世界旅行者がカシュガルに到着した翌日に、通行不能だったカラコルムハイウェーに、バスが通るとのニュースが流れる@カシュガル/新疆ウィグル自治区/中国
1999年8月10日、其尼瓦克賓館210号室ですっきり目覚める。
すっきり目覚めたのはよかったが、朝の10時までシャワーにお湯が出なかった。
10時過ぎたら、熱いお湯がドドッと出たので、これはお決まりなのでしょう。
何度も言うが、北京時間で10時ということは、非公式の新疆時間では、午前8時だからね。
カルメンが僕の「Lonely Planet」を返してくれた。
カップルと朝食を取るが、ウェイトレスがオーダーを間違えたり、ごたごたした。
コーヒーがマズかったと、ノートに書いてある。
僕はほとんど味にはこだわりがないんだが、わざわざメモしてあるということは、中国ではおいしいものと、まずいものが極端だったようだね。
ディビッドの情報では、ジープを一台借りていけば、道は通れるとの話。
そのチャーター料が、2400元(3万6千円)。
カップルと僕で3人、運転手を除いて4人乗れるだろう。
あと1人同行者を見つけて、1人当たりの料金を下げたいものだ。
日本人に声をかけていたら、バンダナを巻いた女の子と出会う。
彼女は、ランドクルーザーをチャーターする人数を集めている。
ランドクルーザーだと、乗客が7人乗れて、チャーター料金が、3000元(4万5千円)。
こちらの方が、一人当たりは少し安くなる。
バンダナ女の部屋番号を聞いて、香港カップルの部屋へ行き、午後1時にロビーで待ち合わせを告げる。
ランドクルーザーで行く話をまとめるつもりだ。
午後1時までの時間潰しに、絵はがき3枚を書いて、残っていた切手を貼る。
パキスタンから来た日本人旅行者がいたので、パキスタンの事情を聞いた。
1ドルが52パキスタンルピーのレートだとのこと。
ノートにメモしておく。
国境を越えたところで両替する時の、参考にするわけだ。
情報を集めて、いろんな人と話をしていると、突然ざわめきが広がった。
なんと、カラコルムハイウェーが通れるようになったらしい。
明日8月11日のバスが出るとのこと。
僕はとっとと切符を買いに行った。
というのが、なにしろ日本人旅行者が2週間分も溜まっているんだからね。
自分の切符を確保するのが先決だ。
切符の値段は、269元+保険料1元の270元(4050円)。
バスは明日正午に出発するので、午前11時半に集合とのこと。
自分の切符を確保したあとで、ディビッドとカルメンの部屋へ行った。
「バスが出るので、僕は明日出発する。」と告げる。
彼らは、迷っていて、まだ決められない。
たしかに、せっかくカシュガルまで来て、通り過ぎてしまうのでは、ちょっと問題かな。
カシュガル近辺には、いろいろ見所があるだろうし。
彼らはしばらく滞在するかもしれない。
僕はとにかく、超特急でアジア横断するのが目標だから、明日のバスに乗る。
だって、明日はバスが出るが、明後日に出るかどうか、それはわからない。
崖崩れで通行不能だったということは、また崖崩れが起きる可能性もあるしね。
海外個人旅行では決断が大切だ。
僕にとっては、クンジュラブ峠を越えて、中国からパキスタンへ旅することが、いま一番重要。
日本人集団は、明日バスが出るということで、話が弾んでいる。
僕も、気楽に話に加わる。
明日のバスで、パキスタンへ行く旅行者が多い。
また、パキスタンまで行かなくても、途中のカラクリ湖へ行くという旅行者もいるようだ。
パキスタンのビザがなくても、国境で1週間程度のトランジットビザが取れるという情報もある。
ただ、本当に取れるかどうか、確実ではないとか。
それを聞いて、予定がなかったのに、急にパキスタンへ行くと決意した若者もいた。
ただ、パキスタンにトランジットビザを取って入っても、中国へ戻ってこれるかどうか(この時代は、まだ中国のノービザ滞在は出来ませんでした)。
パキスタンでビザを延長することも出来るだろうし、直接日本へ帰ってもいいわけだ。
僕は東京で、自分で歩いて行って、パキスタンのビザを取ってるけどね。
カシュガル周辺が好きで、4年連続4回カシュガルへ来て、滞在しているという旅行者もいる。
僕もゆっくりした旅なら、「カシュガルの日曜バザール」でも見たいものだが。
今日は火曜日だから、日曜日まで待つわけには行かない。
旅行者ではなくて、中国で勉強中の留学生もちらほらいた。
夏休みなので、休暇を利用して旅をしている日本人留学生も多い。
いままでも、あちこちで中国国内旅行中の留学生に会った。
でも、カシュガルで出会った留学生が一番まともだったよ。
ウルムチでウィグル語を勉強している留学生の男性と、いやに話が合う。
僕と自然と話が合うという意味は、頭がいいということ。
多分東大の研究者か、外務省からの出向者ではなかっただろうか。

彼の育ちは、僕よりも確実にいいと感じた。
女性の留学生も、話に参加した。

この女性もいい感じだった。
頭がよくて、育ちもいい、のはすぐわかった。
結構話が盛り上がったが、僕としては、とにかくカシュガルを見なければならない。
「夜に食事でも一緒にしましょう」と声をかけて、カシュガルの町へ出る。
まず、郵便局へ行って、はがきを3枚出す。
次に「エイティガール寺院(Id Kah Mosque」へ歩く。
このモスクは、中国最大のモスク、らしい。
僕はモスクの中に入って、絨毯の上で寝っころがって、ごろごろして時間を潰した。
あと、町を歩いていると、いろんな商店があるのを発見する。
職人さんが、ヤカンとかタライを、手打ちで作って、それを店の前に並べてあるところとかね。
エイティガール寺院で休み、町を適当に歩いて、ホテルに戻り、そこにいた日本人旅行者と話をする。
一度部屋に戻って、休み、食事をしに、ロビーへ降りる。
さっき話をした留学生がいたので、一緒に食事に出る。
正直、待ち合わせの時間なんか決めてなかったので、再会できるとは思ってなかったんだが。
留学生グループと一緒に、外のケバブレストランへ。
女性の留学生が2人、男性1人と、僕。
ケバブの串(1元)×20本、ラーメン(5元)×4、ビール(5元)×5で、話が弾んだ。
この時に、女性の留学生から、僕も会った、トルファンのガイドにしつこくされたという話を聞いたんだ。
留学生グループは、話も面白く、知的レベルも高かった。
でも、楽しい出会いがあったら、それを思い出にして、とっとと立ち去るのが、粋です。
僕は明日、カラコルムハイウェーの旅に出る。
一気に通過するのではなく、明日夜は、まだ中国領の「タシュクルガン」という町で泊まるのだとか。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD