カラコルムハイウェーが通れない、という情報を、考えてみる。神に愛されているなら、通れるはずだ。@カシュガル/新疆ウィグル自治区/中国
1999年8月9日、ウルムチからカシュガルへ飛んだ。
カシュガル空港で知り合った、香港からのカップル旅行者、ディビッドとカルメンと一緒にタクシーでカシュガルの町へ。
カシュガルでは、其尼瓦克賓館に泊まることに決めた。
ディビッドの値切り力はものすごく、あっという間に、ホテルのツィンルームを言い値の260元から180元まで下げた。
ディビッドとカルメンはカップルなので、ツインに2人で泊まる。
僕はツインの210号室に、一人で泊まる。
シャワーとトイレがあって、清潔な部屋だ。
部屋にバックパクを置いて、すぐにロビーへ降りる。
時刻は午後10時を過ぎているが、これは北京時間。
中国の西の端カシュガルまで来ると、夏だから、日が沈んで間もない午後7時くらいの感覚だ。
ビックリしたのは、ホテルのロビーの長テーブルに、日本人旅行者がたくさんいたこと。
10人くらいが向かい合って座っていた。
その他にも日本人はちらほら見かけられる。
北京の京華飯店にも日本人はたくさんいたが、ほとんど目立たなかった。
僕の体験では、1999年の夏に、日本人旅行者を一番多く見たのは、カシュガルのこの其尼瓦克賓館だった。
話しかけると、その理由がわかった。
「ここ2週間ほど、カラコルムハイウェーが通行不能でバスが止まっている」んだって。
それで、パキスタンへ行く予定の日本人が、カシュガルに溜まっている。
僕がカシュガルへ来たのは、カラコルムハイウェーを通って、クンジュラブ峠を越えて、パキスタンへ入るためだ。
このルートは、しょっちゅう崖崩れが起きると、本で読んだことがある。
しかし、2週間も通行不能とは、よほど大きな崖崩れが起きているのだろう。
中国やパキスタンの道路修復工事能力には、それほど期待できない。
下手すると、10月にクンジュラブ峠が閉じるまで、今年は、クンジュラブ峠を通過できないかも…。
すると、僕のアジア横断旅行は、失敗になる。
僕のアジア横断旅行は、神戸から、瀬戸内海を通って、中国からクンジュラブ峠を越えて、パキスタンに入り、さらに陸路でイランを通過し、トルコへ入り、シリアからレバノンへ入国する計画。
ビザも、中国パキスタンイランシリアレバノンと、日本で、自分で足を運んで取得済みだ。
この旅のテーマは、「瀬戸内海から地中海へ」というものだ。
だから、とにかく中国からパキスタンへは行かなければならない。
クンジュラブ峠越えは、だから僕にとって、どうしてもしたい、しなければならないことなんだよね。
でも、運命が、そう定めているのなら、クンジュラブ峠を越えられないことを、受け入れるしかない。
旅は、常に不安定で、予定通りに行かないものだ。
いくら完璧に計画を立てても、その通りに行かないのが、海外個人旅行。
それは自分でよくわかっているはずだが…。
でも、昔の人は歩いて通っていったわけだから、自動車が通れなくても、歩いていけるのでは??
山歩きが大好きな欧米人は、きっと歩いて山越えしているのかも。
日本人がカシュガルに集まっている理由は、バス移動にこだわりすぎているのではないか。
バスが通らなくても、なにかしら手段があるはずだ。
そう考えて、香港カップルと3人で食事を取りながら、クンジュラブ峠通過の可能性をいろいろ考える。
互いが集めた情報を交換する。
一つの情報では「崖崩れの場所を10kmほど歩けば、行ける」ということだ。
10km程度なら、僕は全く問題なく歩ける。
ただ、そこまでの移動手段、車が通過不能地域を10km歩いたとして、その先の移動手段が問題だ。
ただ、このルートは、崖崩れが常態化している場所。
何かのルートがあるのではないか。
このままカシュガルに滞在して、カラコルムハイウェーが開くのを待っていてもいい。
日本人旅行者が多いので、興味深い人にも出会うだろう。
でも、あまりに時間がかかるなら、飛行機でパキスタンへ飛ぶことも考えられる。
国境越えに飛行機を使ってしまったら、アジア横断旅行の意味がないんだが。
カルメンに「Lonely Planet China」を貸して欲しいと頼まれた。
もちろん気持ちよく貸してあげたが、返ってくるかどうか、変に心配になった。
カシュガルまで来てしまったら、中国のガイドブックなんて、読んでも意味がないわけだが。
ここからパキスタンへのバスに乗りさえすれば、何の問題もない。
カシュガルまで来て、クンジュラブ峠越えが出来ないのではないかと考えて、急に、自分の運命に自信が持てなくなった。
寝る前に、神に祈りをささげる。
神の定めは絶対で、僕はそれに従うだけだ。
すべてを受け入れると祈る。
しかし、神様は、僕に対しては、何とかしてくれると思う。いままで常にそうであったように。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD