ラルナカの観光案内所で知り合ったチェコ人学生とニコシアへ行き、グリーンラインの覗き窓から北キプロスを見る。@ラルナカ〜ニコシア/キプロス

【グリーンラインを覗く場所@ニコシア/キプロス】
1999年9月11日、ラルナカのビーチ沿いのプロムナード(遊歩道)で、日本女性とブラジル人男性のカップルと会った。
面白い旅をしている人たちだったので(そして、ブラジル男性がおしゃべりなので)話は弾んだ。
ただロサンゼルスの「ホテル加宝」にのんびり滞在しているわけではないので、一日中おしゃべりして過ごすわけには行かない。
僕はまだまだキプロスの2日目。
昨日は空港に着いて、ホテルに泊まっただけ。
旅行者は、新しい町に着いたら、とにかく「観光案内所」へ行って、地図をもらうのが基本だ。
2人と午後に会う約束をして、ビーチの北側にある観光案内所へ歩く。
オフィスに入ると、白人の若者2人が、ニコシア(レフコシア)へ行く方法を聞いていた。
旅行者の知りたいことは、同じだ。
僕は、パンフレットをめくったりしながら、彼らの話を立ち聞きしていた。
彼らが聞いたことは、ラルナカからニコシアへの行き方。
答えは、サービスタクシー(乗り合いタクシー)で行けるとのこと。
僕としては、このとき、ニコシアへ行くつもりはなかった。
ただ、情報を集めるつもりで、観光案内所へ来ただけ。
しかし、サービスタクシーでいけるという話を聞いた。
サービスタクシーは、基本的に、乗客が集まらないと、出発しない。
1人で乗って、無理に出発させれば、料金も高くなる。
いまここには、白人の若者が2人と、日本人の世界旅行者が1人いる。
3人いれば、サービスタクシーは動くだろう。
という判断をした僕は、白人の若者に話しかけて、一緒にニコシアへ行こうと誘う。
このとき、ブラジルカップルとの約束(ビーチで何時に会おうと約束した)は、すっかり忘れていた。
というのが、海外旅行では「旅先での約束は守らなくてもいい(世界旅行主義)」という大原則があるからね。
観光案内所前にいたタクシーに3人で相乗りして、ニコシアへ向かう。
料金は1人2.5ポンド(5ドル)。
タクシーの中で、いろいろと話をする。
彼らは、チェコ人の大学院生だ。
電子工学の会議があって、キプロスへ来たとのこと。
僕はアジア横断をしてきたので、そのことも話す。
話は結構盛り上がったが、学生の1人は、かなり英語が話せた。
もう1人は、それほどでもなかったので、ほとんど片方とばかり話をしていた。
このことからも、「海外旅行には、英語が大事だ(世界旅行主義)」とわかるんだが。
サービスタクシーは、一時間かからずに(多分45分程度で)ニコシアへ到着。
大学生と、自然と一緒に見て回ることになった。
キプロスは、北キプロスと南キプロスに分断されている。
その境界が「グリーンライン」と呼ばれて、ニコシアの町を二つに分けている。
その程度のことは、一般常識として、僕の頭にはある。
ただ、ブラジルカップルが言っていた様に、「グリーンラインを越えて、南から北へ通り抜けられるのか」は、わからない。
そこで、ニコシアの観光案内所で、聞いてみた。
観光案内所では、「難しい」「許可証を取れ」と言われる。
どうも歓迎されてない雰囲気だ。
グリーンラインを通過するゲートもあるようだが、この日は深く追求しなかった。
グリーンラインを見る、覗き窓があったので、そこから北キプロスを眺めただけで十分。

【グリーンライン@ニコシア/キプロス】
グリーンラインの覗き窓から、北キプロスを見た感じは、あんまりキモチヨクなかったね。
まあとにかく、ニコシアへ来て、グリーンラインを見たのは、よかった(話のネタになった)。
ニコシアの町は、完全に観光客相手の雰囲気で、通りには土産物屋が並んでいた。
この日は日差しも強く、暑かったので、通りの店でアイスクリームを買って食べた。
これは、結構おいしくて、僕には珍しく、おかわりして、2つも食べました(1個1ドル)。
歩いているうちに、自然と学生とは分かれたのだと思う。
サービスタクシーに乗って、ラルナカのプロムナードへ戻りました。
プロムナードをホテルへ向かって歩いていると、偶然、今朝話をしたブラジルカップルと会う。
ピザハットで夕食を取りながら話をするが、彼らはなんと「野宿をしている」とのこと。
日本女性は、長期旅行で日本へ戻っても住むところがないという。
記憶に残っているのはそれだけかな。
これを書いているのが2015年で、僕が彼女と出会ったのが、1999年。
いまふっと、女の子と話したことを、いろいろ思い出しました。
元気でいてくれるとうれしいね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD