ルフトハンザで日本帰国の航空券を買い、グリーンラインの検問所で南から北へ行くのを断られ、最後にラルナカのビーチで泳ぐ。@ラルナカ〜ニコシア/キプロス

【グリーンラインを覗く場所@ニコシア/キプロス】
1999年9月13日、今日はとにかく、朝一番で、帰国の航空券を購入する。
だって、僕は9月14日の早朝にキプロスを発つつもりなのだから。
なぜ買ってないかというと、値段を聞いた旅行代理店の女の子が、なんとなく信用できなかったから。
値段や空席状況などは、調べてあるので、別の旅行代理店に行って確認するつもりだ。
目をつけていた、別の旅行代理店に飛び込んで、航空券の条件を聞いてみる。
9月14日早朝発のルフトハンザがある。
値段は351ポンドに税金が9.5ポンドの合計360.5ポンド。
1キプロスポンドは2米ドルのレートなので、721ドル。
この時期、1ドルが110円と考えると、79310円。
だいたい8万円だ。
アジア横断旅行で、日本を船で出た場合、どこからか飛行機で帰ってくるものなので、参考になるでしょう。
旅行期間や旅行ルートを旅先で決めることになる、長期の海外個人旅行では、海外の適当な町から片道航空券を使うことになる。
海外で航空券を買うことを怖がって、日本を出る前に、切符を買う人たちもいる。
そんなことをしたら、旅の自由がなくなってしまうよ。
本格的な旅では、どこから戻ってくるか、わからないもの。
アジア横断旅行でイスタンブールまで行く人も多いが、イスタンブールで時間が余れば、ギリシアまで行って、アテネから帰国すればいい。
ロンドンやパリから帰国しても、誰も文句は言わない。
実際、ロンドンやパリを見ないで、アジア横断旅行なんてしても、意味ないからね。
また途中で時間がかかりすぎて、イスタンブールへ行けなければ、テヘランから戻ってもいい。
この旅行記では、イランから日本への片道航空券の値段も、書いてあります。
僕の体験では、海外で航空券を買うのは、日本よりもカンタンだ。
この「アジア横断旅行」で、ベイルートで航空券を捜して、満席祭りだったのが、ちょっと異常だったんだね。
参考のために、キプロスから日本への往復切符の値段もチェックした。
料金は588ポンド。
でももちろん、キプロスへ戻ってくることはないので、これはあくまでも参考です。
ただ、ルフトハンザのフライトは、フランクフルト経由なので、一度日本に戻って、また日本からヨーロッパへ行くならば、フランクフルトまでの切符を使うこともできる。
1996年の僕の2回目の世界一周旅行では、アフリカを縦断したあと、ケープタウンからロンドンへ飛んだ。
ロンドンから日本へ一度帰国するとき、フィンランド航空の往復航空券(ヘルシンキ経由)を使った。
僕は日本へ戻って、東欧のビザを集めて、復路の切符を使って、ヘルシンキへ飛び、そこから「東欧縦断旅行」をした。
そういうやり方も出来るので、自分でいろいろ考えてみたらいいでしょう。
こうして僕は、明日朝の(今日深夜の)フライトを確保した。
そのあと、またニコシアへ行き、グリーンラインのゲートへ突入した
見事に追い返されたが、もともとゲートに行くこと自体が目的だったので、ちょうどよかった。
とっととラルナカへ戻り、ビーチでひと泳ぎした。
浮き身をして空を眺め、アジア横断旅行を回想したりする。
日暮れ時になって、ホテルへ戻る。
ホテル代の清算をして、部屋で休む。
ルフトハンザのフライトは、明日午前3時10分、つまり今日の深夜だ。
このあとフランクフルト経由で日本へ戻るわけだ。
フランクフルトの乗り継ぎついでに、ドイツへ入国したので、その話を次回書いて、アジア横断旅行を完結します。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD