ラルナカからフランクフルトへ飛び、ドイツへ入国したが、フランクフルトの町へは出ず、空港で旅行哲学する。@ラルナカ〜フランクフルト〜成田/キプロス〜ドイツ〜日本

【グリーンラインを覗く場所@ニコシア/キプロス】
1999年9月13日の夕方は、ラルナカのホテルで過ごした。
僕は、9月14日午前3時10分ラルナカ発のルフトハンザLH3409便で飛ぶ。
フランクフルトに、14日午前6時15分に到着し、同日13時50分にLH710便に乗り継いで、成田着が9月15日の午前7時50分の予定。
フランクフルトで、飛行機待ちの時間が少しあるね。
こういう予定のときに一番危険なのは、飛行機に乗り遅れること。
下手にベッドに横になったりしていると、うっかり眠ってしまって、飛行機に乗り遅れ、恥ずかしい話のネタを作ることになる。
寝過ごして飛行機に乗り遅れる人はたくさんいるので、珍しくもない。
いまさら海外旅行のネタにしても、馬鹿馬鹿しいだけだ。
ただ単に、「間抜け」なだけ。
笑いも取れないので、絶対にやってはいけないこと。
とにかく早目に空港へ行って、空港で時間を潰すのが賢い。
ただ、ラルナカの空港は小さくてなにもない、というのを知っているので、出来る限りホテルで過ごした。
14日の午前0時15分までホテルで粘って、タクシーに乗る。
ホテルから空港まで、来たときと同じ、3ポンド(6ドル)。
チェックインするとき、通路側の「18C」を選んだ。
このときに、フランクフルトから成田(LH710便)の座席が指定されて、それが「39K」だった。
飛行機は定時(午前3時10分)に出発して、フランクフルトに現地時間の午前5時48分に到着。
ドイツとキプロスは、1時間の時差があるので、飛行時間は3時間半程度かな。
トランスファーセンター(TRANSFER CENTER)で、LH710便の僕の席が窓側だと確認して、通路側(29H)に変更してもらった。
やはり「長時間飛行機に乗る場合は、トイレに行きやすい方が、便利だからね。
成田行きのLH710便は、午後1時50分(13:50)発なので、中途半端に時間がある。
元気がよくて、ドイツに旅したことがないなら、ドイツに入国して、フランクフルトを見るのがいい。
ちょっとした時間を利用して、旅行国数が一つ増えるのだからね。
無理をすれば、僕が行った、ライン川沿いの小さな町で時間潰しもできるよ。
ただ僕は、ドイツにも何度も来ているし、だいたいドイツは見て回っている。
フランクフルトにも、ハイデルベルクからライン川下りのボートに乗りにビンゲンへ移動する途中、立ち寄ったことがある。
あの時は、フランクフルト駅で絵はがきを出して、すぐにビンゲン行きの列車に乗り換えたものだ。
フランクフルトの町自体は、駅へ立ち寄っただけで見ていないが…。
空港からフランクフルト中央駅へはすぐ(20分)らしいので、駅まで行って、ちょっと市内を歩いてもいい。
ただフランクフルトは、日本の会社が多いというだけで、行ってもつまらないかも。
一応入国審査を通って、ドイツに入国する。
アジア横断旅行の帰りに、ドイツに入国するのとしないとでは、迫力が違うからね(笑)。
ドイツに入国したら、ドイツマルクが必要だ(1999年なので、まだユーロに統一されてなかった)。
ドイツマルクを手にするために、空港のATMにカードを入れて、暗証番号を入れるが、このATMの暗証番号が6桁で、使えない。
表示がドイツ語だけなので、近くにいた人に頼んで、キャンセルしてもらう。
カードが使えないので、手持ちの20ドル札を両替窓口で、ドイツマルクにする。
手数料を引かれて、手にしたのが、34マルク程度。
ここで急に、フランクフルト市内へ出る気持ちがなくなった。
ATMが使えなかったので、悪い予感がしたんだ。
旅行の神様が、「空港から離れない方がいい」と、僕に告げている。
とっとと、空港のイミグレ(出国審査)を通過して、空港の待合室へ。
このときに、出国審査の若い係員に、ドイツ語で、僕が「グーテンモルゲン(おはよう)」と言った。
すると、なぜか僕を抱きしめてくれたよ(汗)。
あとは、ショップを冷やかしながら、両替したばかりのドイツマルクを、使い果たすことにした。
NEWSWEEK(ニューズウィーク)と、IHT(インターナショナルヘラルドトリビューン)と、ドイツワインを2本買って、使い尽くしました。
ドイツワインを買うときに、そうだんしたおばさんが「このワインのブリキ製の入れ物がいいでしょ。パスタ入れになります」と言われた。
いま僕のところで、パスタ入れになってます(笑)。
LH710は、9月14日13時50分にフランクフルト発で、成田着が15日午前7時50分の予定。
実際の成田空港への着陸は、午前8時05分になりました。
これで僕のアジア横断旅行は終わり。
新幹線で東京を出たのが、1999年7月16日。
そして、中国、チベット、新疆ウィグル自治区を通り、クンジュラブ峠を越えて、パキスタンのフンザへ。
陸路でイランへ入国し、陸路でトルコ国境を越えた。
続いて、シリア、レバノン、さらにシリア。
またレバノンへ戻り、キプロスへ。
おまけにドイツに入国して、日本に帰国したのが、1999年9月15日。
ちょうど2か月の旅でした。
僕が旅した1999年は、アジア横断が比較的簡単に出来た、最後の時代かも。
僕が無事に通過した、クエッタからザヘダンのルートでは、そのあと日本人旅行者が誘拐されたりしました。
この旅行記をまとめた2015年では、シリアの内戦があって、通過不能です。
パキスタンもイラン東部も、トルコ東部のクルド人地帯も、ちょっと危ないので、行くのは避けた方がいいでしょう。
キプロスは、ギリシアの経済危機の影響と、ロシアルーブルの下落を受けて、観光客も減っているとか。
それ以前に、僕のアジア横断旅行記を読めばわかるように、パキスタンも、イランも、トルコ東部も、シリアも、レバノンも、たいして見るところはありません(涙)。
無理に行っても意味がないところなので、別の方面への旅行をオススメします。
アジア横断旅行記・完」
キプロス ドイツ

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx