カレーズをちょっと見て、葡萄園で昼食になりましたが、ここでも話は盛り上がらなかった@カレーズと葡萄園/トルファン一日ツアー/中国

【水洗トイレではありません。カレーズです】
トルファンの一日ツアーに参加している。
CITSの僕たちのツアーは、最初から順番に、蘇公塔ベゼクリク千仏洞高昌故城アスターナ古墳群火焔山と見て回った。
その後が、僕の旅行ノートのメモでもはっきりとしないというか、カレーズのことが書いてない。
カレーズ(灌漑用地下水路)に行ったことは間違いなくて、(上の通り)写真もある。
カレーズを見たあと、葡萄園に行って、葡萄棚の下で、昼食になった。
このカレーズが、葡萄園にあったのか、それとも、昼食前に別のところへサッと立ち寄ったのかが、覚えてない。
葡萄園は山脈から引いたカレーズがなければ存在できないわけだから、葡萄園とカレーズは一緒のところにあったのだと思うが。
そこは、ご自分が行かれたときに、確認ください。
というわけで、カレーズを見た。
これはほとんど時間がかからない。
だって、ただの地下灌漑水路だからね。
ツアー仲間の白人に声をかけて、写真を取ってもらった。
次は葡萄園へ行って、昼食を取ることになる。
葡萄園の駐車場に行くと、思いがけなく多くの車が停まっていた。
トルファンには葡萄以外は、観光しか産業はないわけで、いろんなツアーが一斉に昼食を取るんだと思う。
ちなみに、僕たちのツアー料金50元に、昼食は含まれていません。
ツアー仲間と、運転手兼ガイドのウィグル人と一緒にまとまって、葡萄棚の下の、テーブルに着く。
僕は、「うどんにトマトと羊肉の入ったラーメン(SOUP NOODLE)」を頼んだ(6元/90円)。
それからもちろん、新疆ビール(大ビン1本5元/45円)を飲む。
普通ならばここでツアー仲間との話が盛り上がるものだが、そうはいかない。
欧米人旅行者の中には、例のアスターナ古墳群で文句を言って、入場料を取り戻した、近寄りたくないイタリア人がいた。
それから、女性の欧米人旅行者がいなかった。
おしゃべりで気さくな女性旅行者がいれば、ツアーグループは盛り上がるもの。
このツアーの女性陣としては、例の、愛想の悪い、イヤにつんつんしている日本女性3人組、しかいなかったんだ(涙)。
間違いなく、女性3人は、仲間割れをして、朝からケンカでもしてきた。
そのキモチを引きずったままツアーに参加したので、人に愛想よくしたり、笑うことができないんだ。
正直、HKT48の冨吉明日香のような、愛想のいい、話しやすい女性が一番いいよ。
そういう人なら、まわりが明るくなるからね。
優秀な学歴があったり、親に少々の財産があったところで、逆にそれが幸せになることを、邪魔したりする。
日本人は、ものすごく優秀な人を別にして、周囲の人と協調して、仲良くやるのがいい。
僕は若い時代は、そんな生ぬるい日本が大嫌いだったけどね。
でも、結局は、基本的なしつけがちゃんと出来てないと、ダメなんだよ。
女性の場合は(男性でも同じですが)、特に意識せずに家事)をやる習慣があれば、いいと思う。
ちゃんとやろうと意識するのは、もともと基本的なしつけができてないから。
もともとの基本的なしつけができてない人は、やろうとしても無理があって、たいてい失敗する。
だからいつまでたっても、同じような、掃除や整理関連の本が、売れ続けるわけだね。
僕のノートには、「外人と話すのも、サービスしなければいけなくて疲れるね」とある。
だから、日本女性とは話さず、適当に外人旅行者連中と、話をしていたのでしょう。
僕が記憶しているのは、ウィグル人のガイドさんと話をしていたこと。
白人と話すのも気を使うし、日本女性は面白くない。
僕の話し相手としては、ガイドさんが適当だったわけだ。
ここでは、午後6時まで自由時間だった。
葡萄棚を見て回ったりして、常に持っている本を読んで、新疆ビールをもう一本飲んだ。
トルファンの8月の日暮れは、午後9時ごろだから、午後6時は十分に明るいです。
次は、僕が一番いいと思った「交河故城」へ向かいます。
これがツアーの最後でしたが、一番感動しましたよ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD