『外見純子嬢は中国語を勉強中』

燕京号に乗って2日目になった。
今日は特に何もする必要のない日だ。

昨日乗船してすぐに、天津港から北京へのバスの予約をした。
有名なバックパッカー宿「京華飯店」へ一緒に行く日本人旅行者仲間も集めた。

北京への移動手段も、北京の宿も、北京でうろつく仲間も確保してある。
北京からどこへ行くか、それは北京で考えればいい。

今日はさしあたり、何もすることがない。
おそらくは今回の旅で唯一の、のんびりした一日になることだろう。

燕京号にいるのだから、寝る場所も決まっているし、食事も船のレストランで食べられる(燕京号の運賃には朝食代が含まれている、ただし、決しておいしいとはいえない)。
個人旅行をしていて、ベッドも食事も考えなくていいなら、それは無上の幸せというものだ。

時間がたっぷりあるので、バックパックを開けて、自分が持ってきた荷物を、もう一度チェックしてみる。
長い旅に出るというのに、いつものとおり、荷物をまとめたのは出発当日の朝ぎりぎり。

あれこれ忘れ物があるような気がしている。
とくかく、パスポート2冊(1冊にはアメリカのビザがある。アメリカへ行く可能性もないわけではないので)がある。

イエローカード(アフリカへ行くかもしれないので)も持って来た。
クレジットカードに国際キャッシュカード、それに、トラベラーズチェックと現金(特に、小額のドルキャッシュ)があることを確認する。

これだけあれば問題はないか。
金と書類さえあれば、基本的には、なんとでもなる。 

船の中で、いっしょに京華飯店に行くことにした、もう一人の若い女の子が本を開いているのを見つけたので、話し掛けた。
ノートを開いているので、覗き込むと、中国語を勉強している。

正直言って、僕は中国語もタイ語もやる気がまったくない。
中国語には音声の高さによって言葉の意味の変化する「四声」というものがあり、タイ語には、同じような音の高さによる変化が五つもあるらしいのだ。

自慢ではないが、僕は音の高さというものが、判別できない。
僕が中国語を勉強するとしたら、おそらく大変な努力が必要となるだろう。

それなら中国語を中途半端に勉強しても、モノにならず、時間と努力の無駄だと考えている。
僕は、無駄なことはしない考えだ。

旅先で中国語が必要ならば、中国語のできる人に頼ればいいし、また、そうすると、その人とすぐに親しくなれる。
だから、物事は知らないほうがいいし、準備はしないほうがいい。

たとえば、日本語のガイドブックを持っていなければ、どうしてもガイドブックが必要なときに、他の日本人に頼ることになる。
言葉がわからなければ、誰か言葉のわかるひとが、助けてくれるものだ。

これが、旅行をぐんと面白くする。

逆に、あまりに調べて、準備しすぎると、それだけでなんとかなってしまうので、旅先での出会いも少なくなり、面白いことも起きない。
これがほとんどの日本人旅行者のやっているつまらない旅行だ。

旅は準備なしに、何も調べずに行くのが本物なんだよ。

僕はイタリア旅行中、イタリアの中にある小国、サンマリノ共和国へ行こうと、リミニという町に着いた。
そのとき、サンマリノへ行くバスで一緒になった日本女性の失敗が、勉強しすぎたことだった。

彼女は、本気でイタリア人男性とお付き合いをしたいというので、イタリアのことをいろいろと調べ、イタリア語まできちんと勉強していた。
不思議なことに、イタリア人男性があまり声をかけてこないのだそうだ。

彼女はイタリア語を勉強しすぎて、旅をしたり食事をしたりするのに、十二分にイタリア語が話せるようになってしまった。
おそらくイタリア人男性は、彼女をイタリア在住の韓国人か中国人だと思ったのだろう(僕も最初は、そう思った)。

イタリア在住の東洋人女性なら、イタリア男性と簡単に付き合ったりしないだろう。
これと逆に、日本女性がイタリアのことを何も知らず、日本にいるときと同様に、キャッキャッと、能天気にふらふらしていたら、イタリア人男性は、すぐに声をかけてくる。

イタリア人男性と付き合うには、イタリア語はしゃべれない方がいい。
イタリア人と付き合うために、NHKの語学講座でイタリア語を勉強している全国の女性のみなさん、イタリア語を勉強するのは今すぐに止めて、すぐにイタリアへ飛んだほうがいいです。 

この中国語を勉強している女の子は、名前を「外見純子(そとみ・じゅんこ)」という、東京の有名女子大の学生さんだった。
「名は体をあらわす」というが、そのベタな名前のとおり、外見純子さんは、外見では純情な女の子に見える。

ほとんど化粧もしていないし、船の中でも、一生懸命中国語を勉強しているのだから。
しかし、現代日本では、一見まじめそうな女の子ほど、なにをしているかわからない。 

なぜこんなに純情そうな、可愛い女の子が、一人で中国なんかに行こうとしているんだろう?
でも僕はそんなことは気にしなかった。

女子大生さんとお話をすると、六本木の女子大生キャバクラでは、ものすごい金がかかる。
お店の外で会うとすると、レストランでおごったり、プレゼントをしなければならない。

旅先では、こんな美人の、本物の女子大生さんと、無料で話が出来る。
これは、絶対に旅に出たほうがいいよ。

実は、この女子大生さんこそが、神の使いだった。
美人女子大生さんと僕は、これから2人で、成都へ、そしてラサへ一緒に旅する運命だったのだ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx