ラルナカのビーチで、日本女性とブラジル人男性の長期旅行者カップルに会う@ラルナカ/キプロス

【ラルナカの海岸で出会った日本女性に写真を撮ってもらいました@キプロス】
1999年9月11日、キプロスはラルナカの宿「オニシロスホテル」220号室で目を覚ます。
昨日ベイルート(レバノン)から着いたときは、日が暮れていたので、周囲の景色を見ることが出来なかった。
朝起きて、ホテルの周囲を歩いているうちに、ついついビーチ沿いのプロムナードまで出てしまった。
どんなビーチリゾートでも、早朝のビーチは、人も少なく、静かで、キモチイイものだ。
ビーチを歩いて、一度ホテルに戻る。
というのが、ホテル料金の1泊30ドルには、朝食が含まれていたからね。
食堂で同じテーブルに着いた、イギリス人の若者と、適当なことを話す。
つい、ホテル料金のことを聞いてみたら、イギリス人は1泊18ポンドで泊まっているとのこと。
僕は1泊30ドル。
1キプロスポンドが2ドルのレートだから、1泊15キプロスポンドで泊まっている。
ちょっとオトクだったのかな。
空港のホテル案内所を通したので安くなったのかもしれない。
でも本当は、他の人がいくらで泊まっているのか、聞くのは野暮(タブー)だ。
海外個人旅行はいろんなことがあって、誰が一番安く泊まっているのか、誰の航空券が安かったのか、それは考えてはいけない。
それに、聞いた人が本当のことを言っているかどうかも、わからない。
案外と思い違いをして、思い込んで話をしていることも多いんだ。
僕が今朝、部屋代を聞いた理由は、「空港のホテル案内所で当日の宿を取る場合は、普通よりも安いんじゃないか」という気がしたから。
ホテルは生ものだから、客の入らない部屋は、意味がない。
とにかく客が欲しいので、当日はディスカウント(値引き)する。
これが世界中のホテルの常識。
日本だと、儲けすぎていたせいか、値引きに応じない宿も多い。
だから日本人旅行者は、「ホテルを値切って泊まる」経験がない。
しかし海外では、特に安宿では、値切るのが常識だ。
ちょっと下げれば客が泊まってくれて部屋代が入るのに、突っ張って定価を言い張れば、誰も泊まってくれず、金は一銭も入らない。
だったら、ホテルは交渉に応じて値段を下げるのが当然だ。
つまり、「安宿ではとにかく値切る」のが、海外個人旅行の常識なんだよね。
昨日話をした日本人を、この旅行記では、「UNさん」と呼ぶ(理由は想像してください)。
UNさんは、イラクからインターネットでこのホテルの予約をしたそうだが、それでも、僕より高く払っていた。
ホテルの値段は、現地で当日交渉するのが一番安いってことね。
UNさんは、レンタカーを借りているらしく、僕を車に乗せて、キプロスを案内してくれるという。
僕は一応感謝したが、バックパッカーの本質は、1人でうろつくこと。
ちょっと準備に時間がかかっているようだったので、1人で、ラルナカのビーチ沿いのプロムナードへ歩いた。
1人でのんびり歩く方が、車で案内してもらうより、オキラクです。
海岸沿いを歩いていると、ベンチに東洋人の女性を発見。
年齢は、まだ20歳代後半。
表情を見ると、まず日本人に間違いない。
しかし、僕は英語で話しかける。
「Excuse me, but I think you are Japaese/ すみません、日本人でしょ」ってね。
思ったとおり日本人だったので、会話が始まる。
僕は昨日夜に着いたばかりなので、いくらでも聞くことがある。
しばらく話していると、30歳代半ばの白人がやってきた。
日本女性の友達らしい。
3人で、話をした。
もちろん海外個人旅行者の共通語は英語だが、女の子もまともに英語がしゃべれるので、不自由はなかった。。
女の子は日本から出て、19か月旅しているという。
インドを旅していたときに、白人男性(ブラジル男)と知り合った。
それから一緒に旅をしている。
ブラジル男は、とにかく話し好きで、話し出したら止まらない。
彼は長期旅行をしているらしく、日本にも3か月いた。
それから韓国へも行って、1か月過ごしたそうだ。
インドで日本女性と知り合って、どういうルートでキプロスに来たのか、詳しいことは聞かなかった。
ただ、カップルは、レバノンから船でキプロスへ入った。
僕も船を捜したが、ベイルートの観光案内所で「船はない」と言われたことを話す。
すると、カップルも観光案内所のおばさんに、同じことを言われたそうだ。
ただ、ブラジル男は、旅先で出会った別の旅行者から、船があると聞いていたので、船会社で聞いて切符を買ったとのこと。
キプロスへ来た理由は、キプロスの南北を分ける「グリーンライン」を越えて、北キプロスからトルコへ入るため。
ブラジル男は、ロシアの景気がいいことをしきりに話す。
彼の話では、キプロスに来ているのはほとんどがロシア人の観光客だそうだ。
僕は、彼の話を聞き流す。
基本的に、旅先での話は、盛り上りさえすればいいんだからね。
2人とまた再会を約束して、僕はラルナカの観光案内所へ歩いた。
ハンガリー人の若者が、2人いたので、ちょっと話をしていたら、ニコシア(レフコシア)へ行くことになった。
ニコシアへ行くと決めたとたん、ブラジル男と日本女性のカップルとの約束は、コロッと忘れてしまいました(笑)。
だって「旅先の約束は守らなくていい」(「世界旅行主義」より)だから。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD