キプロスから日本への航空券を捜し、イスラム教徒の夫婦喧嘩を見て、一日本を読んで過ごす。@ラルナカ/キプロス

【グリーンラインを覗く場所@ニコシア/キプロス】
1999年9月10日にベイルート(レバノン)からラルナカ(キプロス)へ飛んできた。
同じホテルに泊まっていた日本人(UNさん)と、彼の部屋でウィスキーを飲む。
翌9月11日は、日本女性とブラジル人男性と、ビーチで話をした。
観光案内所に歩いたら、チェコ人の学生がいたので、ノリで一緒にニコシアへのサービスタクシーに乗る。
ニコシアへ行けば、キプロスを南北に分ける「グリーンライン」を覗き窓から眺める。
これで一日としては十分だ。
「世界旅行主義」によれば、「長期海外旅行では、一日に一つのことをすればいい」となっているからね。
ところが、この日は、ニコシアから戻ったビーチで、ブラジルカップルとまた偶然再会して、さらにディープな話をした。
ホテルに戻ると、UNさんから誘われて、彼の車でスポーツバーへ行って、サッカーの試合を見ながらビールを飲んで話をした。
つまり、一日で、UNさん、ブラジル人男性、日本女性、チェコ人の大学院生2人と話をした。
朝食時に部屋の値段を聞いたイギリス人も含めれば、6人か。
厳密に言えば、ラルナカの観光案内所のおばさん、ニコシアの観光案内所のおじさん、往復のサービスタクシーの運転手さんとも話した。
レストランのウェイターとも会話をした…。
日本にいたら、ほとんど言葉をしゃべらずに生活できてしまう。
コンビニの店員さんと、「焼き鳥を温めてください」と話すくらい。
でも、情報もなしに海外旅行に出ると、とにかく聞きまくらなければ動きが取れないので、言葉は話すね。
いろんな人と出会って、現地の情報を手に入れ、相手のことを知り、自分語りをする。
しかも、海外旅行の共通語は英語なので、常に英語を使うことになる。
僕はフランス語もスペイン語もしゃべれるけどね。
もちろん、日本人と会えば、日本語を使うわけだが。
海外旅行というものは、新しい場所へ行き、新しい人に会い、新しい人と話をするのだから、知的刺激に富んでることは確かだ。
ただ、海外個人旅行をしていても、海外の日本人宿に沈没して、知的レベルの低い日本人旅行者とばかり付き合っていては、意味ない。
いまは無き伝説の宿「ホテル加宝」なんかだと、英語はしゃべらなくても、宿泊者が興味深かったので、刺激的だったけどね。
さて、新しい町へ来たら、最初にやるべきこと。
それは、「脱出方法を考えて、調べて、決定する」って事ね。
実は昨日も、旅行代理店に飛び込んで、だいたいの値段は調べていた。
キプロスからアテネへの片道は、77キプロスポンド(150ドル/17000円程度)。
これは、アテネから日本に帰ることも考えたからだ。
でも、僕は一回目の世界一周旅行のときに、アテネには二回行っている。
2回目の世界一周旅行で、東欧縦断してアテネまで行ったこともある。
いまさらアテネへ行っても、新しいこともなく、僕が旅する意味もない。
アテネからは、陸路海路で、いろんな旅のルートを考えることは出来るからね。
ただ僕は、ヨーロッパ中を鉄道旅行し尽くしているので、いまさら無理に行くことはない。
キプロスからアテネの運賃を調べたのは、読者の参考にするためだ。
キプロスから日本へ戻るならば、ルフトハンザ航空で、フランクフルト経由成田行き、が350キプロスポンド程度である。
350キプロスポンドは、700米ドル。
米ドルと円のレートはもちろん毎日変動している。
僕が旅をした1999年7月から9月まででも、1ドルが105円から120円で変化していた。
110円とすれば7万7千円、税金を入れても、8万円程度で戻ってこられるわけだ。
僕の体験では、世界中どこからでも、10万円あれば日本へ飛んで帰れるもの。
旅行を知らない人が恐れるように、片道20万も30万もする切符しかないなんてことは、現実にはありえない。
ネットで調べると、出てくるけれどもね。
ただ、そんな値段の切符は誰も使わないから、意味がないんだよ。
9月11日に聞いたところでは、9月14日の早朝、午前3時10分発フランクフルト行きに乗れば、東京に9月15日午前7時50分に到着する。
空席があり、混雑する時期でもないので、9月13日の月曜日に最終決定して、切符を買うことにする。
9月12日は日曜日で、何もせずに本を読んですごした。
朝食のときにUNさんと話をしたら、彼はセスナの免許更新のために定期的にキプロスへ来ているという話。
午後は部屋のベッドに横になって、本を読みながら一日過ごした。
そうそう、部屋の窓から別の部屋が見えたが、そこにいたイスラム教徒の夫婦がケンカをしていた。
女性がものすごく強くて、ガンガン文句をつけていた。
「イスラム教徒は妻を4人までもてる」そうだが、こんなに気の強い女を4人も相手にするのは不可能だと思いました。
さて、帰国の航空券を明日(9月13日)」買って、明日の深夜(9月14日の早朝)にキプロスを出る。
ということは、明日の昼間が暇なので、またニコシアへ行ってみましょう。
UNさんの情報では、グリーンラインにはゲートがあって、通り抜けられるという話だからね。
さて、世界旅行者は、グリーンラインを通過して、北キプロスへ入れるのでしょうか。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD