『ケルマーン(KERMAN)を歩いて、イラン人は結構吹っかけることを知る』@ケルマーン/イラン
1999年8月23日の午後、ケルマーンのアハバーンホテルを飛び出す。
バムを昼の12時半のバスに乗り、ケルマーンに着いたのが午後3時過ぎだった。

タクシーでアハバーンホテルに到着して、部屋を決めて、マネージャーと話をした。
それからすぐに外へ出たので、午後4時くらいではなかったかな。

英語ガイドブック「Lonely Planet」の地図を見ながら歩いていく。
「Lonely Planet」の地図の道路名が、実際と違っているようだった。

これは、イラン革命の後で、地名が変更されたのかもしれないけどね。
名前が違っていても、町の構造は一緒なので、特に問題はないが。

歩いていくと右の方にドームがあり、それがバザールだった。
バザールの中を見て歩くが、たいしたものはない。

それはそうで、僕はすでにイスタンブールのグランバザールを見ている。
また、ダマスカスのウマイヤードモスク前の大商店街も、マラケシュやフェズのメディナも歩いている。

つまり、僕の場合は、いまさらイランの中都市のバザールを見たくらいでは、特に感動はないんだ。
わかりやすく説明すると、ものすごいエッチな体験があったら、そのあと少々エッチなことがあっても、ほとんど興奮しないってことかな(てへへ…)。

バザールの中では、アイスクリーム屋があった。
ソフトクリームを5千リアルや6千リアル(60〜70円)で売りつけようとする。

でも通りではソフトクリームが600リアル(7円)で売ってあるのを知っている。
僕に10倍で売ろうというのは、気分が悪いので買わない。

帰りはタクシーを拾おうかと思っていたが、歩いて帰ることにした。
吹っかけられるのも、交渉するのもいやだからね。

途中で見つけたサンドイッチ屋で、ソーセージサンドとオレンジ色のファンタみたいな飲み物を買う。
これが合計1900リアル(24円)。

ホテル近くの店で飲み物の値段を聞く。
1.5リットルのコーラ(ザムザムコーラ)が6千リアルというので、買わなかった。

というのが、バムで買ったときは、3千リアルと4千リアルだったからね。
吹っかけられていると感じたわけだ。

バムとケルマーンを歩いた感じでは、どちらもまともに食事をするところがない。
見つかるのは、サンドイッチ屋くらいしかない。

結局、サンドイッチと炭酸飲料水で、命をつなぐしかないのか…(涙)。
ツアーならば、ちゃんとしたイラン料理が食べられるのかもしれないけれど。

個人旅行者はイランでは、とても貧しい食生活しか出来ないようだ。
もちろん、ビールは飲めないしね。

しかも、たいして見るものもないんだ(涙)。
酒も飲めず、たいした食事もなく、見るものもない国、それがイランか!

これが、イランだけを旅しに来たら、旅行者は絶望するよ(笑)。
僕が北朝鮮旅行ツアーで一緒になった若者は、そのあとイランへ個人旅行をした。

北朝鮮旅行の感動と比べて、あまりにつまらないので、病気になったそうだ。
だから僕は、イラン旅行を計画する人に、止めたほうがいいとアドバイスしているんだけどね。

僕は、最初からイランは面白くないだろうと考えていた。
でも、僕はいまアジア横断旅行をしているわけで、イランに来て絶望したところで失敗ではない。

ただ、無事に通り過ぎればいいだけなんだ。
アジア横断旅行では、とっとと通り過ぎること自体が、旅の目的なんだから。

しかし、世界旅行者は、もちろん、通り過ぎた国をディープに観察している。
そうして、その観察から、「旅行哲学」を構築するわけだよ。。

僕がすぐに気が付いたこと、それはイランでは、思いがけなく多くの女性が外に出ていること。
これがパキスタンとの大きな違いだ。

イランでは女性は確かに黒いチャドルを着ているが、だからといって、そのほかの行動は普通の国と一緒だ。
町を歩いていて、おそらくは大学の近くを通ったとき、チャドルを来た女子大生の大群衆とすれ違った。

彼女たちは、日本と同じかそれ以上に、ぺちゃくちゃしゃべりながら、騒がしく歩いていた。
イラン女性は、パキスタン女性みたいに男性に守られているだけではなく、教育も受けて、社会に進出している。

例えば、僕が泊まっているこのホテルの部屋掃除も、女性がやっている。
町の通りには、1人で自動車を運転している女性も普通にいる。

1人で歩いている女性も珍しくない。
チャドルを着ていなければ、日本とおんなじだよ。

いや正直言うと、おそらく日本女性よりもイラン女性の方が活発だという印象を、僕は受けた。
それだからこそ、イラン人男性は、日本へ来て、自己主張のない日本女性と付き合おうと思うのかもしれないが…。

さて、外にまともなレストランがないとしても、もちろん、世界中からのツアーがやってくるアハバーンホテルのレストランでは、何か食べられる。
ただ、一種類の定食しかなかったけどね。

定食にはデザートが付いて、ノンアルコールビールとコーラを飲んで、全部で1万5千リアル。
つまり、180円だ。

ホテルでミネラルウォーターを買うと、1.5リットルでやはり3000リアル。
やはり外ではボッタクっている。

さて今日(1999年8月23日)は、バムでアルゲバムを見て、バスでケルマーンに着いた。
ケルマーンを歩いて、バザールを見た。

町を歩いて、イラン女性が活発に外へ出ていることを見た。
町では、外国人に対しては、水も炭酸飲料も、ソフトクリームも吹っかけることを知った。

それがわかっただけでもいいかな。
でも、バムとケルマーンの印象は、正直、あんまりよくないね。

やはり、一番の問題はビールが飲めないってことだよ。
イランはとっとと抜けたほうがいいようだね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD