高山病にかかったが、キレーホテル(吉日旅館/Kirey Hotel)で寝て回復する@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)

【TASHT TARGAY HOTELの310号室から見たポタラ宮】
ラサへの飛行機は、成都を6時40分に出発して、午前9時にはラサの空港へ到着した。
空港から中型のバスに乗って、ラサの町まで2時間かかった。

もちろんこのバスの料金はツアーに含まれている。
ラサへ入ると、まず中国人地区の何の変哲もない通りがだらだらと長く続く。

「ラサというのに普通の中国の町じゃないか」と思ったころ、急にチベット人地区に入る。
バスは「TASHT TARGAY HOTEL」に着いて、そのロビーで各人の部屋割りが発表された。

ツアーにはもちろんこのホテルの宿泊代も含まれている。
割り当てられた僕の部屋310号室の窓からは、見事にポタラ宮も見えて、なかなかいい感じ。

部屋にはシャワーもトイレもない。
そのこと自体は別に問題はないが、中国ではトイレを考えなければならない。

ホテルの設備をチェックすると、共同トイレが中国式で、つまりウンコをするのが丸見えになる…。
日本人にとっては、落ち着いてトイレができないのは、我慢できないよ。
最初の予定通り(つまり、ラサでは自分でホテルを捜そうと思ってたわけなのでね)、外へホテルを捜しに出かける。
ロビーでさっき知り合った美術教師の女性とばったり会ったので、一緒に歩き出す。

日本人に人気の「ヤクホテル(Yak Hotel)」「バナクショーホテル(Banak Shol Hotel)」をチェックしてまわる。
さすがに夏休みの時期のせいか、どちらも満員だ。

値段の見当をつけようと、満室だと言われたヤクホテルのツインルームの値段を聞くと、260元(3900円!)。
さすがにバックパッカー旅行で、1泊4千円は払えないよ。
夏休みの時期だから、観光客が押し寄せているのだろう。
最後に「キレーホテル(吉日旅館/Kirey Hotel)」で手を打つことにした。

【キレーホテル(吉日旅館/Kirey Hotel)@Lhasa/Tibet】
キレーホテルの部屋がなかなかよかったし、料金もシングルで130元(1950円)だったからね。
それに、ホテルを捜して歩き回っているうちに、だんだん体調が悪くなってきた。

ラサの通りをちょっと十歩くらい歩くと、息苦しくて、心臓がパクパクして、立ち止まらなければならない感じになった。
これって、ひょっとして、高山病かしら…。
ラサの標高は、3650mだというし。
ただ僕は、南米ボリビアの首都ラパス(標高4000m)では、なんともなかった。
だから、ラサへ飛ぶときも、高山病の心配は全くしていなかった。
同じ飛行機で来た日本人旅行者のみなさんも、高山病の話はしていなかったしね。
昨日から「長城ワイン」を飲んでいて、成都からラサの機内では、残ったワインを飲み干していた
だからこれが、酔っ払ったせいなのか、正真正銘の高山病なのかは、不明です。
とにかく体調が悪いので、部屋で寝て、水をどんどん飲んで、しばらく部屋で横になって過ごした。
夕方になると、体調はすこし回復して、町をうろうろする。

歩いていると、屋台でなんとなく気の会いそうな、優しい目をしたフランス人を見つけて、話しかけた。
互いの旅の話、どこか着てどこへ行くという定番の話を交換する。
僕は、成都に着いたその日に予約をして、翌日の今日、ラサに入ったと話す。
彼は、1人でネパールからチベットへやってきたばかりだが、国境を越える時に、250ドルぼったくられたと文句を言っていた。

この時期、一般的には個人でネパールからチベットへの国境は越えられないと言われていた。
だから、250ドル払っても安かったのではないか、と後で思ったけれどさ。
また部屋に戻って、ベッドで横になる。
体調はほとんど戻ったが、体力をつけるためにも、食事に出る。
キレイホテルの「タシ2」レストランで食事をしていたら、日本人旅行者の集団に出会った。
僕はいつものように、本を読みながら、一人で食事を取る。
軽く興味を持って、この集団を判断する。
すると僕には合わないとわかった。
僕の方針としては、誰か面白そうな人を一人見つければ、話しかけて、いろんなことを聞きだす。
ディープな話に持って行ったり、数人いれば、軽く笑いをとって、あっさり別れる。
でも、大勢の若者が集まった、コンパ風にワイワイといったノリは、出来ないんだ。
話を聞いていると、どうやら個人旅行者を集めて、誰かが仕切っているようだったが、盛り上がってない。
仕切っている人が無理に盛り上げようとしている。
旅先には、話の面白い、興味深い人たちも多いのだが、話の面白くない、舞い上がった旅行者もいる。
旅に出て、ちょっと変わったところへ行っただけで、「旅のベテラン」だと思い込む人もいる。
すると、「ひたすらやかましい迷惑な旅行者」になるんだよなー。
ちょうど僕がストックホルム駅で出会った若者に似ている。
これは遠慮しましょう。
とにかく、ラサで体調が悪くなっても、昼間ベッドに横になって身体を休めただけで、回復したのはよかった。
夏でもラサは肌寒く、夜は早めに布団をかぶって、寝てしまいました。
明日は、チベットツアーの一日目だ。
僕に興味があるのは、そのツアーが本当に存在するのか、ってことだけどね(笑)。
注意
僕は、南米エクアドルの首都キト、パネシージョの丘で、フラフラしたことがあります。
あと、ボリビアのチャカルタージャ山では、これは確実に高山病になりました。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx