カシュガルから、カラコルムハイウェーを通り、カラクリ湖を見て、日食を通過して、タシュクルガンへ。@カシュガル/新疆ウィグル自治区/中国

【乗客が降りて、バスを軽くして道路外を通過】
1999年8月11日、僕としては豪華な朝食を取る。
これは、ホテルの料金に含まれていた。
だって、僕は基本的に、学生時代から朝食は取らない。
しかも、長時間バスに乗る日の朝だから、食べ物は控えるのが基本。。
トイレのないバスで、お腹を壊したら、ホントつらいからね。
食事のテーブルに着いていると、香港カップル、ディビッドとカルメンがやってきた。
彼らも今日のバスに乗るという。
切符もすでに買ったそうだ。
バスの出発は正午なので、時間はたっぷりある。
準備はすでに済ませているので、いろいろ話をする。
香港カップルと僕は別々に行動していて、それぞれ情報を集めているので、集めた情報を交換することには意味がある。
そこで確認できたのは、カラコルムハイウェーを通るバスは、やはり昨日まで、2週間通っていなかった。

【バスの左側窓側の席から見た風景】
崖崩れが4か所あって、10km歩けば通れたので、欧米人は通っていた。
また、四輪駆動車(4WD)なら、強引に突っ切ることもできたという。
カシュガルに日本人旅行者の大集団がいたのは、歩くこともせず、4WDをチャーターもしなかったから。
日本人らしく決断せずに、おとなしく、バスが動くのを待っていたから。
でも、崖崩れで、日本人がカシュガルに集まってしまったというのは、いろんな人に会えて、面白かったのでは。
旅では、いろんな人と出会うことが、その楽しさの一つだからね。
いくらスムーズに旅が出来ても、話し相手もいなかったら、つまらないものだよ。
昼前になって、ホテルをチェックアウトして、デポジットの100元を返してもらう。
切符(269元)と保険(1元)、パスポートを預ける。
バックパックは、バスの屋根に載せる。
このバスには、今日、タシュクルガンまで行く旅行者のほかに、途中の「カラクリ湖」で降りる人たちもいる。
屋根に積まれたバックパックは、タシュクルガンでは下ろさないので、必要なものはディパックに入れておく。
正午少し過ぎてバスは出発する。
到着は、22時(午後10時)くらいになるらしい。
バスは大型で、その2/3は日本人だ。
僕は左側の窓側の席を取った。
その理由は、カラコルムハイウェーでは、タシュクルガンへ向かう道の左側に河が流れているから。
右側に座ったら、山肌しか見えないよ。
タシュクルガンへの道の前半が壊れていた。
カラコルムハイウェーは、進行方向右側が、山が迫っていて、崖崩れが起きる。
左側に川が流れていて、道路が川に崩れ落ちている。
これでは、常に崖崩れと道路の崩落で、通行不能になるのが当然だね。
大きな湖が見えたら、これがカラクリ湖だった。
バスは道路で停まる。

【カラクリ湖】
降りる人たちの荷物をバスの屋根から降ろすので、少し時間がかかる。
そのときに、乗客は車外に出て、トイレを済ませる。
カラクリ湖で降りたのは、10人くらい。
日本人は、7〜8人だった。
1人は十分な支度をしていたが、後の日本人は、軽装だ。
Tシャツに短パン、サンダル履きという旅行者もいる。
カラクリ湖は標高3600メートルだとか。
夜になったら、夏でも、ずいぶん冷え込むのでは?
湖近くには、普通の建物があり、さらに、観光用のパオ、土産店パオもある。
当然宿泊施設もあるだろうから、軽装でも何とかなるのかもしれない。
バスが発車してしばらくすると、日本人旅行者が騒ぎ始めた。
というのは、この日、1999年8月11日に、日食があったんだ。
カラコルムハイウェーでは部分日食だったが、バスの中にいると、気がつかない程度。
でも、旅行者の中には、かなり調べてきている人もいて、日本人の一部が盛り上がった。
僕はほとんど興味がなかったので、騒ぎには加わらなかった。
どうせ騒ぐのなら、バスを停めたらいいのにと思ったけどね。
崖崩れの場所を、ちょっと歩いた程度で、バスは順調に走った。
ほとんど遅れずに、タシュクルガンへ到着したのが午後10時。
バスは交通飯店に着いた。
乗客はここでバスを降りるが、バックパックなどの荷物は、屋根に積んだままだ。
交通飯店の部屋をチェックしたが、水が出ない。
これでは、トイレも流れないわけで、別のホテルへ行く。
「ICE MOUNTAIN HOTEL」へ行った人たちもいたが、香港カップルと僕は、「PAMIR HOTEL」に決めた。
温水シャワーが出るが、お湯が濁っている。
料金はディビッドが値切って、200元(3千円)。
3人で道端の食堂へ歩いて、ラーメン(8元)を食べた。
ビール(5元)も軽く飲んだが、とっととホテルに戻って寝た。
明日は、クンジュラブ峠を越えて、パキスタンへ行く予定です。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD