『ケルマーン(KERMAN)のアハバーンホテルに宿を決め、町の中心部へ歩き出す』@ケルマーン/イラン
僕のイラン旅行の話を読み返すと、リアルのレートにばらつきがあった。
それは結局、イランリアルの両替レートが違っているせいだったんだけどね。

僕の旅行記では、千リアルが12円から15円とばらついている。
1999年のこの時期、1ドルは110円〜111円。

1ドルが8000リアルだとすれば、千リアルは14円。
1ドルを7千リアルで両替したことも、9千リアルで両替したこともある。

だから、千リアルは16円から12円の間なので、間違いではない。
そこで千リアルを12円と統一してみることにする。

国境で1ドルが8900リアル、ケルマーンで9000リアルだった。
上手に両替したときを基準に考えるのが、正しいわけだ。

でも、いままで書いた旅行記を全部書き換えるのは面倒なのでそのままにしておきます。
ただ、これからあとは千リアルは12円とします。

さて、イランのバスとタクシーの運賃について考えてみよう。
ザヘダンからバムまで、バスに5時間乗って、1万5百リアルだった。

千リアル12円と考えれば、126円。
バムからケルマンまで、バスに3時間弱乗って4100リアル(約50円)。

これからも、イラン国内のバス運賃が、異常に安いことがわかるだろう。
ところが、バスターミナルから町へのタクシー代が結構するんだ。

ケルマーンのバスターミナルから、ケルマーンの町にある「アハヴァーン(AKHAVAN HOTEL)」へ。
このタクシー料金は3千リアル(36円)。

3時間もバスに乗って50円なのに、バスターミナルからホテルまでのタクシーが36円って、ちょっと変かも。
というか、タクシー料金って、馬鹿高じゃないかな!

いま考えれば、30円や50円のお金について、いろいろ悩むのはおかしいと思う。
でも、その時は、タクシーはぼったくってるんじゃないかと思ったんだ。

少なくとも、長距離バスとタクシーの料金については、その関係は変だよね。
大きくみれば、どちらもメチャクチャ安いわけだが。

まあとにかく、タクシーの言うままにアハバーンホテルへ行く。
すると、受付の前にイタリア人のツアー客がたくさんいた。

出発間際らしく、荷物を置いてガヤガヤしていた。
つまりヨーロッパのツアーも使う、まともなホテルってことだろう。

このホテルは、ダブルのシングルユースで20ドル。
最初はロビーのすぐ横の悪い部屋(121号室)を勧められた。

日本人は世界中で舐められているので、ホテルでは、日本人が来たらまず悪い部屋を与えるというのが常識だ。
たいていの日本人は不満があっても、悪い部屋に泊まるからね。

ロビーのすぐ横の部屋なんて、やかましいに決まってるじゃないか。
そこで別の部屋を要求して333号室に決める。

121号室のバスルームには、バスタブがあったのに対して、333号室にはシャワーしかなかった。
いま考えると、日本人がバスタブに入ることもわかって、わざわざ121号室をくれたのかもしれない。

というのは、このアハバーンホテルのフロントには、世界各国からのツアーのステッカーが貼ってあった。
その中には、日本の有名なツアー会社のものもあったからね。

333号室には冷蔵庫まであって、その中には冷えた水が入っている。
もちろん、海外旅行ではボトルに入ったミネラルウォーター以外は飲まない方がいい。

さて、ケルマーンの町の地図を見る。
アハバーンホテルは、町の中心からちょっと外れている。

フロントで情報を仕入れると、ケルマーンの中心のアルグ広場まで4千リアルでタクシーを呼んでくれるとのこと。
僕の性格が悪いせいだと思うが、僕はこういうときに、絶対にだまそうとしていると考える。

4千リアルといえば、50円程度だ。
だったらマネージャーの言うとおりにすればいいだろう。

でも僕は、「絶対にボッタクられているから、歩いていこう!」と思ってしまうんだよ。
また、ケルマーンへ来たら、次の目的地はシラーズと決まっている。

ホテルのフロントでは、バスについて、「シラーズへのバスは、4番の会社で、午前7時、8時、9時にある」と教えてくれる。
でも僕は性格が悪いので、「他にもバスはあるでしょう」と、言葉を疑ってしまう。

正直、僕が日本で出世しなかった原因、また海外旅行をするのが上手な理由、それは同じなんだよ。
つまり、「僕が人を全く信用してない」ことにあるんだ(笑)。

だから、僕がインドを旅行しても、まずインド人を最初から信用していないので、騙されることがない。
ただ、イランなんかだと、人をだまそうという人は、多くないようだ。

僕は、イランでもインド旅行をしているような気持ちで旅をしていたわけだ。
出会う人みんなが、僕をだまそうとしていると思ってしまうわけだよね。

インドではそれが、ピッタシなんだ。
だって、インドで旅行者が出会うのは、嘘つきだらけなんだから。

でもイランでは、思い返してみれば、誠実な人が多かったと思うよ。
このあと、道路で両替をしたときも、若い男性が5人くらい僕を取り囲んだ。

人数からいっても、体力から見ても、彼らは僕からお金を盗ろうとすれば簡単にできたはず。
でも、両替したお金をちょっと少なく渡そうとしただけだった。

さて、世界旅行主義では、「新しい町では必ず歩くこと」という定理がある。
しかも、「Lonely Planet」にケルマーンの市内地図があり、アハバーンホテルも載っているんだからね。

位置関係がハッキリしているし、距離は2kmちょっとだ。
それならば、僕が歩けば30分程度。

30分ならば、少なくとも片道は歩くのがいい。
と考えて、ケルマーンの中心街へ歩こうと、ホテルを飛び出しました。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD