カリマバードで、フンザの風景を眺め、バルチット砦を見に行ったが、午前中でカリマバードに飽きた。@カリマバード/パキスタン

【香港カップルのディビッドと世界旅行者@カリマバード/フンザ】
1999年8月13日、フンザの中心カリマバードのヒルトップホテル1号室で目覚める。
これがパキスタン時間の午前4時。
昨日まで旅していた中国の時間(北京時間)とは、3時間も遅い。
つまり、中国時間の午前7時だ。
身体はまだ、中国時間で活動しているみたいだね。
いくらなんでも午前4時に動き出すわけには行かないので、ベッドに入ったままChristyの「Haloween Party」を読んでいた。
一時間ほどベッドでごろごろしていて、区切りがいいところで、本を読み終える。
明るくなったらとにかく、フンザバレーの景色を見なければね。
昨日は、カリマバードに着いたのが、日が暮れるころで、はっきりと景色を見れなかった。
ホテルの外に出て、道を歩くと、フンザの雄大な景色が目を捉える。

【カリマバード】
いつもこうなのかわからないが、天気がいいので、フンザバレーの細かい景色まで、クリアに見える。
これだったら、山登りしている人の姿を、ずっと追跡できるだろうね。

【カリマバード】
確かに、息を呑むような雄大な景色だ。
向かい側の谷に立つ、家まで、細かいところまできれいに見える。

【カリマバード】
カリマバードの風景は、確かにすばらしい。
でも観光名所としては、雄大なフンザバレーの風景の他は、「BALTIT FORT」くらいしかない。
「BALTIT FORT」でも見ようかと、道を上っていく。

すると、砦の前で、香港カップルのディビッドとカルメンに、偶然会った。
バルチット砦は、入場料が1人250ルピー、撮影料が150ルピー。

この時期、1ルピーは2.5円と考える。
それで、入場料は600円ちょっと、でカメラ持ち込み料金が400円弱。

完全なボッタクリだ!
僕が泊まっている「ヒルトップホテル」でさえ、シングルルームが300ルピーなんだから。

それに、正直言うと、外から見た感じでも、砦自体たいした建物でもない。
3人で相談して、砦へは入らないことにする。

砦の入場料は、もちろん外国人料金だが、吹っかけすぎたんだよ。
もっと安くした方が客も増えるし、フンザの文化を外国人に紹介するにも役に立つ。

でもこういうところでは、外国人からは取れるだけ取ろうというボッタクリ精神が出てしまう。
その最もひどい例が、「敦煌石窟」のボッタクリ料金だけどね(笑)。

せっかく香港の2人と出会ったからと、僕は「フンザ谷を背景にした世界旅行者の写真」を撮ってもらおうと声をかける。
すると、香港カップルの男性ディビッドくんが僕と一緒に並び、2人並んだ写真をカルメンが取った。

写真を見るとわかるが、ディビッドはうれしがっているのに、世界旅行者はなぜかむっつりしている。
これは、ディビッドと一緒の写真に入るのがイヤだったからなんだよ(笑)。

この香港カップルとは、カシュガルの空港で出会って、一緒にタクシーをシェアした仲だ。
カメラもビデオも日本製の最新の物を持っているし、雰囲気的には大金持ちのぼっちゃんとガールフレンドという感じだ。

彼らはガイドブックは持っていたが、あまり使い勝手がよくなかった。
それで、僕持っている「Lonely Planet」を貸してあげた。

国境越えのバスの情報をあげたり、一緒にホテルを捜したりした。
結構僕の方が世話をしてあげていた。

ただ、ホテルの料金の交渉なんかになると、彼らの強引さで値段を下げてもらったりはしたんだけどね。
ま、持ちつ持たれつというところか。

カルメンもいかにも香港娘らしい無神経なところがあったが、スタイルもいいし、嫌いではなかった。
どうせ写真を取るのならば、カルメンと一緒がよかったけれど。
道端の雑貨屋の棚に、「Lonely Planet Pakistan(1998)」を発見。
最新版だったので、迷わず購入。
値段は米ドルで、$17.95だったが、パキスタンルピーではRs1064と値札がついていた。
それを、4ルピー(10円)負けて、1060ルピーにしてくれた。

同じ雑貨店で、絵はがきを4枚買う。
1枚10ルピーで、ロンプラと併せて、合計が、1100ルピーになる。
香港カップルとはバルチットフォートを出て、別に歩いていた。
1人で地元のレストランへ入り、チャーイ(5ルピー)×2を飲んで、チャパティを食べる。
買った絵葉書を、カリマバードの郵便局から、自分へ一枚送った。
切手は12ルピーだが、おつりが不足していたので、13ルピー払った。
歩いていると、日本人の学生に出会った。
特徴は、髪を金髪に染めていたこと。
顔を見ただけで話が合うと思ったので、ヒルトップホテルへ連れて行って、フンザバレーを見おろす庭で結構話をした。
ついでに、昨日買った「フンザウォーター」を持った写真を取ってもらう。

【フンザウォーターを手にしている世界旅行者@ヒルトップホテルの庭で/カリマバード】
お礼に、フンザウォーターをビンごとプレゼントしました。
まあ、常識のある人なら、飲まないで捨てるだろうが。
それを、素直に受け取るところが、いい性格だなと感心した。
彼とはまた、どこか出会うことになるけどね。
さて、朝の数時間で、正直、フンザの景色に飽きた。
このあと、一日いたところで、時間の潰しようがない。
ヒルトップホテルのロビーで、香港カップルと出会ったので、相談してみる。
「僕は半日で、フンザに飽きた。とっとと次の町へ行かないか?」ってね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD