『ケルマーンからシーラーズへ10時間のバスで到着し宿を決め、町を歩く』@シーラーズ@イラン
1999年8月25日午前5時半、ケルマーンのアハバーンホテル333号室で、スッキリと目が覚める。
荷物をまとめて、午前6時半にチェックアウト。

ホテル前でつかまえたタクシーは、バスターミナルまで2千リアルで行ってくれた。
昨日は4千だったんだけどね。

つまりいままでは、完全にボッタクられてたってことか(涙)。
バスターミナルには食堂があったのを発見したが、何も食べないことにする。

軽くチャーイ(ミルクティー)でも飲んで、チョコレートを買おうと思う。
がチャーイもチョコレートも売ってなかった。

昨日話した日本人旅行者とバスターミナルでばったり会う。
僕は、一列3席の午前7時半のシーラーズ行きバスに乗る予定。

彼も同じバスに乗るのだとか。
ところがバスを見ると、一列4席の普通のバスだ。

さらに、聞くと、一列3席のバスだと言われて、喜んだりする。
一応座席指定表まで見たんだからね。

ところが乗り込んだのは、やはり一列4席のベンツのバスだった。
シートはリクライニングするが、窓は1枚ガラスで開かない。

屋根の通風孔から風が入ってくるだけのレトロなバスだ。
指定席とは関係なく、席を割り当てられる。

バスの乗客が少ないので喜んだが、バスはバスターミナルをぐるっと回って、別のバス会社の客を乗せた。
結局、バス会社同士で、乗客をうまく割り振って、満員にして出発するのだろう。

こうなると、日本人2人が離れていても意味がない。
昨日会った日本人旅行者君と、2人で隣同士に座ることになった。

満員の状態になったバスは、ケルマーンのバスターミナルを午前8時に出発。
これから、たらたら走ったね。

途中で荷物チェックの検問が3回あった。
イランの高原地帯を走るわけだが、3回ほど峠らしきものを越えた。

1回だけトイレ休息があった。
コーラ(イラン名物ザムザムコーラ)を飲んだら、500リアル(6円)だった。

シーラーズに近くなったころ、バスの右手に大きな湖を見た。
ただ、湖とはいっても、高原の低地に水が溜まったという雰囲気。

バスの車窓からの景色も、ほとんど変化がなかった。
シーラーズ到着は、午後5時45分。

午前7時半出発予定が、午前8時に出発して、到着が午後6時近く。
つまり、ケルマーンからシーラーズまで10時間かかったわけだ。

一緒にやってきた日本人旅行者は、ちゃんとしたホテルを予約していたので、バスターミナルでわかれる。
僕は、安宿の並ぶアンヴァリー通りへタクシーに乗る(4千リアル)。

この時代、「アンヴァリーホテル(Anvari Hotel)」が日本人の集まる日本人宿だった。
タクシーを乗りつけたが、満室だという。

隣の同じようなホテル「サーサーンホテル(Sasan Hotel)」にチェックインする。
225号室、シングルでシャワーとトイレ付き、机はないが、冷蔵庫があり。

料金は、7万2千リアル(860円)と、まあまあ。
というか、イランに入って一番安い料金だった。

朝食は午前8時から9時半の間に、別料金の6700リアル。
このホテルのフロントでは、1ドルを8700リアルで両替するとか。

また、タクシーをチャーターしてペルセポリス往復をアレンジしてくれる。
その料金が、8万リアル(960円)だそうだ。

それはそれとして聞いておく。
というのは、僕はホテルにペルセポリス往復のタクシーを頼もうなんて思わないからね。
僕は、自分でタクシーと交渉してペルセポリスへ行くつもりだ。
ホテルにタクシーをアレンジしてもらうみたいな安易な旅をしていたら、世界旅行者としての立場がないからね。

それはそれとして、部屋にバックパックを置いて、町へ歩き出した。
一つ考えたのが、サーサーンホテルはなかなかいいホテルだが、もっとまともなホテルだと、いくらぐらいするのだろうってことね。

シーラーズ中心の大通りに出て、結構まともそうなホテルへ行ってみる。
これが「シーラーズエラムホテル(Shiraz Eram Hotel)」だ。

サーサーンホテルに比べると、2ランクくらい立派な雰囲気。
中に入ると、ロビーも重厚で、フロントの雰囲気も全く違う。

料金を聞くと、僕の身なりを見たのか「部屋はありません」と断られる。
そこを、値段だけ知りたいのでと、下手に出て、部屋代を聞き出す。

すると、ダブルのシングルユースで28ドルということだった。
このときはお金もあったので、翌日このホテルへ移動することも考えた。

が、バックパックで気楽に泊まるには、ちょっと敷居が高すぎる。
バックパッカーとしては、フロントと気楽に冗談言えたりできる程度のお気楽な状況が、キモチイイわけでね。

もうすっかり周辺は暗くなったが、大通りを歩いて、食事が出来るところを捜す。
だって、朝から何も食べてないんだから。

まず、ケバブ屋を見つけた。
お腹が減っていたので、値段も聞かずに注文したのが失敗。

ケバブをパンにはさんだだけのケバブサンドを、11500リアル(138円)と吹っかけられた。
僕の今までの体験では、せいぜい2千リアル(24円)だけどね。

続いて歩くと、表でチキンを回しながら焼いている、チキン屋を発見♪
ここはまともで、ハーフチキンが1万リアル(120円)もナットクだ。

通りで声をかけてくる両替商は、1ドル=8800リアルのレートで両替するとの話(100ドルを両替する場合)。
これでだいたいシーラーズのことはわかったよ。
やはりボッタクリもいるし、東洋人差別(貧乏人差別?)をする人間もいる。
いくらイランとはいっても、観光客からボッタクろうという体制はあるってわけね。
でもまあ、今夜はゆっくりと寝るだけだ。
なにしろ、ケルマーンからシーラーズに10時間もバスに乗って、やってきたのだから。
ただ、いままでのイランの旅で、イランは交通費は安いのがわかった。
また、イランの町のレストランにはほとんどまともな食べ物がないね。
明日はまず、シーラーズからエスファハンへの交通手段を確保しよう。

そうして、近くにあるペルセポリスへ往復する。
それでシーラーズは終了ということにしたい。

でも、友達みんなが「ガッカリした!」と声をそろえる「ペルセポリス」はどんなもんでしょうか(笑)?
これは一生のネタになるでしょう。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD