『カリマバードからギルギットへ、谷間をジープでぶっ飛ばす(汗)』@パキスタン

【ラカポシ山をバックにした世界旅行者@フンザ】
1999年8月13日の朝、カリマバードを見てあるいたが、すぐに飽きた。
これは僕だけではなくて、香港からのカップルも同じ意見だ。
だから僕が特に異常ではなくて、普通のことなんだと思うよ。
どんなすばらしい風景も、30分も見れば十分。
日本国内の旅行でも、展望台で、30分も時間を取ったりしない。
10分程度景色を見たら、あとは、宿へ行って、宴会と温泉に決まっている。
とすればだよ、カリマバードの雄大な景色を見たら、フンザににいる意味がない。
欧米人ならば、ここを起点にして、トレッキングしたりするらしい。

また日本人の中にも、しばらくこの村にのんびり滞在する人もいるとか。
ただ僕は、なにしろ、アジア横断中だ。

フンザの谷に特に興味があったわけではない。
僕は、中国奥地新疆ウィグル自治区のカシュガルからカラコルムハイウェーを通って、クンジュラブ峠を越えて、パキスタンのフンザ地方に入ることが目的だったわけだ。

クンジュラブ峠を越えてパキスタンへ入ったら、すでに目的は達している。
これから、パキスタンを見て、次はイランへと進むだけだ。

それならば、フンザから谷を下った次の町、空港もあるというギルギットへ行けばいい。
ただ問題は、カリマバードからギルギットへの交通手段だ。

確か早朝(午前6時)には、バスが動いていたと聞いたが、昼間の公共交通機関はないだろう。
香港の2人とホテルへ戻って、マネージャーに、バスの便を聞く。

「ジープ一台を借り切って普通1500ルピーのところを、1300ルピーではどうだ」とマネージャーが言う。
香港2人組は、1300ルピーを考えている。
マネージャーが1300というなら、ゼッタイにコミッションを取ってる、と僕は思う。
ジープに直接交渉すれば、もっと安くなるはず。

そう考えた僕は、とにかくカリマバードの通りへ出てみた。
すると、すぐにジープが見つかる。

交渉すると1200ルピーになった。
これは、正直、持ちかけた1200ルピーが高すぎたのかもしれない。

香港カップル2人と僕、運転手と「ヘルパー」という男、5人が乗ってすぐに出発する。
このジープのスピードがすごかった。

谷沿いの道は舗装されていなくて、砂利道だ。
そこを、目一杯アクセルを踏んで、ぶっ飛ばすんだから(涙)。

体感速度では、時速百キロは軽く出していた。
しかも、カーブでも速度を落とさない。

僕は「Safety first(安全第一)」「I don't want to die!(死にたくないよ)」と叫び続ける。
運転手は、わかったのかわかってないのか、ニヤニヤ笑って、アクセルを踏み続けた。

【ラカポシ山】
途中「ラカポシ/RAKAPOSHI(7790m)」を望む展望所で休息があった。
ということはこのジープは、一応観光客の扱いに慣れているってことかしらん。

展望台で、オリエンテール旅行社のアラザール氏から声をかけられた。
「ギルギットからラワルピンディへの道が崖崩れで不通になっている。観光客だけの特別バスを出すからPTDC(Pakistan Tourism Development Corporation) へ来い」とのこと。
結局、カラコルムハイウェーが問題なのは、中央部分ではないんだね。
カシュガルからタシュクルガン、ギルギットからラワルピンディの両側に崖崩れが起きているというわけだ。
中央部分のタシュクルガンからクンジュラブ峠を越える道はいつも普通に通れる。
国境を越えて、ススト、カリマバードから、ギルギットも、全く問題がない。
今回も、ギルギットから先の道路が、崖崩れらしいしね。
とはいっても、2010年に、スストからカリマバードで崖崩れが起きて、湖を作った。
いまでは、湖をボートで渡る行程ができて、ますます面白いルートになってるようだ。
まあ、カラコルムハイウェイは、いろいろハプニングがあって、面白いところだよ。
ただ、ぎりぎりの日程で旅をする場合は、オススメできません。
時間と金に余裕がある人だけの、マニアックなルートなんだ。
僕たちは、休息を済ませて、またジープに乗って、むやみにぶっ飛ばし、ギルギットへと下る。
ギルギットの町へ入るときが、大冒険(風)だったよ。

道路が岩盤を削っただけのトンネルへ通じていた。
そのトンネルを抜けると、木製の吊り橋がある。

急流にかかる吊り橋を、ゆらゆら揺れながら、ジープで渡るんだから。
まるっきり、インディジョーンズの世界だ。

ジープは、ギルギットの町の中で停まる。
僕はカリマバードの雑貨屋で買ったばかりの「Lonely Planet Pakistan」を開いて、場所の見当を付ける。

ジープから降りて、背伸びをする。
バックパックを後ろの席から取り出す。

ジープが出発しようとした時に、ディパックをジープに置いたままなのに気がついて、慌てて止める(汗)。
さてカラコルムハイウェーの旅は、ギルギットで終わったわけではない。

これからまた、ギルギットからラワルピンディへも、崖崩れの道路を通らなければならない。
でもそんなのはもうイヤだ。

ギルギットからラワルピンディ(イスラマバード)へは飛行機の便があるはず。
とっとと飛行機に乗って、ここを脱出しましょう!

しかし世の中、そんなにうまく行くものじゃないと、まだまだ僕は知らなかった(涙)。
まだまだ子供だったんだね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD