言う。
それではわずかに僕が損をするので、シャガイモ串(1元)をおごってもらった。
僕が何度も言うように、海外個人旅行の両替では、少々のレートの違いは問題にならない。
両替したいときに両替ができない、手持ちの現地通貨がなくて、動きが取れないというのが、一番困るんだ。
これは僕が2回目の世界一周旅行をしたとき、トルコからギリシアに入って、アレキサンドロポリスで体験したんだけどね。
あとで考えてみると、この若者は、ツアーの代金は払えたとしても、その他のこまごまとした支払いで、苦労したんじゃないかな。
海外個人旅行の大原則では、「お金はいつも、予定以上に出て行くもの」だ。
だから、変に細かく必要なお金を計算せずに、多めに持って行って、余れば別の通貨に両替した方がいいよ。
旅行初心者は、「両替を繰り返すと、手数料を何度も払うので、損をする」と、いかにも素人っぽいことを言う、
旅先で現地通貨がない苦しみ、絶望、不安を味わったことのない、旅行経験がほとんどない人の特徴的な言葉だ。
チベットのラサとは言っても、案外と、旅行慣れしていない人が多い。
それは、チベットで行方不明になった若者たち(涙)を捜すポスターを見れば、よくわかるんだ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx