『ホテルの部屋で一日寝て過ごし、夕食時に日本人旅行者に会う』@ケルマーン/イラン
1999年8月24日の朝、ケルマーンのバスターミナルへ行ったが、少し遅く出発するバスしかなかった。
次の目的地はシーラーズと決まっている。

ケルマーンからシーラーズまで、8時間と言われるが、それは正直信用できない。
朝遅く出てしまうと、シーラーズ到着が日暮れにかかることが考えられる。

いくら酔っ払いのいないイランだとしても、新しい町に夕暮れ時に着くのは、避けた方がいい。
なるべく早く出発して、明るいうちにシラーズに到着したい。

連日移動してきた身体も、正直疲れはてている。
旅のコツは、とにかく身体を壊さないように、できるだけ楽に動くことだ。

結局、今日の出発は止める。
そして翌日(8月25日)午前7時半出発の、一列3席(と言われた)の豪華バスの予約を取る。

「今日はホテルで寝る!」と決めて、アバハーンホテルに戻る。
バスターミナルからホテルへは、タクシーの言い値で3千リアル(36円)。

しかし、今朝ホテルからバスターミナルへ来た時は、4千リアル(48円)。
最初にバスターミナルからアハバーンホテルへ行った時も、3千リアル。

ということは、ケルマーンでは、バスターミナルから町へ行くのが3千リアルなのかな。
そして、町からバスターミナルへが4千リアルなのかしらん。

いろいろ悩んだが、千リアルとは12円なのでどうでもいい、と考えるのを止める。
アハバーンホテルに戻り、僕が泊まっていた333号室へまたチェックイン。

僕がチェックアウトした状態のままだ。
すぐに裸になり、清潔なシーツの間に、世界旅行者の肉体を滑り込ませる。

世界旅行者の身体については、1999年のアジア横断旅行の時は、もともと東京でも身体は締まっていた。
さらに、神戸、天津、北京から、成都、チベット、シルクロードを通って、カラコルムハイウェーを通って、パキスタン、イランとやってきた。

ほとんど休みなしに移動していた。
しかもだよ、パキスタン、イランと、ビールを飲まずに旅をしてきた。
だから、このときは、かなりほっそりしてたんだよね♪
バスターミナルから戻ってすぐに眠りに付いたようだが、午後になって目が覚めた。
ベッドでごろごろしてして、本を読みながら、うとうとして、また本を読む。
するとまた眠ったりして、夕方になった。

夕食時にホテルのレストランへ行く。
そこに、20歳代後半の日本人旅行者を見つけた。

僕から気軽に話しかけて、彼と同じテーブルに着く。
彼は、12日間の予定でイラン旅行に来ているという。

テヘラン、エスファハン、ケルマンと来て、ケルマンからバムへタクシーをチャーターして、日帰りで往復してきたとか。
ケルマンからバムまで、バスで3時間だったから、タクシーで往復するのは難しくないだろう。

そのタクシーの一日貸切り料金が15ドルだったそうだ。
タクシーを一日借り切って、片道3時間(往復6時間)のところへ行くならば、15ドルは安いね。

ただ、バスで行けば、ケルマーンからバムへの片道は4100リアル(49円)。
往復で100円だ。

バスターミナルからのタクシー代を考えても、交通費だけならば、3百円しないだろう。
そういう意味では、15ドルは高いかな。

でももちろん、バスターミナルへ行って、いちいち切符を買ったりするよりは、時間を有効に使える。
物価の安いところでは、タクシー借り切りで移動するのもアリなんだよ。

特に中央アジアだと、一般の移動手段があてに出来ず、また危険らしい。
一気にタクシーをチャーターして、都市間を移動するのが定番だとか。

新しい旅行者と話をすると、自分で考え付かなかった新しい情報が入るものだ。
彼によると、テヘランからエスファハンの移動は、結構いいバスで冷房も効いて快適だった。

このバス料金が2万リアル以上したという。
2万リアルとは、この時期のレートで240円だ。

「地球の歩き方・イラン'09〜'10」によると、テヘランからエスファハンは、バスで7時間かかり、豪華バスの料金は8万リアルだそうだ。
ガイドブックが書かれた時のレートで8百円なので、まあまあの値段かな。

ただ繰り返すようだが、「バスに7時間乗って8百円だった」では、たいしてびっくりする値段ではない。
面白くもおかしくもなく、誰も感動してくれない。
誰もびっくりしてくれずに、フーンと思われる程度の話だ。
そもそも旅行話として成立しないので、話すこともないだろう。

でも、「豪華長距離バスに7時間乗って2百円だった」ならば、聞いた人が感動してくれるよね。
そういう意味で、1999年の夏に僕がイランをバス旅行したことには、意味があった。
僕が旅したこの時期は、イラン国内を朝から晩までバスに乗っても、百円、2百円で移動できたんだよ。
世界旅行者としてはこの体験により、箔が付いて、また1ランク上昇したわけだ。

ちなみにホテルのレストランの、この日の夕食は、お米料理が一皿増えたせいか、昨日の定食よりも高かった。
それでも1万8千リアル(220円程度)だ。

明朝7時半のシーラーズ行きのバスの切符がある。
一日ずーっと部屋で寝ていたので、体調は完璧だ。

イランの交通費は、異常に安い。
さらに、お酒が飲めないので、お金を使う場所がない。

これだと、かなりお金が余るので、中東からイエメンへ飛行機で往復してもいいと考え出す。
イランからも航空路があるだろうが、イランから飛んだら、アジア横断旅行が成立しない。

少なくとも国と国の間を陸路国境越えをすることで、僕のアジア横断は成立する。
日本と中国の間は、燕京号の船旅だった。

中国とパキスタンは、カラコルムハイウェーで、クンジュラブ峠を通過した。
パキスタンからイランは、クエッタからザヘダンの間にある、タフタン・ミールジャーベ国境を通過した。

これから、イラン・トルコ国境を陸路で越えれば、アジア横断は成立する。
エジプト、ヨルダン、イスラエル、シリア、トルコの中東ルートはすでに通過している。
ただここで、レバノンだけ旅し残している。
だから、僕としては、トルコから、シリア、レバノンと旅を続け、レバノンのバールベック神殿を見て、ベイルートで地中海を見る。

僕のアジア横断の副題は「瀬戸内海から地中海へ」となっている。
そのあとで、イエメンへの往復航空券の値段を調べてみましょうか。

ベッドに戻って、これまでの旅とこれからの旅のことをいろいろ考えているうちに、寝てしまいました。
体力も回復したことだし、明日はシーラーズへ向かいます。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD