ラルナカ(キプロス)の空港で紹介された「オニシロスホテル」にに行き、謎の日本人の部屋でジョニ赤を飲んで、話をする@ラルナカ(キプロス)
「間違いだらけの海外個人旅行」
1999年9月10日18時48分、ベイルート(レバノン)を飛び立った「ME261便」は、ラルナカの空港に到着。
ちょうど日暮れ時の到着だったが、入国審査に時間がかかるので、明るいうちに入国するのは諦めた。
全く情報がなく、キプロスへ来るのを決めたのはベイルートなので、もちろんガイドブックもない。
ただ僕は、情報無しに知らない国に突入した経験は豊富だ。
なにしろ、2年8か月連続の世界一周、2度目の世界一周、その他、世界中へ長期旅行をたくさんしている。
長期旅行では、情報を集められないので(もともと情報自体が信用できないので)、その場で情報を入れて、その場で決断をすることの連続だ。
僕は、今回の神戸から天津の燕京号で日本を出て、アジア横断をして、ベイルート(レバノン)で、アジア横断を終えた。
ところが、夏の終わりが理由なのだろう、日本へ戻る航空券が取れない。
時期をずらすついでに、新しい国へちょっと足を伸ばそうという考えで、キプロスへ飛んできた。
ホテルも決めていなかったが、入国審査官のアドバイスで、空港のホテル案内所へ行く。
ホテル案内所といっても、ただカウンターがあって、おじさんが1人いるだけ。
「町の中心に近くて、安いところ」という条件を出す。
すると、「HOTEL ONISILLOS(ホテル オニシロス)」を紹介してくれた。
ホテル案内所では、2泊で60ドルという値段を出したが、リゾート地としては、まあまあかな。
2日にしたのは、ホテルの様子を見たかったから。
また、1泊にしなかったのは、明日またホテルを捜すのが面倒だったから。
2泊あれば、ラルナカの様子もわかるし、これからの行動も決められるだろうからね。
ホテル代はホテル案内所に支払って、バウチャーをもらう。
CIRRUSのATMで、キプロスポンドを引き出す。
この時期は、1キプロスポンドは2米ドルの換算だ。
キプロスはEUに参加して、通貨はユーロを使うようになったが、この時代は、まだキプロスポンドだった。
ホテルのバウチャーを見せて、入国審査はカンタンに通り過ぎる。
バックパッカーとしては、空港からホテルまでバスで行きたいところだったが、土地勘が全くないので、タクシーに乗るしかない。
タクシーは3ポンド(6ドル)で、ホテルまで行く。
運ちゃんと話をしていたら、「そのホテルは町の中心から外れている」とのこと。
ただ、町がどれほどの大きさなのかわからないので、聞き流す、
今日はベッドさえあればいい。
明日になって、これからのことを考えればいい、
タクシーがオニシロスホテルの玄関に着ける。
ホテルの人に、空港で予約したと言って、バウチャーを示す。
部屋を見せてもらって、220号室に決めた。
ホテルはまともで、部屋にはシャワーもトイレもエアコンもある。
チェックインのときに、ホテルのおじさんが、「もう1人日本人が泊まってるよ」と言う。
ホテルを決める前に「日本人が泊まってる」と言うのは、これは世界中の客引きの常套手段で、だいたいウソ。
日本人は、他の日本人と話したいものだからね。
他に日本人が泊まっていると聞けば、日本人は、そのホテルに泊まる。
でも、宿を決めたあとで、「他の日本人がいる」と言われたら、これは本当だ。
僕も、インドはチェンナイのホテルに泊まっていたとき、ホテルのおじさんから「日本人の女の子が泊まっているよ」と言われたことがある。
これは本当で、僕の部屋で夜遅くまでビールを飲み、話をして親しくなり、一緒にポンディシェリーへ行ったことがあったなー。
いろんな国の人を見ているホテルのスタッフは、日本人の性格を知り尽くしている。
ホテルの人が、日本人のいる部屋に電話をかけてくれる。
まだ夜の8時くらいで、寝るのも早く、時間潰しにはちょうどいい。
個人旅行で、キプロスに1人で旅をしている日本人というのは、ちょっと変わってるね。
キプロスはビーチリゾートらしいが、男1人でこんなところに来ても、面白くないだろうし。
許可をもらって、ベイルートの空港で買ったばかりの「ジョニ赤」を手にして、部屋へ上る。
旅行自慢の変な日本人だったら困るが、顔を見てちょっと話をしただけで、まともな人間だとわかった。
それどころか、なかなか興味深いバックグラウンドのある人だった、。
僕は、世界中を旅してきて、いろんな人に出会って話をしてきた。
僕の場合、京都大学工学部を卒業していて、友人知人はエリート揃いだ。
だから、まともな人とは話が合うんだよ。
でも、それをそのまま書くわけには行かない。
迷惑がかかるからね。
だから、無料で読めるネットでは、軽々しく書きません。
いずれちゃんとまとめることがあれば、思い切ってディープに書きたいと思います。
僕はこのとき、アジア横断をしたばかりで、旅行自慢をしたいだけの、底の浅い人間。
ただ僕は旅自慢をするにしても、話のもって行き方を知ってるけどね。
普通の旅行者は、自分の旅を自慢したいわけだが、僕は基本的に、自分の旅の悪口が言える。
旅した国を「あんなところは行かない方がいいですねー」と、具体例を挙げて語れるので、聞きやすいってわけね。
これは、逆説的な自慢なんだけどね。
ストレートな自慢よりは、知的なので、深いってわけなのさ。
アジア横断旅行を否定しながら論じるというのは、いろいろ考えていなければ出来ない。
ただ盲目的に旅をしただけで、旅自慢をするレベルとは大きく違うからね。
また、僕は、キプロスの状況について、いろいろと知りたいこともある。
僕は歳をとっているので、「キプロス紛争」の記憶もあるしね。
相手の男性は、某国際機関に所属している人だった。
だから、ただの旅行話ではなくて、意味のある会話になった。
ただ、それを書いても、日本の普通の人の知的レベルでは、理解できないだろう。
一般の人に理解できないことを、下手に説明すると、ますます反感を買うだろうからね。
深い話は別にして、当たり障りのないことだけ、書いておこう。
つまり、中東情勢の分析とか、そんなことは、書かない。
書けるのは、旅行者同士の、ありきたりの話。
僕たちの泊まっているオニシロスホテルからビーチまでどのくらい歩くのか。
キプロスの首都ニコシア(レフコシア)までは、どうやって行くのか。
こんなものは、改めて書くほどのことでもない。
彼の話では、レフコシアまでサービスタクシーで45分とのこと。
それならば、明日は、ラルナカを歩いて、レフコシアへ往復すれば丸一日、時間は潰れるだろう。
ラルナカはビーチリゾートなので、町を歩けば、旅行代理店もたくさんあるだろう。
日本への航空券も(もちろん、乗り継ぎ便になるだろうが)簡単に見つかるはず。
その状態を見て、いつまで滞在するか、決めたらいい。
まあ、キプロスでひと泳ぎすれば、この旅にもオチはつくしね。
とにかく明日、ラルナカを歩いて、いろいろ考えて見ましょう。
あと迷っているのは、この日本人の素性をどこまで明かすか、どこまで書くか、なんだけどね…。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD